2017年03月11日

絵本「寓話 洞熊学校を卒業した三人」宮沢賢治

卒業の時期なので卒業に関する本を考えたのですが、なかなかパッとしたものがなかったので、今回も宮沢賢治の童話からお届けします。


「寓話 洞熊学校を卒業した三人」
宮沢賢治 作
大島妙子 絵
三起商行(ミキハウス)

赤い手の長い蜘蛛と、銀いろのなめくじと、顔を洗ったことのない狸が、いっしょに洞熊学校にはいりました。
洞熊先生の教へることは三つでした。(とあるのですが、童話中には2つだけしか出てきません)
洞熊先生の教えとは、一つは「うさぎと亀のかけくらのこと」であり、もう一つは「大きいものがいちばん立派だといふこと」、残りの一つはさてなんでしょう。
それぞれが一番になったりしながら学校そ卒業してからがこの童話のおはなし。
洞熊学校で学んだ精神を忘れずに、それ、一番になろうと考えます。

 一、蜘蛛はどうしたか。
 二、銀色のなめくぢはどうしたか。
 三、顔を洗はない狸。

それぞれが大きくなって欲や名誉を手に入れようとするのですが・・・
それぞれの生き様というのか運命というのかが描かれています。
そして、三人の横で碧い眼をした蜂たちは一つ一つの小さな桃色の花から密や香料をもらったり、花粉を他の花のところに運んだり、せっせと実直に働いていたのでした。

今の学校もこんな感じなのではないですかね。
推敲前の原稿では、洞熊校長が
「一つは世の中はみんな競争である。も一つは、だからもう何でもほかの人を通りこしておいくえらくならなければならん。も一つは大きいものがいちばん立派だ。」
と言っているそうです。
これは賢治が嫌っている価値観で、成績を上げることに一生懸命で、大事なことが抜け落ちている文科省の教育指針のように思えます。
福島から避難している子どもたちへのいじめがいい例でしょう。
一番になるために努力することは大事なことですけど、忘れてはならないこともたくさんあるのではないか。
この絵本はまずは親に読んでもらい、その後で子供に読ませ、一緒に語り合ってもらいたいそんな童話です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

修善寺寒桜・新宿御苑

新宿御苑の寒桜シリーズ第二弾は、中の池で見頃を迎えた修善寺寒桜です。

池の畔、レストハウスの前に修善寺寒桜はそびえています。
修善寺寒桜

レストハウス側から見ると、代々木のdocomoタワーと共演します。
docomoタワーと修善寺寒桜

陽の光でキラキラと煌めく水面と桜の花はきれいですよね。
水面と修善寺寒桜

水面と修善寺寒桜2

日に透けるピンク色の花弁もいいものですよね。
日に透ける修善寺寒桜1
日に透ける修善寺寒桜2

撮影したのが1週間前なので、そろそろ見頃を過ぎたと思いますが、修善寺寒桜が散っても、園内には桜が次々に咲いているのでどんな桜が咲いているか楽しみに足を運んでみて下さい。

次回もこの修善寺寒桜からお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | .新宿御苑 春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

フキと寒桜・新宿御苑

まだまだ気温の低い日が多いですけど、それでも真冬のように手が痛くなるような寒さではなくなってきましたね。
咲いている花の種類も増えてきて春めいてきました。
これから数回に渡って新宿御苑で撮影した寒桜を中心にお届けします。
今回は日本庭園の寒桜です。

DOCOMOタワーが間近にそびえた寒桜。見頃でした。
寒桜

寒桜を見上げるツクシここの寒桜とは撮りたいものがあったのですが、草刈りをした後のようで、悲しいかな、撮影しやすいところにはほとんど見つけられませんでしたが、1本だけ見つけて撮影しました。
それがツクシ。
ツクシが見上げる寒桜を撮りたかったんですけどね〜


ツクシの代わりになるものはないかなぁとあたりをうろついて、見つけちゃいました。
さて、手前に広がっているものは何でしょう?
手前にはフキがたくさん芽を出していて、まだフキノトウの状態のもの、蕾が顔を出しているものなどたくさんありました。
寒桜とフキ

撮りやすい(採りやすいではないですよ)所のフキを見つけて屈んで撮影。
フキと寒桜

寒桜を見上げるフキノトウです。
寒桜を見上げる寒桜

蕾が顔を出してこちらを向いてくれたフキと寒桜です。
フキの蕾と寒桜

撮影したのは1週間前ですから、フキも寒桜も見頃を過ぎちゃったでしょうね。
見頃を過ぎたなら春はさらに近づいたということ。
春を待ちましょう!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .新宿御苑 春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

思いのまま・浜離宮恩賜庭園

今日のタイトルを見てすぐにわかった人は植物ツウですね!

「思いのまま」というのは、梅の品種です。
1本の木に、白い花や紅い花が咲く梅の木があります。
しかも、白だけの枝、紅だけの枝、白と紅が混ざった枝、白と紅が混じった花が咲き、毎年どこでどんな花が咲くかは木の気分次第というわけで、「思いのまま」。接ぎ木だと毎年同じ枝に同じ花色になります。
品種改良中に偶然誕生してしまったそうです。

浜離宮恩賜庭園の梅園には3本ぐらいあります。
一番取りやすいところにある1本です。
白と紅が咲いているのがわかりますか?
梅・思いのまま

白と紅が枝ごとに咲き分けています。
枝ごとに違う思いのまま1
枝ごとに違う思いのまま2

一つの枝で、白と紅の花も咲きます。
同じ枝に咲く思いのまま

白と紅が混じった花も咲きます。
花弁一枚の全体が違うので絞りとは言わないでしょうね。
白に紅が混じった絞りの花はどこに見に行っても最近ほとんど見られないんですよね。年々減少傾向のように思います。
木の気分次第なのですが、気候的なものもあるのかもしれません。
白と赤の混じり

梅園に行くと大抵は1,2本は植えられているようですので、探してみて下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | .浜離宮庭園 花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

菜の花に集う・浜離宮恩賜庭園

今回は浜離宮恩賜庭園の菜の花畑から、集まってくる生き物を中心にお届けします。

花といえばミツバチですよね。
足に花粉団子をくっつけて、あっちの花へ、こっちの花へ、右へ左へと忙しそうに飛び回っていました。
菜の花とミツバチ

ミツバチのように思えますが、アブです。
菜の花とアブ

菜の花といえば、ギャングのように荒らしまくる鳥がいます。それがヒヨドリ。
梅の枝に止まって、菜の花を物色しているのか、菜の花にたかっている仲間のために見張りをしているのか、それはわかりませんが、ヒヨドリです。
梅に止まって菜の花を見るヒヨドリ

ヒヨドリは長いくちばしと舌を使って、花の蜜を食べることが多いのですが、菜の花の場合、花ごと食べちゃいます。
菜の花を食べるヒヨドリ

梅にやってくるのはメジロ。メジロも花の蜜を食べるので菜の花に行きそうなんですけどね。
メジロ

菜の花に行かないものかなぁと眺めていたら、なんと、菜の花の中に飛んでいってくれました。
でも、花をつついていたのかどうかは確認できませんでした。
菜の花とメジロ

花が咲いて、虫や鳥が集まって一足早い春を楽しんでいるようですね。
みなさんも春を感じに行ってみてはいかがですか?

次回も浜離宮恩賜庭園からお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | .浜離宮庭園 花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

梅と菜の花・浜離宮恩賜庭園

ツクシが出て、寒桜も咲いて、梅が見頃になってとどんどん春が近づいてきていますね。
そんな東京のいつもの場所に菜の花を見に行ってきました。
それは汐留にある浜離宮恩賜庭園。
今は高層ビル群と化した汐留の足元に広がる大名庭園です。
その一角に菜の花畑は広がっています。
汐留川から見ると、向こう側は月島・晴海方面です。
向こう側も高層マンション建設が盛んです。
浜離宮恩賜庭園・菜の花畑

菜の花畑の脇には梅が植えられていて、やや満開を過ぎましたが両方楽しめました。
梅と菜の花

梅側から見ると、浜松町方向の高層マンションの間に東京タワーが肩身狭そうに立っていました。
肩身狭そうな東京タワー

もう少し東京タワーを見やすくして1枚
ここから見られる東京タワーも、そのうち見えなくなってしまうのでしょうか。
梅と菜の花と東京タワー

汐留ビル群と菜の花です。
汐留ビル群と菜の花

ちょっと目立ちませんが、紅梅を入れて菜の花とビル群です。
梅と菜の花とビル群

こういうミスマッチも絵になるにはなりますけどね。
次回も浜離宮恩賜庭園の菜の花をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | .浜離宮庭園 花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

絵本「やまなし」宮沢賢治

今週も宮沢賢治の絵本をお届けします。


「やまなし」
宮沢賢治 作
川上和生 絵
三起商行(ミキハウス)

「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻灯です」という前置きから始まり、「五月」と「十二月」の場面からなる物語。

「五月」
「クラムボンはわらったよ。」
「クラムボンはかぷかぷわらったよ。」
谷川の底で、かにの兄弟がこんなふうに言葉を交わす間、
「天井」つまり水面では「つぶつぶ暗い泡」が流れたり、蟹たちの吐く泡が上っていったり、魚(うお)が行き来したりします。
すると天井に白い泡がたって、青光りする鉄砲玉のようなものが飛び込んできて、
魚が上のほうへ上ったようでした。

カワセミが魚を捕まえる瞬間をかにの目線で捉えているんです。


「十二月」はやまなしの実が水の中に落ちてくるさまを描いています。

賢治の独特なオノマトペの表現によって形容される、季節の変化と生命のいとなみを描いた童話です。
不思議な世界をたのしんで下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ゴイサギ・洗足池

蛙合戦を撮影した洗足池。
この日はゴイサギのあたり日でした。

まずはいつもの弁天様の近くの木に止まっているゴイサギ。
見えているのは2羽ですが、影にもう1羽止まっていて、さらにこのあとお届けする1羽がいて、4羽のゴイサギがいました。
ゴイサギ

洗足池公園をカエルを撮ったり休憩したりして、1時間後ぐらいに戻ってみると、なんと池の縁石にゴイサギが下り、魚を探して歩いていました。なかなか見られないですよ。
魚を探すゴイサギ

このあと、10分ぐらい見ていたのですが、じっとして動かなくなったので立ってみているのも疲れるのでベンチに座って休憩してスマホをいじっていました。
そうしたら急展開!
野良猫が近寄ってきたのが見えました。ゴイサギが飛ぶな!と思ったので、カメラを構えようとしたら、ネコに気づいたゴイサギが、池の中の杭にパッと飛び移りました。
飛んだ瞬間に間に合わず!ちょっと休憩したことに悔いが残りました。
杭に飛び移ったゴイサギ

かなり近くに来てくれました。
ゴイサギの後ろ姿

その後、わかりにくいですけど、右奥の杭にコサギが飛んできたんです。
ゴイサギとコサギ

ずっとゴイサギを追いかけていたら、池で楽しむボートがゴイサギの近くを通りかかると、パッとゴイサギが飛び出しました。なんてこった!
遠くに行かず、近くの杭に飛び移っただけだったのでなんとかその姿をキャッチ!
ゴイサギのジャンプ

ゴイサギの飛ぶところをチャット撮りたいなぁと、狙い続けていたら、近くにいたコサギがゴイサギの後ろを飛んできました。
ゴイサギの後ろを飛ぶコサギ1ゴイサギの後ろを飛ぶコサギ2

コサギが自分の縄張りに来たと思ったのか、コサギが止まろうとしたところをめがけてゴイサギが飛びました!
後ろ姿でしたけどちゃんと飛ぶ姿をキャッチできました。
ゴイサギ飛ぶ!

しばらくコサギとゴイサギの膠着状態は続き、あっと思ったらコサギが飛んでいってしまいました。
ゴイサギとコサギのにらみ合い

写真には撮れなかったのですが、ゴイサギの前を2羽のカワセミがピューッと飛んでいったのも見ました。
オスとメスが追いかけっこしていたのでしょうね。
16時頃には公園を出る予定だったのですが、結局17時近くまで粘ってしまいました。
ゴイサギは日没後が行動時間ですが、暗くて追えなくなるのでジエンド。
こんなにゴイサギを堪能できたので満足満足。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 洗足池公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ツグミとスズメ・皇居東御苑

今回も皇居東御苑からお届けします。
今回は珍しくはありませんがツグミとスズメですけど、ツグミとスズメが近くにいるのってあまり見かけないと思いませんか?
どちらもスズメ目なので仲良さそうなのですが、意外と一緒にいるところを見かけませんが、皇居東御苑で近くにいるところをキャッチしました。

石垣の下にツグミを発見!
ツグミ

いつものようにピョンピョンと歩きまわっていました。
あるきまわるツグミ

勢いに乗って進んでいった先にはスズメがいました。距離にして20cmぐらいでしょうか。
スズメに接近!

近づいてもどちらも意識することなく、どちらもいつもの行動をしているだけ。
ツグミとスズメ

ちょっとツグミが離れて餌探し。
ちょっと離れたツグミ

するとスズメが後を追って来ましたよ。
ツグミを追いかけるスズメ

意外とツグミとスズメは中がいいんですね。
同じスズメ目のヒヨドリは縄張り意識が強いのか他の鳥が近くに来ると追い払います。
ツグミやスズメは人の名前につけられることもあるけど、ヒヨドリはつけられないからひがんでいるのでしょうか。なんてね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年2月のお月見情報

2月のお月見はいかがでしたか?
前半は比較的晴れた日が多くて、たくさん見られたと思いますけど、後半はやや雲が多めで最後が見られませんでしたね。
3月は後半になれば桜の季節。寒い日もあと少し。お花見とお月見を楽しめるといいですね。

それでは、2017年3月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

3/5(日) 19時半頃 月面X
      20時32分:上弦

3/12(土) 23時54分:○満月

3/14(月) 宵から15日の明け方、月齢16の月と木星が接近して見える。

3/21(火) 00時58分:下弦
      未明から明け方、月齢22の下弦の月と土星が接近して見える。

3/28(火) 11時27分:●新月


今月は大きな天体ベントがなく地味な感じですが、その分お月見に集中できると思います。
月の周りにどんな星が見えるか双眼鏡などで探してみて下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする