2017年08月09日

カカオノキ・新宿御苑

新宿御苑で撮影したものを今回もお届けします。
今日のタイトルにある通り、カカオノキです。
カカオがなるのだからカカオの木と書くのが普通かと思ったら、調べるとカカオノキと書くのが一般的。
ここにとらわれる必要は無いので進みます。

カカオノキにカカオが実ります。
実る前には花が咲きます。
さてその花ですが、こんな風に幹からいきなり花が咲くんですよ!知ってました?
カカオの花

あっちにもこっちにも幹から咲くんですよ。
この花は原産地では一年中、栽培地では気温によって代わり、日本では5月頃から咲き始めるそうです。
幹から咲くカカオの花

幹から花が咲く、ということは、花の後に実がなるので当然、実も幹から出来ます。
カカオの実

原産地では一年中花が咲くということは、ほぼ一年中実が成り続けるということですよね。
幹から成るカカオの実

それにしてもなんでこんなふうに実るようにしようと決めたんでしょうね。
不思議です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:14 | Comment(3) | .新宿御苑 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

アカボシゴマダラ・新宿御苑

前回の最後の最後の写真で予告した蝶をお届けします。
SIMGPI2737.JPG

手前にいる写真は、すでにわかっているようですが、アカボシゴマダラという蝶です。
アカボシゴマダラ

実はこの蝶「要注意外来生物」なんですよ。
よく見られるこのチョウのタイプは中国大陸産で、日本に飛来することはないタイプのチョウでした。
このチョウが、1995年に埼玉県秋ヶ瀬公園などで突然発見され、その後、神奈川や東京などでも見られるようになり、2010年以降は埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県へと関東全域に分布を拡大し、そのご、静岡県や愛知県などでも確認され、分布の拡大が続いています。
自然の分布域から飛び離れていることや、突如出現したことなどから蝶マニアによる人為的な放蝶(ゲリラ放虫)の可能性が高いといわれています。
幼虫がエノキの葉を食草とすることから、オオムラサキ・ゴマダラチョウ・テングチョウなど、幼虫期にエノキを利用する蝶類への影響が危惧されています。

たしかに見た目はきれいなのですが・・・
アカボシゴマダラ

ミズキの葉に止まったアカボシゴマダラです。
ミズキに止まったアカボシゴマダラ

驚かさないようにそうっと近づいて激写!
だれ?という感じで首を傾げた?
首を傾げたアカボシゴマダラ

放たれた蝶に罪はないだけに、可哀想な蝶です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:05 | Comment(2) | .新宿御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

ジャコウアゲハのメス・新宿御苑

撮影した写真がまったくなかったわけではないのですが、スッタモンダがありまして、もうすっかり写真を撮る意欲も、ブログを更新する意欲も減退してしまっている今日このごろ。
7/25に更新してから2週間のご無沙汰です。
久しぶりに新宿御苑でフィールドワーク。

母と子の森を歩いていると、ヒラヒラと見慣れぬチョウが飛んでいました。
驚かさないように追いかけて、花の蜜を吸っているところを撮影。
見慣れぬチョウ発見

羽根が全体に黄色というのか薄い茶色というか、なんとも言えないきれいなチョウ。
しっかり止まったところをキャッチ!
何チョウ?

撮影後、家に帰って調べ、このチョウはジャコウアゲハ(麝香揚羽)のメスであることがわかりました。
名前はオスの成虫が腹端から麝香のような匂いをさせることに由来指定あmす
オスは光沢のある黒色、メスは黄灰色のアゲハチョウで、幼虫も成虫も体内に食草由来のアルカロイド系毒物質をもち、鳥などに食べられるのを防いでいるそうです。

ヒラヒラっと飛び立ち、あっちへこっちへとゆったりと飛ぶのをしっかり見守り、止まったところへ再び移動。
ちょっと草木の影に暑さを逃れるかのように止まっていました。
止まったジャコウアゲハ

回り込んで、もう少し近くによって一枚。
日本的な美をまとった蝶に思えませんか?
ジャコウアゲハのメス

このジャコウアゲハの撮影中、周りを別の蝶が飛んでいました。
こちらも驚かさないようにそっと見守っていると、思わぬ所に止まってくれました。
その写真がこちら。
奥にジャコウアゲハ、手前に別の蝶が止まっているのがわかりますよね。
2種類の蝶

次回は手前に止まった蝶をお届けします。

記事を書き上げた後、新宿御苑の情報を見ていたら
生きものを呼び込む試み ジャコウアゲハ」という記事が掲載されていました。

なるほどそういうことだったんですね。
ぜひ、採取ではなく観察しに行ってください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:05 | Comment(2) | .新宿御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

2017年8月のお月見情報

7月の前半は梅雨なのに雨が降らず、意外とお月見を楽しむことができましたが、梅雨明けした後半は梅雨空が広がり、お月見を楽しめませんでしたね。
8月に入ったらカラッと晴れた夏空がやってきて、夜空を楽しめるといいですね。

それでは、2017年8月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

8/3(木) 夕方から4日の未明、月齢11の月と土星が接近して見える。

8/8(火) 03時11分:○満月
       03時20分:部分月食

8/13(日) 04時:ペルセウス座流星群が極大(出現期間7月20日〜8月20日)

8/15(火) 10時15分:下弦の月

8/19(土) 未明から明け方、東の低空で月齢26の細い月と金星が接近して見える。

8/22(火) 03時30分:●新月

8/25(金) 夕方から宵、月齢4の細い月と木星が接近して見える。

8/30(水) 夕方から深夜、月齢9の月と土星が接近して見える。

今月は流星群があるのですが、ちょうど満月に近い頃なので見やすい条件とはいえませんが、見上げてみなければ始まりませんので、夜空を見上げてみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:52 | Comment(0) | .天体観測 暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

セミの羽化2017/07/24

あまり雨は降りませんでしたが、形の上では梅雨が明けました。
梅雨があけるとやってくるのが蝉しぐれ。
私の真夏のライフワークである、林試の森でもセミの羽化観察がやってきました。
そんなセミは、夕方から明け方にかけて、長い土の中の生活から抜け出して、木や杭など地面に立っている物に捕まり、まずは上へと登ります。
高い木なら枝先の葉などまで、杭なんかだと張られたロープにぶら下がって羽化を行います。

今日はInstagramにアップした写真を中心にお届けします。

19時半前に林試の森に着くといきなり、羽化したばかりのセミを発見しちゃいました!
iPhoneで撮影していたら、餌付けされて人を恐れない野良猫がうろちょろしてこちらにお尻を向けました。
脱皮したてのセミと野良猫?のお尻。 #セミ #蝉 #cicada #ネコ #cat

この羽化したセミは、帰りがけ(22時半頃)に観察したら、体の色も出てきていて、なんとヒグラシでした。
ヒグラシ

セミはたくさん木があっても、不思議なことに何本かの木に集まるんですよね。
多いのは桜の木。なかでもいつも多くのセミがぶら下がる桜の木を巡ってセミを探すと、いましたいました。
すでに浮かして飛び去った抜け殻の反対側にぶら下がって羽化中のセミです。
桜の葉もたくさんあるんだから他に行けばいいのに不思議です。
羽化中のセミと抜け殻 #emergence #cicada #セミ #蝉 #羽化中

完全にカラカラ抜け出る直前のセミ。
白くてきれいなんですけど、この時にアリに襲われるとひとたまりもないんです。
抜け出る直前のセミ

そして、帰ろうと歩いていて、いつもセミがロープにぶら下がって羽化する場所を通ってみると、今にも羽化しそうな幼虫がじっとしていました。
これはいいタイミング!と急いでカメラを三脚に固定して何枚か試し撮りしていると、間違いなく背中が割れてきていたので、慌てて連続撮影開始!
20秒間隔で、約30分撮影した123枚の写真を25秒にまとめてみました。
セミの羽化!20秒感覚で30分ちょっと123枚の写真を25秒の動画にしました。  #emergence #cicada #セミ #蝉 #羽化 #動画

夏はまだまだこれから!
まずは地面に穴が開いている場所を探し、その付近の木を探してみてください。
ミンミンゼミやアブラゼミの多くは大人の身長よりも高いところ、ニイニイゼミは膝ぐらいの高さで羽化することが多いので目安にしてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

イワタバコ・皇居東御苑

東京は梅雨らしい雨もあまりないまま、梅雨が明ける前からめちゃくちゃ暑い夏になり、そのまま梅雨明けとなりましたね。
この先水不足がどうなるか心配です。
このブログも夏バテで休んでいるわけではありませんが、何かとバタバタしていて気持ちが完全に沈んでいて、写真を撮りに行っても気持ちは高ぶらないし、ブログに向かう気持ちも起きない状況がずっと続いております。
この状況がいつまで続くか、全く未定です。
ぼちぼち続けていきますけどね。

今回は皇居東御苑の水辺に咲くイワタバコをお届けします。
皇居東御苑の二の丸庭園には滝を表現したところがあって、この滝の岩場にイワタバコが咲くんです。
始めは私も勘違いしていましたが、イワタ・バコではなくてイワ・タバコですよ。
漢字で書くと岩煙草なのでよくわかります。

イワタバコ(岩煙草) イワタバコ科
日当たりの悪い湿った岩壁などに生える花で、大きい葉っぱが煙草の葉に似ていて、岩壁に生えるところから「岩煙草」です。
どこに咲いているかわかりますか?
滝

二の丸庭園の滝の左側に咲いています。前は右側にも咲いたのですが、草が生い茂ってしまって、咲いているのかどうか確認できませんでした。
イワタバコ

紫色の星型の花がわかりますか?
岩煙草

花の部分を少しトリミング!
これで花の雰囲気はわかると思います。
イワタバコの花

暑い夏ですけど、なんとか涼を取って乗り切りましょう。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2017年07月12日

ネジバナ・皇居東御苑

先日の皇居東御苑シリーズから。
別に珍しくはありませんがネジバナです。

捩花(ネジバナ) 別名 「捩摺」(もじずり)
たくさんの小さな花が「ネジ」のように螺旋を描いて付いているために、名付けられた野生のラン。
芝生の中からニョキニョキと生えています。
芝生のネジバナ

螺旋を描くのですが、その描き方は一方向ではなくて右巻き・左巻きどちらもあるんです。
隣り合って咲いているのにねじれ方が逆になっているのがわかりますか?
ねじれ方が違うネジバナ

ネジバナだけどねじれきれていないネジバナもあります。
奥のネジバナと比べて見るとよくわかります。
ねじれきれていないネジバナ

2本がまとまっているのかと思ったら、1本なのに両側に花がついた不思議なネジバナも発見!
不思議なネジバナ

あちこちで見かけるネジバナですが、じっくりと見たことがある人はあまりいないと思います。
でも、そこには面白い世界が広がっていますよ。
ぼちぼち、ネジバナの季節も終わりになりますが、その前によく観察してみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2017年07月11日

浅草寺ほおずき市2017 その2

浅草寺のほおずき市の2回目は、屋台前の鬼灯などをお届けします。

屋台の前には、地面に置かれたり、釣って風に揺られたりしてほおずきが並べられています。
ほおずきに混じって風鈴も並べられ、ほおずきを買うと風鈴も付いてきますし、風鈴だけでも買えるお店もあります。
飾られたほおずきと風鈴

ほおずきです。
ほおずき1 ほおずき2 ほおずき3

屋台前に並べられた風鈴。
風に吹かれると賑やかになって、前を通る人の足を止めます。
風鈴1 風鈴2

入谷朝顔まつり、浅草寺ほおずき市が終わると江戸は真夏をむかえます。
今年は空梅雨で暑さだけが先に来ていて、もう真夏以上の暑さになっていますね。
これからが夏本番なので、体調に注意してあつそうな夏を乗り切りましょう!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

浅草寺ほおずき市2017

7/6・7・8の入谷朝顔まつりが終わるとすぐ、7/9・10に催されるのが浅草寺のほおずき市。

7月10日に観音さまにお参りすると、46000日(約126年)も日参したのと同じご利益があるとされ、「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、浅草寺の「功徳日」にもあたり、前日の9日から参拝客で賑わうようになり、この両日に縁日が催されるようになりました。
四万六千日の縁日は浅草寺にならって他の寺社でも行なわれるようになり、芝の愛宕神社ではほおずき市が立ち、その後、浅草寺にもほおずき市が立ちました。
江戸に夏を呼ぶ風物詩の一つです。
ほおずき市

瓦の葺き替えが終わり、覆いの取れた五重塔前でもほおずき市の屋台が賑やかです。
五重塔とほおずき市

本堂横もほおずき市の屋台で大賑わい!
本堂横の屋台

宝蔵門を眺め、ほおずき市もニギヤカです。
宝蔵門とほおずき市

宝蔵門前の参道にも屋台が立ち、ほおずきを求める人、ただ撮影する人でごった返していました。
宝蔵門前の屋台

宝蔵門前の屋台からは五重塔も見え、一大撮影スポットに!
五重塔とほおずき市の屋台

それにしても暑い一日で、撮影して回るのも一苦労。
日が当たるところにいるとくらくらしてきちゃいますよ。
梅雨はどうなったのでしょうね。

次回もちょっとだけほおずき市からお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

入谷朝顔まつり2017

「恐れいりやの鬼子母神」で知られる真願寺がある言問通りで開催される日本一の入谷の朝顔市が7/6・7・8の3日間に行なわれます。
入谷朝顔まつり

今年ももちろん初日の6日の夕方に行ってきました。
梅雨のまっただなかの蒸し暑い東京。雨は降らないと思ったら・・・
まずは鬼子母神にお参り。
17時を過ぎたばかりだったのでまだ人出はそれ程でもありませんでした。
鬼子母神

境内にもアサガオが並べられて販売されています。
境内のアサガオ

言問通りは17時から通行止めとなって、朝顔売りの屋台もそれから道路側にアサガオを並べていくので、まだ準備が整う前でした。奥の東京スカイツリーも毎年楽しみにしているのか、首を長くして覗き込んでいるようです。
東京スカイツリーと朝顔市

夕方なので、朝咲いたアサガオはしぼんでいるのが当然。それでもなんとかまだ開いているアサガオもちらほら。屋台の方々も大変ですよね。
夕日のあたるアサガオをどうぞ。
アサガオ

アサガオ2 アサガオ3

銀河鉄道の月でもお届けしました(2017年7月 月齢12 入谷朝顔市で十三夜の月、おまけに土星)が、暗くなるまでのんびりして、朝顔市と月を撮ろうと思っていたのですが、私のスマホに品川区の大雨予報が届き、その後、上空には怪しい雲が広がりだしてきました。
18時を過ぎると、太陽も雲に隠れ、怪しげな雰囲気が漂い始めました。
怪しい雲

SIMGPI0965.JPG18時20分を過ぎるとさらに怪しくなり、鬼子母神上空は禍々しい空色に変わりました。
これはちょっと雨宿りができそうな所に入ったほうがいかもなと移動し始めるとすぐ、ポツポツと降ってきたかと思ったら、あっという間にザーッと降り出して、路上で朝顔を見たり、露天で買って食べていた人たちも大移動開始!


変な空東の空には青空も見え、ビルには夕日が当たっているのですが、この付近は雨が強く降ったり弱まったりしながら降っている状態。おそらく雨の範囲はほんとに狭くて、直線距離にしたら数百mぐらいなものだっだんでしょうね。変な空模様です。


その後、雨は小ぶりになって、止んだかなと思ったらまた降り出したり。
でもその後は晴れていい天気になったのではないでしょうか。

入谷朝顔市は7/8(土)までですので、明日も楽しめますよ。
是非足を運んでください。
そして、朝顔市が終わった後は、7/9・10と浅草寺境内でほおずき市が行われますので、江戸の風情を土曜日曜と楽しんでください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする