2017年10月30日

ダイヤモンド富士・東工大

今年の秋は雨が多くて嫌になりますが、何故か富士山がよく見える秋。
いつもだと晴れると、もや〜っとした空気が溜まって富士山が見にくくなるのですが、意外とよく見えています。
台風が来る直前の10/27は東工大大岡山キャンパス内のとある場所からダイヤモンド富士が見られる日でした。
少ない晴れの日だから見に行くしかない!と行ってきました。

5分前の景色です。
富士山は太陽が近いのと、多少もやってしまって見にくい状態でした。
写真だとわかりにくいのですが、うっすらと富士山の影は見えていたんですよ。
太陽が富士山に掛かる前の景色

このわずか5分後に富士山にかかります。
太陽が富士山に掛かる前から沈むまで約15秒間隔の写真を動画にしてみました。


富士山に乗っかったところをトリミングしてみました。
ダイヤモンド富士

秋にはなかなかこんなにきれいに見られないのでついていました。
この秋はどれだけ見られるでしょうか。
週末の天気がよくないので平日に追いかけるしかなくてちょっと辛いです。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:16 | Comment(4) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

ダイヤモンド富士(山裾コロコロ)・多摩川浅間神社

都内近郊では10月に入るとダイヤモンド富士のシーズンです。
でも今年はずっと天気が悪く、ダイヤモンド富士が見られるかなぁという期待すら持てない日が10月上旬から中旬にかけて続きました。
そして、10/22・23の台風が過ぎると、通り過ぎた台風の影響で風は強いものの台風一過の晴となり、ようやくチャンスらしいチャンスがやってきました。
10月は都内では羽田空港を皮切りに北へと見られる位置が移動していくのですが、すでに東急目黒線・東横線の多摩川駅の近くの多摩川浅間神社付近まで北上。
ベストの日は10/24なのですが、こんなに晴れて期待できる日は全くなかったので、1日早くて山頂に太陽が沈まなくても富士山にかかればいいやと、出かけてきました。
到着したのは16時少し前。
きれいに富士山が見えましたが、風が強い影響か、富士山の上空では筋雲が波を打っていました。
波打つ雲と富士山

この空ならきれいに富士山にかかるところが撮れるよ!ただ眩しすぎて設定が難しそう!
時間は過ぎ、太陽が富士山に近づいていきます。
太陽が富士山の真上にきました。
う〜ん、これはかなり右側で富士山にかかる部分が少なそうで不安!
富士山上空の太陽

太陽が富士山にかかるのは16時40分を過ぎた頃から。
そして、時刻が過ぎて、太陽が富士山にかかり始めました。
富士山の右側ギリギリにかかっています。
富士山にかかり始めた太陽

すると、周りでは野鳥がざわめきました!
まぁ、夕方になるといつも飛び回っているだけのことですけど、昔なら不吉な!となるのかもしれません。
ざわつく野鳥

太陽はどんどん沈み、富士山の中腹に差し掛かりました。
富士山の中腹に差し掛かった太陽

あっという間に太陽は富士山の裾野に沈もうとしています。
富士山の左側には富士山の影が浮かび始めました。
沈みそうな太陽

太陽が山の向こうに没すると、富士山の左上には富士山の影が浮かびました。
富士山の後ろから照らしているのに影が空に浮かぶって不思議ですよね。
地球が平面ではなく球体であり、空気の層が非常に薄いからこそ見られる現象ですよ。
詳しい説明は省きますので、じっくりと考えてみてください。
浮かぶ富士山の影

太陽が沈んだ後の富士山周辺です。
この景色を見られただけでも幸せと思えます。
神々しい空

少し暗くなり始めた空。富士山を中心に連続撮影してImage Composite Editorというソフトでパノラマ合成しました。
バーをスライドしてみてください。
SIMGPJ0761_stitch.jpg


暮れゆく空と富士山を眺めていたら、多摩川の下流を目指して飛ぶダイサギがやってきたので追いかけて撮影。
雲も波打っていて、富士山もダイサギも空の荒波を泳いでいるようでした。
夕暮れの富士山とダイサギ

少し引いて、雲が波打つ空を写してみました。
山に風が当たって波打つ感じになっているんでしょうけど、不思議ですよね。
富士山と不思議な空

ダイヤモンド富士は見られそうで見られない。
満足に見たのは昨年の11月5日で、2016年の秋から冬にかけてはこの1度だけでしたからね。
今回は側面でしたがOKとします。
次はいつチャンスが巡ってくるでしょうかね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:16 | Comment(2) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

コスモスに集う・昭和記念公園

前回、花の丘のコスモス畑の雰囲気をお届けしました。
今回は、そのコスモスに集う無視虫をお届けします。

一番たくさんいるのはやはりミツバチ。
白い花にもピンクの花にも集まっていました。
白いコスモスにミツバチ

ピンクのコスモスにミツバチ1 ピンクのコスモスにミツバチ2


空とコスモスを撮っていたら、一匹のハチが!この姿はおそらくクマバチでしょうね。
飛んできたクマバチ

白いコスモスのカップの中ではモンキチョウが一生懸命に蜜を吸ってました。
モンキチョウ

撮影したのが10/8だったのですが、あれから気温が上がり開花が進み、花がらが目立つようになってきたようです。8月の天候不順で今ひとつ背丈が伸びないまま花が咲き進んでしまい、見頃を過ぎ、この長雨で終わってしまうでしょうね。
もう一箇所、原っぱ西花畑のコスモスは先週の高温で一気に花が咲き進んだようですが、こちらも長雨で花が傷んで、見頃を過ぎてしまいそうですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(2) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

コスモス・昭和記念公園

昭和記念公園シリーズ、お次は花の丘のコスモスです。
今年は8月の天候不順の影響で生育が悪く、背丈も伸びず、この時期で3分咲。
とはいっても、広い敷地では十分見応えありでした!
昭和記念公園・花の丘

花の丘を見上げて。クリックしてご覧ください。
花の丘を見上げて1花の丘を見上げて2

太陽に向かって伸びようとするコスモス。
太陽に向かって

青空にコスモスです。
青空にコスモス1

青空にコスモス2 青空にコスモス3

青空にコスモスはいいですね。
これからまだ見頃は続きますのでご覧になりたい方はぜひ、立川まで足を運んでください!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:56 | Comment(2) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

キバナコスモスに集う・昭和記念公園

今回は昭和記念公園の原っぱ東花畑で咲いていたキバナコスモス「レモンブライト」です。
すでに見頃は過ぎていて、かなり枯れかかってきていましたが、広大な広さで咲いているので咲いている花はまだまだたくさんありました。
原っぱ東花畑・キバナコスモス

青空に向かって咲くキバナコスモスも気持ちよさそうです。
キバナコスモス

昭和記念公園のシンボルツリーをバックに撮影していたら、ミツバチがいいタイミングで飛んできてくれました。
キバナコスモスとミツバチ

青空をバックに撮っている時にもミツバチはこんにちはと挨拶に来てくれました!
青空をバックに

花がだいぶいたんできていると思ったら、かなり羽が傷んでいるアオスジアゲハが懸命に蜜を吸いに来ていました。
キバナコスモスとアオスジアゲハ

ツマグロヒョウモンのオスもあっちへこっちへと忙しそうにしていました。
キバナコスモスとツマグロヒョウモン

モンキチョウは花の色と紛れて一生懸命に蜜を吸っていました。
キバナコスモスとモンキチョウ

残り少ない花の季節に一生懸命に蜜を求めて頑張る虫達。
優しく見守ってあげてください。

このキバナコスモスは今週いっぱい。
週明けから来春の菜の花の準備のため刈り取られてしまいますのでお早めに!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:10 | Comment(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

シーダーローズの元・昭和記念公園

昨日、公開したと思ったら、下書きで保存したままだったので、日付は昨日にして公開します。

またまた久しぶリの更新になりました。
写真は撮っているんですけど、記事にする気分が乗らない・・・
この週末はかなり大量に写真を撮ってきたので、お見せしないともったいないので頑張ってお届けします。

以前、このブログでも紹介したシーダーローズって覚えてますか?
シダーローズ(Cedar Rose)というのはヒマラヤスギ(ヒマラヤシーダー)の松ぼっくりの先っちょなんです。
こちらの記事をご覧ください→「シーダーローズ・新宿御苑」

この週末に訪れた国営昭和記念公園には木の上になる松ぼっくりが見やすいヒマラヤシーダーがあるんです。
カナールから、昭和記念公園の中心部をめざして進む途中のふれあい橋の脇に大きなヒマラヤシーダーの木があって、枝の上が見られるんです。
見てみると松ぼっくりがたくさんできていました。そして、すでにキャンドルのようになった松ぼっくりもたくさん並んでいました。
ヒマラヤシーダーの松ぼっくり

これなら先端に残っているものがあるはずだと探して見つけました。
まだ、下の方に鱗片が落ちずに残っていますけど、先端にきれいに残っているのがわかります。
シーダーローズの元

更にもう1個。こちらも下の方の鱗片が残っていますね。
シーダーローズの元2

下方の鱗片も、先端のシーダーローズも落ちて残ったものはキャンドルのように枝に残って並んでいました。
ハロウィンにはちょうどいいかも?
シーダーローズのキャンドル

これから寒くなってくると、鱗片がどんどん落ちて、そして先端部も落っこちてくるのでシーダーローズ探しの季節です。
ヒマラヤスギ(ヒマラヤシーダー)が植えられている公園などを見つけ、木の下をよく探してみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 11:50 | Comment(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

十月桜・皇居東御苑

皆さん、桜が咲きました!
といっても春に咲くソメイヨシノなどではなく、この季節に咲く十月桜ですけどね。
実は9月の早い時期からヒガンバナが咲くのに合わせてちらほら咲いてはいたんですよ。
あまりに寂しかったのでもうちょっとあとでと思っていたら、花数も増えて見頃になってきたんです。
これが十月桜
十月桜

十月桜はその名の通り10月に咲く桜です。
ソメイヨシノなどのように全体に咲いて目立つというほどのことはない地味な桜で、9月から12月頃に全体のつぼみの3分の1が咲いて、さらに2月から4月頃に残りの3分の2が咲くんです。
それでも花数が増えてくると足を止めて眺める人が増えてきます。
ほんのりピンクの十月桜

撮影した9/30のお昼頃はまだ雲も少なく青空も広がっていたので、秋空をバックに十月桜です。
秋空と十月桜1

秋空と十月桜2

何処かに咲いているかもしれない十月桜を探してみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:32 | Comment(2) | .皇居周辺・東御苑 秋の花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

行き合いの空、再び

月曜日の夕方前の空です。
行き合いの空

夏の名残の積乱雲が湧いていました。
そしてその上には刷毛で描いたような巻雲がたなびいていました。
つい先日もお届けしましたが、夏の縦に伸びようとする積乱雲と、秋の横に広がろうとする巻雲が出会うような空を行き合いの空と呼びます。
この日の空はまさに行き合いの空。
暑さ寒さも彼岸までと言われるように、空でも季節が変わろうとしているんですよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:24 | Comment(2) | 空色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

ツチグリと思ったら・九品仏浄真寺

九品仏浄真寺の2回めは、なんとフクロツチガキ!
ツチガキって?ですよね。
このブログでは皇居東御苑で見つけたツチグリをお届けしましたが、非常に似ているツチガキです。

こんな所でツチグリ発見!と思ったら?
ツチグリ?

家に帰って、ネットで調べているうちに、これはツチグリではないのでは?となりました。
ツチグリは、めくれている外皮の内側に、ひび割れたような模様があるのに、この写真では模様がない。
調べると、つるつるした感じということでフクロツチガキが候補に上がりました。
さらに、フクロツチガキと似たものでシロツチガキというのも発見。
シロツチガキは「先端の穴の周囲が円座で縁取られていない」というので、円座で縁取られているこのキノコは、フクロツチガキということになりました。

フクロツチガキですが、夏から秋、林内の道端や土の崖などで見られる中型のヒメツチグリ科ヒメツチグリ属のキノコ。
胞子の入った扁球形の袋の外側には皮質の厚い外皮があって、成熟すると外皮は5片から10片に裂け、星形に開きます。星型の上に胞子の入った袋が乗っている形になって、胞子は袋の先端の穴から放出されます。

ほとんどツチグリとツチガキは同じもののように思えますが、
ツチグリはニセショウロ目ツチグリ科ツチグリ属
フクロツチガキはホコリタケ目ヒメツチグリ科ヒメツチグリ属
と分類が大きく違うんですよ。難しい!

このツチガキを、3体の仏像が安置されているお堂の前の林内のしかも歩道脇にたくさん見つけてしまいました。
さて、フクロツチガキが分かりますか?
ツチグリたくさん

こちらにもたくさん!わかりますか?
たくさんのツチガキ

さきっぽの穴から胞子を放出しているんですよ。
さきっぽの空いたフクロツチガキ

外皮がめくれている途中のフクロツチガキを発見!
めくれる途中のフクロツチガキ

昔はまず見た目から名前をつけられるので、同じような形をしていれば似た名前になりますけど、昨今では遺伝子レベルで分類されるので別物となってしまいます。
きのこの世界は似て非なるものがたくさんあるのでほんとに厄介です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:52 | Comment(2) | 名所・旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

ヒガンバナ2017 九品仏浄真寺

お彼岸になりましたね。
お彼岸といえば彼岸花。
今年は9/3頃から咲き始めていて、台風がやってきた先週末の3連休頃が見頃で、お彼岸を迎えた頃には最盛期を過ぎた状態ですね。
その台風の影響が現れる前に九品仏浄真寺に行って撮影してきました。

九品仏浄真寺は浄土宗に属する寺院で、通称「九品仏」と呼ばれます。
江戸時代中期の元禄11年(1698)、珂碩(かせき)上人が奥沢城跡に完成させた浄土宗の巨刹です。
芝増上寺の別院で、境内に上品(じょうぼん)堂、中品(ちゅうぼん)堂、下品(げぼん)堂の3堂が並び、それぞれに3体ずつ阿弥陀如来像が納められているので、九品仏と呼ばれます。
現在、9体の阿弥陀如来は1体ずつ遷座して大修繕中です。
元禄時代以来の大修繕だそうで、1体に約2年かかり、すべての修繕が終わるのが2034年とのことです。

九品仏浄真寺は東急大井町線九品仏駅に名前にもなっているとおり、駅のすぐ近くから参道が続いています。
その参道を進むと総門の手前に石仏群があってそのすぐそばの植え込みにヒガンバナが咲いていました。
ちょっと趣を変えて3枚お届けします。
石仏群とヒガンバナ1
石仏群とヒガンバナ2
石仏群と日が。

あと2ヶ月弱で辺りは黄色や赤の紅葉に包まれる楼門が建っています。
楼門

この楼門の右手奥にある観音堂の周辺にヒガンバナが咲くんです。
けど、見に行った時には赤いヒガンバナはまだまばらなところもあれば終わりかけているところもあって、パットしませんでした。
観音堂

この観音堂の前に並んでいる三十三観音の前には白花曼珠沙華がちょうど見頃となっていました。
白花曼珠沙華と三十三観音

観音堂前の前では、白花曼珠沙華を前にして、人間の煩悩はなんとも厄介だと如意輪観音が物思いにふけっていました。
如意輪観音と白花曼珠沙華

九品仏の由来となる九体の仏像が並ぶお堂周辺にはヒガンバナは咲いていないんです。
ですので、お堂は省略してしまいます。
実は、9体並ぶお堂の前の植え込みにとあるものを発見してしまいました。
まさかこんな所で見られるとは!というものです。
それは次回お届けいたします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:25 | Comment(0) | .花歩記 秋の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする