2013年04月22日

サクラと東京タワー

今回もお花見の写真。でも、他にお見せしたい写真が溜まる一方で、早くお見せしたいので今回で最後にします。
最終階は新宿御苑から撮影した桜と東京タワーです。毎年のように掲載してます。
ただ、桜はちょっと見頃を過ぎていましたけどね。
カーソルを乗せてご覧ください。


今回は桜の木の中から東京タワーを撮影してみました。
どうも写真が今ひとつですが、カーソルを乗せてご覧ください。


おそらくこの桜から東京タワーを撮ろうと思った人はそうはいないと思いますよ。
私が撮ってる横で、「あれ、東京スカイツリーじゃね?」「ええ、そう?」と言ってるバカップルに唖然(--;)
広い知識は持ってなくてもいいけど、せめて東京の2大タワーの区別ぐらいはつけてよ。

フクロクジュという名前の八重桜とその向こうに並ぶプラタナス並木、そしてその間に頭を出した東京タワーです。
桜と東京タワー

新宿御苑と東京タワーの間の建物が年々高くなって、バラ園からバラと東京タワーが撮れていたのに今は撮れなくなるなど東京タワーが見難くなっているんですよ。とても悲しいことです。
海外の都市と同じように24時間バスや地下鉄を走らせるのが魅力でしょうか?単に真似事でしょ。
東京のシンボルタワーの東京タワーが都内のあちこちから見える状態を残すとか、それだって東京の魅力だと思うんですよね。
富士山を世界遺産に登録しようというのなら、富士山の見える景色も守るのも日本の魅力の一つになると思うんですけどね。
50年程度しか持たない箱物に景観的価値はないですよ。
経済発展も大事ですけど、もう少し観というものを大事に考えるべきだと思いますね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

増上寺徳川霊廟と東京タワー

3/19の夕暮れに続いて翌日の20日も増上寺に行ってきました。
この日の木定期は特別公開されている増上寺御霊屋・徳川将軍家霊廟の桜と東京タワーを撮ることです。

枝垂れ桜と東京タワーまずは前回の手水舎前の枝垂れ桜と月と東京タワーをご覧あれ。


鋳抜門と桜と東京タワーそれでは一気に安国殿裏にある徳川家霊廟へ移動!
徳川家霊廟の入り口、鋳抜門前。ここからも桜と東京タワーが楽しめます。
今回の特別拝観ではこの門は開かれず、脇の通用口から出入りでした。


徳川家霊廟
 増上寺は東京上野の東叡山寛永寺(天台宗)と共に徳川将軍家の菩提寺で、当山に埋葬されているのは、二代秀忠公・六代家宣公・七代家継公・九代家重公・十二代家慶公・十四代家茂公の六人の将軍のほか、崇源院(二代秀忠公夫人)、皇女和宮さま(十四代家茂公夫人)ら五人の正室、三代家光公側室桂昌院(五代綱吉公実母)はじめ五人の側室、及び三代家光公第三子甲府宰相綱重公ほか歴代将軍の子女多数が埋葬されています。旧徳川将軍家霊廟は御霊屋ともよばれ、増上寺大殿の南北(左右)に立ち並んでおりました。墓所・本殿・拝殿を中心とした多くの施設の数々からなり、その当時の最高の技術が駆使された厳粛かつ壮麗な霊廟は、いずれも戦前国宝に指定されていましたが、昭和二十年(1945年)三月十日に北廟六十八棟被災、五月二十五日に南廟二十八棟被災、二度にわたる空襲直撃でほとんどが焼失し、わずかに残った建物もその指定を解除されました。

焼失した御霊屋郡はしばらくのあいだ荒廃にまかされていましたが、昭和三十三年(1958年)から文化財保護委員会が中心となり、詳細なる学術調査が行なわれ、のち土葬であった御遺体は桐ヶ谷にて荼毘に付され、南北に配していた墓所は一か所にまとめられ現在地に改葬されました。調査によれば細部では各将軍若干の違いあるも、埋葬の構造的には、まず地中かなり深い部分に頑丈な石室を設け御遺体を安置し、二枚の巨石をふたにして、その上に基檀と宝塔は安置されていたといわれます。(増上寺HPより)

霊廟内に入り、鋳抜門を背にして眺めると左右に立ち並ぶ霊廟と咲き誇るサクラの向こうに東京タワーが佇んでいます。
PENTAX Q+03-Fisheyeで撮影するとこのような具合です。カーソルを乗せてご覧ください。


徳川霊廟の桜と東京タワーα55で撮影した桜と東京タワーです。
本当は青空と桜と東京タワーを撮りたいのですが、ここに来る時はいつも曇るんですよね。

徳川霊廟の桜と東京タワー2


皇女和宮様の宝塔一番撮影する人が多いのがこの宝塔。
静寛院和宮様、皇女和宮様の宝塔です。


二代将軍徳川秀忠公夫妻の宝塔と桜、六代将軍徳川家宣公夫妻の宝塔と桜です。
二代将軍徳川秀忠公夫妻の宝塔と桜 六代将軍徳川家宣公夫妻の宝塔と桜

この徳川霊廟の特別拝観は以下のようになっています。
【期間】平成25年 3月 9日〜12月 1日までの土・日・祝日
【開扉時間】10:00〜16:00
【拝観冥加料】500円(霊廟絵葉書を記念品として進呈)

この他に無料公開日が次の日程で予定されています。
1/15・4/2〜4/8・5/10・5/15・9/15・10/2・10/12・10/13

詳細は増上寺のホームページでご確認ください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

サクラと東京タワーと月見

梅の花から桜へとバトンタッチが行われ、あっという間にソメイヨシノは満開を過ぎてしまいましたが、ようやくサクラの話題に入れます。

3/16に開花宣言が出されてから3日後の19日の夕暮れに足を運んだのは芝の増上寺。
当初の目的は月と東京タワーの撮影。翌日の20日が上弦の月なのでその時に東京タワーと撮ろうと思っていたのですがどうも天気が怪しい。それならば天気がいいうちにと19日に行ったわけです。

増上寺につくと、境内の枝垂れ桜がまさに見頃。これは撮らなくちゃ!
月と東京タワーだけでなく桜も参加!でも、普通には一緒に入らない。そこで、でたー!もう定番のPENTAX Q+03-Fisheye!今日の写真はすべてPENTAX Q+03-Fisheyeで撮影したものです。

水盤舎前の枝垂れ桜と月と東京タワー水盤舎近くの枝垂れ桜の下から見た東京タワーと月です。
桜の中に月を入れるのに風で揺れて落ち着かないので苦労しました。


鐘楼堂前で桜と月と東京タワー鐘楼堂前の枝垂れ桜と月と東京タワーです。
写真の上に月が二つ写っているように見えますが、右側が月です。
じゃぁ左側は?
枝垂れ桜の花びらが舞っているんですよ。


安国殿前の桜と東京タワーと月安国殿前の枝垂れ桜と月と東京タワーです。
本殿は写ったのに安国殿が屋根だけになっちゃいました。


撮影したいてところのすぐ脇には大燈籠があります。
その大燈籠を撮るのにストロボを使ったり使わなかったりして撮ってみました。
カーソルを乗せてご覧ください。


同じ桜でもう少しだけ位置を変えて東京タワーを桜に包んでみました。
桜に包まれた東京タワー

この後、境内を出て、東京タワーの足元で撮影してたらどんどん雲が・・・月の近くに木星がきてるのに(--;)
その写真は置いといて、東京タワーの足元の交差点に咲いていたソメイヨシノと東京タワーと月の共演。
月はわかりますよね。控えめな明るさが月ですよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


「夜に咲く 桜にタワーに お月様」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

富士山・東京タワーの夕景、そして月

もう1週間以上前になってしまいまいsたが、久しぶりに上がった浜松町駅前にある世界貿易センタービル40階にある展望台シーサイド・トップから眺めた風景をお届けします。

ここは東京タワーが目の前で、360度の風景が楽しめる最高の場所です。ただ、改装され際に壁面が鏡張りになったので窓に写り込みが多くなって夜景の撮影には厄介な場所になってしまったのです。

ここから狙ったのはまずは富士山。
もうまもなくここからダイヤモンド富士が見られます。
でも、それよりも前、富士山の横から陽が当たる景色も綺麗なので撮影したかったんです。

16:53 富士山を真横から太陽が照らしています。
この赤く染まる富士山が綺麗なんですよ。
横から照らされる富士山

16:55 塔ノ岳の左に太陽が沈もうとしています。
斜めしたから照らされると富士山の影が空に伸びていくんですよ。これがいい!
富士山の影

16:56 太陽が山の向こうに沈んだ直後、なんとも言えない空の色にたたずむ富士山。
目の前にビルがなきゃもっといいけど、富士山の周辺だけ見れば最高です。
太陽が山に隠れた直後の富士山

「日が輝りて 色暖かき 冬の富士」


この直後の富士山と東京タワーです。
太陽が沈んだ後の空の色の微妙なグラデーション。これぞ自然の芸術。
その中に存在感を示す富士山と東京タワーです。
明かりが灯る前(16:58)と、灯った後(17:08)をカーソルを乗せてご覧ください。


少し暗くなった17:15。徐々に富士山よりも東京タワーの存在感が大きくなって来ました。
東京タワーの冬のランドマークライトがきれいです。
東京タワーの夕景

この日は十六夜の満月で月の出が17:19。
東京タワーと反対側にいけば見えるのですが、すぐには見えてこないだろうと、月の出の時刻を過ぎてから月の側に行ってビックリ!もう月が見えてるじゃないですか!月の出からわずか5分後、ほんとに上ってきたばかりの十六夜の満月です。
月の出没は基本的に月の中心が地平線に接する時間、つまり月の出の時には満月が半分ぐらい見えていたはずなんですね。そう思うとなんというヘマをやらかしてしまったのかと悔やまれます(--;)
二兎を追うものは一兎をも得ずなのに、富士山・東京タワー・太陽・月と四兎も追おうとしていたのがいけませんでした。
上りたての満月

私が東京タワーとは関係のないところで空に向かってシャッターを切っていると。「月が見える」「月があんなに低い」「おちゅきさま」とまわりの人も月が出ていることに気がついて、思い思いにお月見タイムとなりました。
私は持ってきたお茶でイスに座って一服しながらお月見。
そしてその後は買ったばかりのPENTAX Q+03 FISH-EYEで遊んでみました。
世界貿易センタービルの足元を新幹線が通過するのを待って撮ってみました。手前の白い線が新幹線です。
カーソルを乗せてご覧ください。


Fisheyeはいつもの景色が今までと違うように見えて、頭をガツン!とやられた感じで超新鮮!
ちょっと行き詰まってた写真の撮り方に新たな風が吹き込まれ、いつものカメラもあらためて見直すきっかけになりましたね。

「煌々と 月冴え渡る 冬の夕」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 19:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

東京タワー2013

2012年の締めくくりに富士山と西暦2012年を表示した東京タワーをお届けしました。
年が明け、西暦表示は2013になりました。
毎年、年末年始の東京タワーの西暦表示を撮影しているので今年ももちろん撮りたい。
新八ツ山橋で箱根駅伝の撮影をしたあと、浅草寺に初詣に行って、その帰りに増上寺をお参りして東京タワーの撮影をするのがここ数年の1/3パターン。
今年も同じように足を運んで、東京タワーの西暦表示を増上寺から撮影しました。

16:30に西暦表示に明かりが灯ります。
55DSCE4073.JPG

日没になると、東京タワーがライトアップされます。日没時はランドマークライトと呼ばれる定番ライトアップ。今は温かみのあるオレンジを基調とした冬バージョンです。
でも、暗くならないと今ひとつ美しさが感じられません。
55DSCE4081.JPG

17時になると空も夜の色が濃くなり、あたりも暗くなって、東京タワーのライトアップが綺麗に浮かび上がって来ました。
私の右手では増上寺の時の鐘がゴーン、ゴーンと突かれています。
55DSCE4125.JPG

55DSCE4133.JPG無事に撮影できたし帰ろうとした時、振袖の一団がやってきて、携帯やスマホを取り出して撮影し始めたので後ろから撮っちゃいました。


今年も東京タワーと増上寺にはお世話になるのでよろしくお願い致します。

ちなみに東京タワーの西暦表示は1/10(木)までです。
ご覧になりたい方はお早めに。

「灯がともり 東京タワーも 年新た」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

風に舞う葉と東京タワー

東京タワーと黄葉・紅葉を撮影した12/8はとても風が強い日でした。
東京タワーの足元で見上げて写真を撮っていたら、強い風に吹き飛ばされて葉が飛んできました。
飛んできたと思ったら、どんどん近づいてきた!
結局この葉はわたしの右手にぶつかりましたよ。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


東京タワーの足元の芝公園19号地で木々の隙間から東京タワーを眺めながらくつろいでいると、強風に煽られてたくさんの葉が舞い、東京タワーを包んでいました。これは撮りたい!と思わずにはいられず、上を向いて、強い風が吹き、たくさんの葉が舞うのを待ちました。
そして何度も何度も風に吹かれては舞い散る葉を撮影しました。時にはカメラに落ちて来る葉もあったり、背中に入ったりと楽しめましたよ。
カーソルを乗せ、クリック、ダブルクリックしてご覧ください。


大きな葉も飛んでるよ!なんて思ったらハトだったということも!
煙に巻かれず葉に巻かれました!
東京タワーと落葉とハト

前回の後半の芝公園4号地のイチョウと東京タワー。ここで眺めていても強い風に煽られてイチョウの葉が次から次へと舞っていました。イチョウの葉はしっかりと形を見せてくれたりとサービス満点でした。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


きれいに飛ぶなぁと思ったらまたハトだったりということもありました。
イチョウかと思ったらハト

下から東京タワーを見上げて落ちてくる葉を撮ってみようと思ったら、落ちてくる葉よりも落ちた葉が風に巻き上げられてカメラの前を通過!怖くはないのに一瞬ドキッとするのはなぜなんでしょうね。
カーソルを乗せてご覧ください。


カメラを地面において(イチョウの実の上をしっかりとよけて)撮影してたら、ちょうど女の子が通りかかってくれました。まるで女の子がいちょうの葉を巻き上げて通り過ぎたかのようです。まさか風の又サブ子?
撮りたいと思っても撮れない写真が撮れると嬉しいですね。風も何のそのですよ。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

東京タワーと黄葉・紅葉

綺麗な青空が広がっていたのですが、風がとても強く吹いていた12/8(土)に出かけたのは東京タワー!といっても登りはしないんですけどね。
周りの紅葉や黄葉と東京タワーを撮るためです。赤い東京タワーと黄色いイチョウ、赤いモミジを撮りたいと思いませんか?って毎年のように出かけてるんですけどそれでも撮りたいんです。

都営地下鉄三田線の芝公園駅で降りてすぐの芝東照宮へ。
ここには御神木の大イチョウがあります。
この大イチョウは寛永八年(一六四一)安国殿の再建に際し、三代将軍徳川家光が植えたものと伝えられるイチョウの木なんです。
このイチョウの木と東京タワー、そしてこの木がどれぐらい大きいかをカーソルを乗せてご覧ください。
右下に野球少年がいるので大きさを比べてみてください。


ここから芝増上寺へ。
ここでは欠かせないモミジと東京タワーです。
境内の一隅の真っ赤に色づいたモミジと赤い東京タワーが合うんです!
カーソルを乗せてご覧ください。


境内のモミジと東京タワー、そして本堂裏手にあるイチョウと東京タワーです。
イチョウは散り始めてしまって葉の数が少なくなっていて残念でした。
モミジと東京タワー イチョウと東京タワー

そして足元の交差点の角に立つイチョウの木と東京タワー、そしてもみじ谷のモミジと東京タワーです。
カーソルを乗せてご覧ください。


芝公園4号地はイチョウの木がたくさん植えられていて、雌の木が多くてこの時期は銀杏の実が足の踏み場もないほどたくさん落ちていていろいろと大変なんですよ。
敷き詰められたいちょうの実

それはさておき、イチョウの木と東京タワーです。
この道はたくさんのドラマに登場しています。実は私も某ドラマで見て、あの場所はどこだろうと探しに歩いて見つけた場所でもあるんですよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


イチョウの木の中の東京タワーです。
どこに写ってるかわからない?なんて人はいませんよね。
そんな方のためにズームイン!
カーソルを乗せてご覧ください。


うーん、東京タワーはやっぱりいい!
桜のピンク、若葉の緑、イチョウの黄にモミジの赤、そして雪の白
どれをとっても絵になる。次は雪の日の東京タワーが撮りたいなぁ!

次回も東京タワーをお届けします。
風が強かったので・・・

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

お月見ツアーは増上寺・東京タワーへ

お月見ツアーは浅草寺から増上寺・東京タワーへ。
浅草寺でお月見した後、地下鉄に乗って大門駅へ移動。歩いて程ない増上寺解脱門前に到着!時刻は17:30。
もう暗くなっているんですよね。1ヶ月前はまだ明るさが残っていたのに。
信号待ちをしている間に月と増上寺解脱門と東京タワーは撮りたいと思って狙ってみたら、なんとぎりぎり収まってくれました。
月と増上寺解脱門と東京タワー

暗くなった境内へ。
静かに夜を迎えようとする本殿とライトアップを冬バージョンに変えた東京タワー、そして月。
この先、どれぐらいの年月、この組み合わせはあり続けるのだろうか。
そう思いながら眺めていました。
カーソルを乗せてご覧ください。


そして東京タワーへ。
信号待ちしている間に月と東京タワーを撮影。なかなか厳しい位置にありますよ。
月と東京タワー

東京タワーの足元に移動したのですが、月の位置があまりいい位置になかったのでしばらく眺めて、月と東京タワーが見やすいちょっと離れた場所に移動。

東京タワー東京タワーと背比べするような芝公園23号地のメタセコイヤ林を抜けて、25号地の広場へ。
ここからは東京タワーと月がすぐ近くに見えていいポジション。
いい位置のベンチには先客がいたので離れて撮影。
木々に透けて見える東京タワーもいいものだ。


4号地に移動して見上げると星も見えました。東京タワーの上に夏の大三角形です。
都心でもこれぐらいの天体観測は出来るんですよ。
残念ながら東京タワーは写りませんが、ちょっと赤っぽい感じは東京タワーの明かりです。
夏の大三角形

さらに!月の地球照も撮れるんじゃない?と撮ってみたら、地球照だけではなくなんと近くにいくつかの星らしきものが写ってました。かえって調べてみると射手座の星のようでした。
こんな天体観測まで都会のど真ん中で行なってしまった!
射手座の星と月

そして最後は芝公園内のお気に入りの場所で東京タワーと月の記念撮影です。
東京タワーがVサインしています!
「お月さんと撮ってくれてサンキュー!」
Vサインする東京タワー

と、こんな具合にお月見ツアーを楽しんできました!
宮沢賢治の時代には考えられなかったような東京タワーや東京スカイツリーと愉しむお月見。
時代は変わってもお月見は永遠に不滅です!
思い思いに月を眺めましょう!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

夏空の下の東京タワー

9月に入ってからは毎日のように雲が広がり雨が降っています。それでも気温は真夏日を超えて蒸し暑い日々。
それでも、早朝にはセミの声よりも虫の声がよく聞こえ始め、セミの夏から虫の秋へと四季のバトンリレーが行われつつあります。
ですが、まだまだ夏の話題。
8月の末に撮った、熱い夏空の下の東京タワーをお届けします。

まずはおなじみ都庁展望室からの眺めです。
東京湾からの雲の列が続く空の下、さて、東京タワーですがどこにあるでしょう。
一番左に東京スカイツリー、右寄りとんがっているのは代々木のdocomoタワーで、一番右の黒いビルの左側にあるのが東京タワーです。
夏空の下

「夏空の下の東京タワー」の続きはこちら
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

オリンピックカラーの東京タワー

日本選手が金メダルを獲得すると東京タワーがオリンピックカラーに特別ライトアップされるのをご存知の方もいると思います。
いくつか獲得するだろうから一度は撮りたいと思っていたら、さっそくそのチャンスがやってきました。

7/31の早朝、ロンドンオリンピックで女子柔道で金メダルを獲得。
ライトアップは日没からだから19時頃に行けばライトアップされた東京タワーが撮れる!
しかもこの日は月の出が17:06だからライトアップされる頃には見える高さに来てるはずだからライトアップされた東京タワーと一緒に月見も出来る好条件!

ライトアップ前に東京タワー付近に到着すると、月の見える位置を探して芝公園とは反対側へ。
夕焼け空と東京タワーに十三夜の月そして見つけちゃいました、ライトアップ前ですが、ほんのり夕焼け色の空にそびえる東京タワーと十三夜の月です。

「オリンピックカラーの東京タワー」の続きはこちら
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

元にもどる東京タワー

7/23の記事「低くなった東京タワー!」で高さが333mから315mになった東京タワーをお届けしました。

そのアンテナですが、順調に交換が進み、8/2には元の高さ333mに戻ろうとしています。
その東京タワーを7/31に撮影してきました。
アンテナがもどった東京タワー

先端のアンテナがアンテナが元に戻りつつありますね!
もどったアンテナ

撮影に行ったのはこれだけが目的じゃありません。この続きはまた次回。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

低くなった東京タワー!

5/22に東京スカイツリーが開業し、デジタル放送用アンテナとしても運用され始めました。
その影で東京タワーは多くの役目から引退しています。

先日、芝の増上寺から撮影した東京タワーです。
どこかおかしいと思いませんか。
増上寺と東京タワー

「低くなった東京タワー!」の続きはこちら
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

東京タワーと八重桜:新宿御苑

新宿御苑から東京タワーが見えることは何度もお伝えしているのでご存知かと思います。
その東京タワーを桜とともに撮影してきました。
残念ながら東京タワー方向は青空ではなかったのであまりはっきりとはしていないんです。
桜はソメイヨシノが終わってしまったので八重桜です。

イギリス風景式庭園のすみっこに咲いている福禄寿(フクロクジュ)という名の八重桜が見頃を迎えていました。
青空に映えていましたよ。カーソルを乗せてご覧ください。


桜とプラタナスと東京タワーとこの桜の向こうのフランス式整形庭園に並ぶプラタナス並木の奥に東京タワーが見えるんです。
でも全体が見えるわけではなくて、本当に先端だけですよ。
それでもしっかりとアンテナ工事用の足場までわかりますよね。
もしあの場所に東京スカイツリーだったら倍近い高さですから一番手前のプラタナスの木と同じぐらいの高さに見えるのでしょう。
福禄寿と東京タワー


ここからイギリス風景式庭園の芝生を移動し、ところどころにある桜から東京タワーを確認するもなかなかうまく見えず。で、ようやくたどり着いた三角花壇のそばの八重桜。サクラの名前は忘れてしまいましたがこの桜からは東京タワーが見えるんです。
カーソルを乗せてご覧ください。


ちょっと角度を変えて一枚。奥の背の高い木はユリノキ(チューリップツリー)です。この花も間もなく開花です。
桜の木と東京タワー

いつ見ても東京タワーっていいなぁっと思います。
東京スカイツリーにはない温かさを感じるんですよね。取り壊すなんてことがありませんように。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

桜に包まれた東京タワー

前回、増上寺の境内の桜と東京タワーをお届けしましたが、今回も増上寺からお届けします。

増上寺本堂の裏手を回ると駐車場に出ます。
そこがまた一つの東京タワーとお花見スポット!
見る位置によって色々な組み合わせが楽しめるんですよ。
余計な言葉なしにお見せします。
東京タワーと桜

でも、私がいちばん狙っていたのはこの風景。
桜の額縁の中に東京タワーが収まっています。桜に包まれているようでしょ!
5桜に包まれた東京タワー

桜に包まれた東京タワー2


この駐車場からすぐに出られるザ・プリンスタワー東京の庭からの眺めもオススメ!
桜の中に東京タワーが立っているようですよね。ここからだとサクラと書いたほうが似合うかもしれません。
「サクラの中に立つ東京タワー」
ザ・プリンスタワー東京からの眺め

ふたたび増上寺の境内に戻り、安国殿前でちょうど屋根の上から差してくる夕日と桜と記念撮影です。
夕日と桜と東京タワーと 夕日と桜と東京タワーと2

東京タワーですよ。やっぱり東京タワーです。
一日に東京スカイツリーと両方の桜の風景を撮影しましたけど、ずっと見ていたいのはこちらですね。

おまけ

東京タワーのてっぺん近くに四角い塊がついているように見えますよね。気になった方もいるのではありませんか?
拡大してお見せします。
アンテナ工事用足場これは昨年の東日本大震災の際に曲がってしまったアンテナ部分を交換するための足場です。地上約300m付近に組まれているんです。
交換するアンテナを切断してからだるま落とし方式で撤去して新しいものと交換するもので、今年中には終わるとのこと。
ただ、この工事は地デジ化に伴うものでアナログ放送用機材の撤去などとともに当初から予定されていたそうです。

この工事によって一時的にせよ完成後はじめて東京タワーの高さが低くなり、313mになっちゃいます。
この時期は6月中旬。そして8月には元の333mに戻る予定とのこと。
この他に耐震補強工事も予定されていて、すべてが終わるのは2014年秋ごろの予定。
低くなった東京タワーも必見!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

東京タワーと桜の共演

浅草に行って、東京スカイツリーそして浅草寺で桜の撮影をした後むかったのは東京タワー!
東京スカイツリーと桜を撮ったならば、芝・増上寺の境内に広がる桜と一緒に東京タワーを撮らなくては!ですよね。

いきなりですが、増上寺境内から撮影した写真をカーソルを乗せてご覧ください。


赤い東京タワーとピンク色のサクラ。どっちが主役かなんてそんなの関係ない。
お互いにひきたてあって美しさが2倍にも3倍にもなってます。
東京タワーとサクラ

増上寺本堂の裏手、墓地側にも桜が咲いていて、こちらから見る桜と東京タワーも見事なんですよ。
55DSC96642.JPG

よくぞここに東京タワーを作ってくれたと思いますよ。
そして、この色、このデザイン。安定した雰囲気がたまりません。
桜・さくら・サクラ、そして東京タワー
東京スカイツリーもいいけど、やっぱり東京タワーと桜の方が見ていて癒されますね。
桜と東京タワー

次回は、私いちばんの東京タワーと桜の撮影スポットからお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

夜明けの東京タワーと東京スカイツリー

1/28(土)の今日、いつもの通り早朝ウォーキングへ。
今朝はいつもと違うルートで歩き、ウォーキングでははじめてちょっと高台にある小山八幡神社へ行きました。そこでちょっと楽しみなものがあったからなんですよ。

八幡神社から撮った朝6時26分の北東の空です。
東の空から朝が迫ってくる風景の中にタイトルの「夜明けの東京タワーと東京スカイツリー」が写っているんですよ。
クリックして探してみてください。
明け方の北東の空

わかりましたか?真ん中からちょっと左手側なんですけどわかるわけないですよね。
こんな感じです。東京タワーは灯りが灯っているのでわかりやすいのですが、東京スカイツリーは本格点灯していないので明るくなり始めた空の下でぼんやりしています。
東京タワーと東京スカイツリー

もうちょっとズームイン!
朝焼けの中の東京タワーと東京スカイツリー
朝焼けの中の東京タワーと東京スカイツリー

地平近くが赤く、空が青い朝の空です。
左下の方に東京タワーと東京スカイツリーがあります。
静かに見つめられるささやかだけどとても大きな幸せ。
朝焼けの中の東京タワーと東京タワー

「夜明けの東京タワーと東京スカイツリー」の続きはこちら
posted by ブドリ at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。
どのような新年をお過ごしでしょうか。

我が家は今年も年末から甥っ子一過が泊まりに来てあっという間に大晦日・元旦が過ぎて行きました。

撮り初めは初日の出、と思っていたのですが朝起きると雲だらけでかなわず。
それならば富士山と考えていました。
悠真一家が帰ったのが14時過ぎだったので、夕方の富士山ならと思ったのに、家から西の空を見ると雲が広がっていて、ちょっとダメそうだったので、こんな日でも確実に撮影できる東京タワーに行くことにしました。

年が明けた今日から大展望台のお台場側と六本木側の2面には「2012」の年号表示がされます。
ここ数年、撮影に来ているので今年も逃さずに撮影しました。
2012・東京タワー

そして、元旦のこの日は上弦の月。
空が明るいうちは雲が多くてなかなかとらえられなかったのですが、空が暗くなった頃には雲が少なくなって、なんとか顔を見せてくれました。
東京タワーの正面には「A Happy New Year」の文字が浮かんでいたので、上弦の月と一緒に記念撮影です。
東京タワーと上弦の月

あらためて、あけましておめでとうございます

新年早々、東北地方から中国地方まで揺れる地震がありましたね。
気持ちを新たにしても東日本大震災のことを忘れてはならない、教訓にせよ、とのお告げのように感じました。
油断はできませんが、みなさまにとって希望に満ちた1年となることを願っております。

私は富士山・月・東京タワーを3本柱に据えながら、東京の庭園や植物園、身の回りの花々や四季の移ろいをお伝えしていこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「新しき 希望を胸に 年初め」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

東京タワーと平和の灯と

クリスマスが過ぎると街は一気に年末ムード。
東京タワーもクリスマスムードから年末恒例の年号表示に衣替えしました。
カーソルを乗せてご覧ください。


東京タワーがいいのはやはり裾野の広がりにあると思うんです。安定感を感じさせるし、どこか富士山の裾の広がりに通じるものを感じさせてくれますよね。
東京タワー

芝公園には平和の灯というものがあります。
この平和の灯は港区のポータルサイトに次のように書かれています。
平和の灯
『平成17年8月15日、「港区平和都市宣言」を行ってから20年が経ちました。これを記念し、区立芝公園に設置しました。
ここに灯された「火」は広島市の「平和の灯(ともしび)」、福岡県八女市の「平和の火」、長崎市の「ナガサキ誓いの火」をあわせたものです。
この灯(ひ)を通じて、戦争の惨禍と平和の尊さを後世に伝えてまいります。』


この平和の灯を通して東京タワーを見つめてみました。
平和の灯と東京タワー

平和の灯に祈る未曽有の大災害に見舞われた今年。
非常に多くの方が命が失い、家族を、友人を失い、体や心に傷をおわれました。
原発事故によってふるさとを失う危険にさらされている方もいます。


戦争の惨禍と平和の尊さを伝える平和の灯ですが、この灯の前で来年は落ち着いた年になり、気持ちが安らぐ年になるよう祈らずにはいられませんでした。

カーソルを乗せてご覧ください。


「燃える灯に 平和を願う 年の暮」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

東京タワー・クリスマス・ライトダウンストーリー

東京タワーには「ライトダウン伝説」というものがあります。
これは「午前0時のイルミネーションが消灯される瞬間を恋人と一緒に見ると幸せになれる」というもの。

そんなロマンチックな伝説にちなんで東京タワーではクリスマスのイベント「クリスマス・ライトダウンストーリー」が12月1日(木)から25日(日)まで開催されました。

通常午前0時に消灯するライトアップが1期間中は、毎日19時半に一旦消灯。
そして再び通常のライトアップに戻るまでの30分間、大展望台に浮かび上がるピンクのハートマークや、大展望台から地上へと繋がるフラッシュライトが、クリスマスソングに合わせて光のショーが展開されました。

そんな模様を今年も一人で世界貿易センタービル40階展望室「シーサイドトップ」から撮影してました。

場所をとったのが18時。始まるまでまだ1時間半もあるので、せっかくなのでここで天体観測。
眺めている方角は東京スカイツリーと夏の大三角形を撮影していた方角とほぼ同じなので、見えるに違いないと夜空を探し、そして見つけました。
クリックすると一回り大きな写真が見られます。
あの節電はなんだったのかと思うぐらいの明るさ。もうちょっと東京の空が暗いと星も見やすくなるのに。
東京タワーと夏の大三角形

まもなくライトダウンまもなく始まる19:29
ランドマークライトの東京タワーです。


ライトダウン19:30 そして、ライトダウン


光のショーの合間に灯るハートのマーク。
灯りの消えた東京タワーに灯るハート。
カーソルを乗せてご覧ください。


いろいろなライトアップの中にハートが浮かびます。
カーソルを乗せてご覧ください。


こんな灯り方も
灯るハート

レインボーカラーのダイヤモンドヴェールになり始めた東京タワーとハートマーク
ダイヤモンドヴェールの始まりとハートマーク

そしててっぺんまで灯ったダイヤモンドヴェールとハートマークです。
カーソルを乗せてご覧ください。


これだけでは面白く無いので、GR-DIGITALのインターバル撮影を使って、消える前からダイヤモンドヴェールとハートマークが灯るまでの30分少々を30秒間隔で撮影したものを1枚1秒にして動画にしてみました。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

東京タワー・イルミネーション

クリスマスも過ぎ、一気に年末の雰囲気が漂っていますが、東京タワーのクリスマスの模様を今回と次回お届けいたします。

いつもはもっと早めに行ってお伝えしているのですが、今年は土日がなにかと忙しく、撮影にいけたのが12/25(日)の最終日。というわけでこんなに遅くお伝えするというわけです。

いつもの様に賑やかな東京タワーの足元。
大きなクリスマスツリーもありました。
カーソルを乗せてご覧ください。


キラキラと光りの通路が出現
そして去年は悠真も喜んだ光の電車。今年も子供たちは歓声をあげていましたよ(^^)
カーソルを乗せてご覧ください。


光のオブジェの中から見上げた東京タワー
光のなかに閉じ込められたみたいです。
東京タワー・イルミネーション

暗くなってくるとそれぞれのイルミネーションが輝きを増してきます。
ツリーやオブジェなどがキラキラです。
あれ?東京タワーに誰かよじ登ってますよ?
東京タワーの足元のイルミネーション

今年はサンタクロースが東京タワーによじ登っちゃってま〜す!
カーソルを乗せてご覧ください。


ツリーの足元の大きなクリスマスツリーは時間ごとに音楽と光のショーが行われるんですよ。
音はありませんし全てお見せできませんので雰囲気だけをカーソルを乗せてご覧ください。


東京タワーの正面には「MERRY CHRISTMAS」と映し出されていました。
55DSC74167.JPG

東京タワー下でイルミネーションの撮影をしたあと、芝公園を抜けて行く途中です。
公園内の街路灯が東京タワーへと導くように灯っています。雰囲気を変えて2枚、カーソルを乗せてご覧ください。
ここはよくドラマにも登場しますよ。


そしてここから向かったのが浜松町駅前の世界貿易センタービル。
そこから眺めた模様は次回お届けいたします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京タワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする