2013年02月26日

ダイヤモンド富士:多摩川河川敷

今年はダイヤモンド富士が見られない!そう嘆いたのが2/20の記事「撮りたい!でも撮れないダイヤモンド富士」でした。
実はそう嘆いたその日の夕方に、完璧とはいえませんが、富士山の山頂に太陽がかかった瞬間を撮ることができていました。今回はその時の模様をお伝えします。

東京タワーと月見:Fisheyeこの日は昼食後に友人に悩み相談をして、その足で東京タワーの足元に行って、足早に東京タワーとお月見写真を撮影しました。

撮影 PENTAX Q+03 FISH-EYE


それからむかったのが多摩川の河川敷。東急多摩川線鵜の木駅から多摩川の河川敷に出たところから下流のガス橋付近でダイヤモンド富士が見られる予定でした。
東京タワーに寄り道し、多摩川駅から沼辺・下丸子・鵜の木と3駅分河川敷を歩いたので到着が17時頃。富士山にかかるのが17時10分ごろなのでほんとにギリギリ。
場所を選んで富士山方向を見ると雲が広がっていて富士山の姿が見えませんでした。
見えない富士山

またかぁと諦めたくなりましたが、
「これぐらいの雲だと太陽が近づくと雲がどくパターンもあるからあきらめずに太陽が沈むまで見届けよう!」
そう心に言い聞かせて待ち続けました。

太陽が傾いて富士山に近づいてくると、次第に雲が薄れ富士山の左稜線、そして山頂が見えてきました。
見えてきた富士山

そして17:13、太陽が山頂にかかりました。きれいに富士山の稜線が見えてないけどようやく見られました!
太陽が富士山にかかった瞬間

富士山にかかるまでは気をもむんですけど、かかってからは動く速さに驚かされ、撮ることだけに集中。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください


17:17 富士山の足元に太陽が沈んで行っちゃいました。
富士山にかかってから太陽が見えなくなるまで4分弱の天体ショー。あっという間の出来事なんですよ。
夕日が沈んだ

雲が多くて満足とはいきませんでしたが、この冬はじめて山頂に太陽が沈むところを撮れました。
頭の上は晴れていても富士山付近が問題なので、よく晴れたから撮れるかなぁと思ってもなかなかうまくいきません。

そして、もっときれいに撮りたいと、25日に羽田空港第一旅客ターミナルの展望台で挑みました。
風が強く頭の上は晴れでしたが・・・(--;)
直前になって富士山の稜線は見えてきたのですが、山頂付近は厚い雲の中。山頂にかかった太陽が山腹にチラッと顔を見せただけでした。なんとも残念。
わずかに富士山

もう一つの目的の国際宇宙ステーション(ISS)を第2旅客ターミナルに移動して撮影できたのは御の字。
その様子は銀河鉄道の月「2013年2月25日 十六夜の月とISS(国際宇宙ステーション) at 羽田空港」に掲載していますのでご覧ください。

寒くて風があると東京からは富士山が見やすいはずなのです。それなのに今年は見られない。というより私が行くと見られない。行いのせいだろうか?お祓いでもしてもらおうかなぁ。
この冬、あとは横浜港大さん橋しか行きやすい場所はない。狙うしかない!

「気まぐれな 乙女に見えし 冬の富士」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

撮りたい!でも撮れないダイヤモンド富士

東京近郊ではただ今ダイヤモンド富士前線が通過中。
現在は大田区付近を進んでいます。

都庁展望台から見られる2/1からだいたい私も都内でダイヤモンド富士を追い掛けて撮影にチャレンジ中なのですが・・・この冬はまだ一度も機会に恵まれません。
毎日追いかけられれば撮るチャンスも多いのですがそうは行かないのが実情。
基本は土・日・祝日。
これがまたタイミングが悪い。
見えそうな日は用事があってだめ、撮りに行こうと思うと曇りや雨。
晴れてるからと行けば・・・そんな状況です。

2/9は薄曇りで可能性があったのですが悠真の家、2/10は目黒から見えたかもしれないのですが、ISSの撮影もあって多摩川に出没。
そして2/11(月)、この日は満を持して目黒でのチャレンジ!だったのですが(--;)
昼間はよく晴れていたんですけど、夕方になるにつれて西の空に雲が広がりだし、富士山の姿は少しも見えずじまいでした。17時の様子です。予定では17:03に太陽が富士山にかかるのですが、太陽すらも見えなくなってしまいました。
雲の中の富士山

2/14(木)この日はいろんなことでモヤモヤして空を眺めていた日。
東急目黒線大岡山駅にある東京工業大学の線路にかかる橋の上からダイヤモンド富士が見られる予定。
ところが地表付近は厚い雲。下から3番目の電線付近に山頂があるはずなのですが、全く富士山が見えません。アンビリーバボー!
またしても雲の中の富士山

2/16(土)、17(日)は多摩川浅間神社から見られる日。
でも、16日は悠真が遊びに来たので撮りに行けず。
そして17日。お昼にライブカメラで新宿などから見たら綺麗に富士山が見えていたのですが、午後になると雲が出たり消えたりのめまぐるしい日。
小石川後楽園で梅の撮影そしたあとで、多摩川浅間神社へ!
しっかりと神社をお詣りして、見晴台へ。
富士山が綺麗に見える!この時16:32。太陽が富士山にかかるまであと30分あまり。
今回こそはと期待大!でも、富士山周りの雲の挙動が気にかかる。
多摩川浅間神社から富士山

16:45 山頂に雲が!しかも徐々に大きくなってる。
雲よ広がるな!

17:04 太陽がだいぶ近づいてきたけど、ふ、ふ、富士山が雲の中に・・・(--;)
かろうじて左の稜線が見えているので雲がどいてくれるのを期待。
雲が富士山を・・・

17:09 富士山の山頂にもうまもなく太陽がかかるというのに富士山が見えなくなっちゃいました!
富士山は雲の中

17:10 山頂にかかったはずなのに、またしても富士山も太陽も見えず(--;)
ダイヤモンド富士の頃なのに

頭の上が晴れていても富士山のところだけ雲がかかるということは往々にしてあることなのですが、それにしてもこの確率。100%ですよ。
なんてこった!
運がないというのか、運に見放されているというのか。
シーズンに1度は富士山頂にかかる太陽を撮りたいですからね。今週末も多摩川沿いを南下して、羽田空港、そして横浜港大さん橋で見られる3/9まで追い掛けてしまうぞ!

「やっぱりか! ダイヤモンドに 縁がない?」

「冬の富士 乙女の如く 拗ねてみせ」


と、記事を書いておいたら、2/20(水)に綺麗に富士山が見えたわけではありませんが、山頂にかかった太陽を撮ることができました。この様子はまだ後日。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

ダイヤモンド富士 羽田空港国際線ターミナル

悠真と新幹線見物のはずでしたがそれはちょっと先に延期して、新鮮な写真をお届けします。
10月になると、東京近郊ではあるシーズンが始まります。
それがダイヤモンド富士!
10月初旬は横浜港付近で、そこから徐々に北上を始めます。太陽の沈む位置が南に移動するため富士山の反対側では北へと移動するんです。
そして10/15に羽田空港に到着。とはいってもいけませんが。残念ながら曇り空。多くの人ががっかりしたことでしょう。
翌日の10/16は羽田空港から見ると太陽は真ん中には沈みませんが、それでも富士山の山頂にかかる予定なので行ってしまいました。都内で見られる最初といってもいい場所ですから撮りたいんですよ。

カシミールというソフトがあって、ダイヤモンド富士を予測できるんです。
撮影地点を設定して富士山を目標にして日にちを合わせるとどのように見られるかが分かるんです。はこのように見られるはずなんです。羽田空港国際線ターミナルだとこのように見える予定でした。
羽田空港国際線ターミナルダイヤモンド富士予想図

さていかに!
天気は雲ひとつない快晴。富士山方向も大きな雲はなし。
富士山は雲がなければ見えるとお重いでしょうが違うんですね。日の光を受けると日中は見えにくいんですよ。この日もなかなか見えず、見えるだろう位置をじっと見つめていて、山頂付近が見え始めたのを確認。何枚も設定を変えて撮影するのですが、写真では見えないんです。それだけ目は素晴らしいということです。目は大事にしましょうね。
ようやく山頂が写った写真には、鳥が写り込んでいました。この鳥はなんとサギ!頭の上を通過して行く姿で確認できました。富士山がどこに写っているかわかりますよね?
サギが飛ぶ空

さてさて本題。16:52頃に富士山にかかる予定。
時刻せまる16:51、国際線ターミナルを出発したモノレールがさしかかりました!
ダイヤモンド富士直前、モノレール差し掛かる

モノレールが通ったなんて目を奪われていたら、太陽が富士山にかかってる!時刻は16:52:08。ほぼ予定通り!
富士山にかかった太陽

これから太陽が沈むまでどれくらいの時間だと思いますか?5分?10分?さてどうでしょう。
富士山にかかってから1分後、16:53:02の写真です。
どうですか、もう半分ぐらい沈んでしまいました。
半分沈んだ太陽

それから40秒過ぎる頃にまたモノレールがさしかかりました。この時点で8割ぐらいが沈んでしまいました。時刻は16:53:48
太陽が沈む直前、モノレールが差し掛かる

16:54:08 もうほんのちょっとで富士山の向こうに見えなくなってしまいます。
富士山に太陽が沈む直前

16:54:10 太陽は富士山の向こう側に見えなくなってしまいました。
富士山に太陽が沈んだ!

17:03 まもなく日の入りを迎える太陽が富士山の影を空に映し出していました。
浜松町からのモノレールがさしかかり、左上には羽田を飛び立った飛行機が短い飛行機雲を描きながら飛んでいました。
モノレールと飛行機雲と富士山と

どうですか、時間にしてわずか2分間です。2分間で太陽1つ分の距離を動くんです。なにが?って、地球が自転しているんですよ。普段は意識することなく生活していますけど、ダイヤモンド富士を撮ったり月見をしている時には自転の速さを感じずにはいられません。地球上のものは自転の速さに振り回されもせず絶妙なバランスのもとに地球は存在するんですよ。これってすごいことですよね。

もうちょっと大きな写真を見たいという方はこちらをご覧ください↓


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

コロコロダイヤモンド富士・多摩川浅間神社

2/19(日)この日は前日の相生坂でのダイヤモンド富士の撮影の成功を受けて、また今日もと多摩川べりで狙おうと向かいました。
ところが富士山付近は雲が多いうえに武蔵小杉周辺の建設ラッシュでどこに富士山が見えるのか。予想はしていったもののまったく位置がわからないので諦め、真上に落ちなくてもいいから夕日と富士山を撮ろうと富士山の位置もよくわかっている多摩川浅間神社へ向かいました。

それが大正解!
浅間神社の見晴らし台から夕日を眺めるとなんとも見事に光芒が広がってるじゃないですか。
撮影してたらカモメが横切っていくし、これは歓迎されちゃったなぁ、と内心ニンマリ。
カーソルを乗せてご覧下さい。


そろそろ富士山にかかる時刻だなぁとファインダーを覗くけど富士山が見えてこない、と思ってたら、富士山の山頂だけ見えてしかも右端に夕日がかかってるじゃないですか!
慌ててシャッターを切るとまたまたカモメさんが横切ってくれました。
富士山にかかる夕日を眺めるカモメ

富士山にかかってから約1分ごとの移り変わりをスライドショーでどうぞ。


スライドショーを見てお分かりだと思いますけど、太陽が沈んでいく途中で天へと光の柱が伸びています。
これはカメラの具合で撮影できたものではなく、肉眼でもはっきりと確認できました。
これは太陽柱とよんでもいいのでしょうか。とても神々しく見えました。
太陽柱が伸びる

太陽が沈んだ直後、地中から光が溢れてくるようなところに鳥が!
カモメかどうかはわかりませんが、いいタイミングで現れてくれました。
しかも富士山の影が左上空に現れています。なんて嬉しいの!
光のなかに鳥現る

平日は曇っても週末さえ晴れてくれればハッピーなこの時期。
この冬はなかなかいい富士山が撮れてて嬉しくてたまりません。
今週も平日は雲が多めで土日はなんとか晴れそう。次行く場所はもう決めてます。
撮影できたらお届けしますのでお楽しみに。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

ダイヤモンド富士・相生坂

2月の東京での楽しみといえばダイヤモンド富士の追っかけです。
先週は目黒でのダイヤモンド富士(ダイヤモンド富士・目黒)をお届けしましたが、今回は大田区にある相生坂から撮影したダイヤモンド富士をお届けしましす。

眺めはこのような感じになります。
正確には相生坂ではなく、相生坂上にあるJRの線路にかかる橋の上からです。新幹線の上になるので撮り鉄には絶好のスポットです。
相生坂からの眺め

雲が多いのですが富士山ははっきりと見えています。上空にかかる雲の隙間から富士山を照らすように光芒があふれでています。ますます期待で胸が膨らみます。
富士山

どう撮ろうか、設定は、アングルはと悩み続けているうちに太陽が富士山にかかっちゃいました!
富士山にかかる夕日をじっくりと撮影することに決めて集中!
富士山にかかる夕日

撮影をしていたら、並んで撮影していた人が「来た新幹線、N700系」と言ったので、慌てて広角側にして線路も入れての撮影。
しかもちょうど富士山の真上にいい感じで夕日が乗っかった時にやってきてくれました。
どうやら関ヶ原付近の雪のために遅れたようなんですよ。天の恵みとでも言うべきか。
新幹線の隣は東海道線を走る成田エクスプレス(NEX)じゃないですか。感激です!
ダイヤモンド富士とN700系

通りすぎればまた富士山に集中!
間もなく沈みます。太陽からの光が眩しい!
ダイヤモンド富士

もう沈む〜
富士山に沈む夕日

陽が沈むと空には富士山の影が浮かび上がりました。富士山をひっくり返したような感じで左上方に見えています。小さいほうがわかりやすいので小さくお見せして起きますので、クリックして大きい写真をご覧下さい。
空に浮かぶ富士山の影

富士山に太陽がかかってからわずか3分の出来事です。
そのためにここにたくさんの方が撮影に来るんですよ。通りすがりの方も携帯を構えたりと、この付近でざっと見たところで10数名いたかと思います。おまわりさんも何事かと見回りに来ました。

いやー、きれいなダイヤモンド富士でした。2週続けてよく撮れて大満足!

富士山の写真ブログトーナメント - 旅行ブログ村
富士山の写真ブログトーナメント


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

ダイヤモンド富士・目黒

2/12(日)の夕方、実に久しぶりに太陽が富士山の山頂に沈んでいくところを撮影出来ました。
いわゆるダイヤモンド富士です。
場所は目黒。そう、都会の真ん中の目黒の路上から見たダイヤモンド富士です。

17:00 太陽はまだまだ富士山から離れています。
夕日と富士山

17:05 ちょっと見にくいのですが、夕日が富士山の山頂にかかりはじめています。
わずか5分でこんなに移動してるんですよ。
富士山にかかり始めた夕日

17:06 もう3分の2ぐらいがかかっています。
富士山に沈みゆく夕日

17:07 富士山の山頂にフタをするように夕日がかかりました。
山頂にフタをした夕日

17:08 富士山の向こうに夕日が沈みました。
富士山の後ろに沈んだ夕日

17:09 夕日が沈み、オレンジ色の空に包まれる富士山です
オレンジ色の空の富士山

太陽が富士山にかかってから沈むまでわずか3分のショーでした。
さて、この瞬間をどのような場所で撮影していたかというと、とある坂の上の歩道上で、ひっきりなしに人が通行します。そんな場所で迷惑にならないように撮影するため撮影に来ていた他の方二人と縦に並んで撮影していました。撮影できる場所が少ないので場所の詳細は語りませんが、こんな場所で撮影していました。それでも分かる人にはわかってしまうでしょうね。
坂の上から

この瞬間だけのためにあちこちを探しまわっている方もいるんですよ。私もその一人ですが、頭の上は晴れていても富士山付近に雲が出たり、曇ってしまったり、天候に左右されてなかなか出会えないんです。それだけに一度見てしまうとその魅力に取り憑かれてしまうんですよね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

秋の富士山と夕日

今年の秋は週末に天気が崩れる日が多く、思うような撮影が出来なかったものがあります。
それは「ダイヤモンド富士」です。
10月から11月にかけては横浜から東京都心へとダイヤモンド富士が見られる位置が北上していく時期なんです。11/21は練馬区役所付近で見られるはずですが、平日ですから行けるわけも無し。
毎年のように追いかけているのですが、この秋は天気とタイミングが合わず、全く機会に恵まれず、一度も撮影することができませんでした。
それでも少しは富士山にかかる太陽を見たいと文京シビック展望台に行きました。
足を運んだのは11/13(日)、そう、悠真とアソボーノに行き、文京シビック展望台に行った11/12(土)の翌日に再び行ったというわけなんです。

と、その前に、近くにある小石川後楽園で くつろいでいた時のことです。
時刻は15時少し前。
空にいわしの大群が泳いでいると思ったら、太陽の近くまで泳いでいって、鮮やかな光環を見せてくれました。
カーソルを乗せてご覧ください。


いわしの次にきつねの親子のような雲が迫り、光環を飲み込もうとしていました。
飲み込まれそうな光環

こんな具合に、今日の太陽は楽しそうな予感。ひょっとしたらいいものが見られるかも、時対しました。

文京シビック展望台からは綺麗な夕日が見えました。ビルの上で一休みする夕日です。
でも、これだけ見えるのは暖かくてもやっていて、夕日が明るすぎないからなんですよ。
休憩する夕日

富士山目前の夕日です。同じ形のビルが都庁で、本当ならそのすぐ左に富士山の山頂が見えるんです。靄がかかってしまって富士山が見えません。
富士山目前の夕日

それでは、この夕日から富士山にかかり、沈んでいく夕日を連続写真でご覧ください。
手持ち撮影なもので揺れるのはご容赦ください。
富士山腹に沈む夕日

富士山にかかったとき、半分沈んだ時、沈む直前をカーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


夕日がが沈むとかすかに富士山の姿が見えています。この位置に夕陽が沈むと富士山の影が空に浮かんだりして楽しみだったのですがそれも見られずちょっと期待はずれに終わってしまったこの秋の富士山撮影でした。
かすかに富士山

でも、この日の狙いはもうひとつあったんです。それは太陽とは反対側です。
居待月の出を狙っていました。日が沈んでから月の出まで2時間近くあったので東京ドームシティでイルミネーションの撮影なんかをして時間をつぶしてました(この模様は近日公開予定)。
そして、月の出を過ぎて見えてきた居待月です。
月の出は18:16、撮影は18:23とわずか7分後のことです。
こちらも地表付近はもやっていて月の色が赤く強調されています。
上る居待月

さて、今年はあと何回富士山が見られるでしょうね。

「富士望み 富士をと願い 秋深し(不可視)」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする