2012年05月01日

アケビの花

東京の桜は遅咲きの八重桜も散り始め、もう間もなく桜の季節が終わろうとしています。
もう少し桜の写真がありますが、今回はちょっと一休みして他の花をお届けします。

みなさんはアケビって知ってますか?
紫色の実の内側の白い部分を食べる木の実です。
実は見たり食べたりして知っているかもしれませんが、花の状態を知っている人は少ないと思います。
私もその一人で、自然教育園に行った際、初老のご婦人が木に絡まった植物の花を見ていたのでなんだろうと近寄ったら、「アケビの花よ」と教えてくれたんです。ここ何年も通っていましたがはじめて見ました。
それより、実がなっているのを見たことがないのはタイミングのせい?
気に絡まるアケビ

花は4月から5月に咲いて、木は雌雄同株で雌雄異花で淡紫色。
アケビの花


アケビの雄花花被は3枚で、雄花の中央部には6本の雄しべがミカンの房状につきます。


アケビの雌花雌花の中央部にはバナナの果実のような6から9本の雌しべが放射状につきます。雌花の柱頭(先端部)には、甘みを持った粘着性の液体が付いていて、花粉がここに付着することで受粉がおこなわれます。


でも、雌雄異花で蜜も出さないので、受粉生態にはよくわかっていない点が多いそうです。それでもあの大きな実がちゃんと出来て、今まで生き残ってきたんですから見事な受粉の仕組みがあるのでしょうね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
タグ:あけび
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

カタクリの花

東京で開花宣言が出された31日の1週間前、足元には春を告げる花たちがようやく咲き始めました。
その一つがスプリング・エフェメラル(春のはかない命)の代表格、カタクリの花。
今年も自然教育園に撮影に行って来ました。撮影日は3/25(日)です。
例年より少し遅目の開花です。

カタクリの花カタクリ(片栗) ユリ科
種子が地中に入ってから平均8年目でようやく2枚の葉を出して開花する実に息の長い花。
でも、芽が地上に出てから10日程で開花するせっかちなところもあります。
昔は、球根から片栗粉(かたくりこ)を採ってたのはご存知でしょう。


カタクリの花は曇った寒い日や雨の日は開花しにくいのですが、この日は晴れていたのでしっかりと開いていました!
しっかりと開いたカタクリの花

でもまだこの日は半分ぐらいの花はうつむいたまんま。もうちょっと待ってと言ってました。
蕾のカタクリの花

早く咲いておいでと、3人組が話しかけてました。
女三人寄ればかしましい、なんて言いませんけど、賑やかそうでしたよ。
にぎやかなカタクリの花

後ろから日差しを受けて透きとおったカタクリの花もありました。
薄い紫色がとてもきれいでした。
カーソルを乗せてご覧下さい。


カタクリの近くでは、アズマイチゲがひっそりと咲き、シュンランが背伸びをし、アマナとスミレが再会を喜び合っていました。
アズマイチゲ

シュンラン アマナとスミレ

「春歌い よろこび 笑顔を 輝かせ」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

春を呼ぶ花たち:自然教育園

今の時期になると必ず足を運ぶのが目黒にある自然教育園。
ここにはひっそりと春を呼ぶ花たちが咲くからです。
その端は毎年のようにお届けしているユキワリイチゲに福寿草、そして節分草です。
今回は自然教育園で撮影したこの3つの花をお届けします。

節分草(セツブンソウ)キンポウゲ科セツブンソウ属
石灰岩地帯に群生して咲きます。石灰岩地帯は開発の手が入ることが多いうえに、ほかに花の無い時期に小さく可憐な花を咲かせることから、かなり採取の対象とされているようで、環境省レッドデータリストでは準絶滅危惧種に、関東以西の15都道府県の絶滅危惧種に登録されています。
撮影に行った2/18は咲いていたのはたったの一輪!
もう見頃でもいいはずなのにやはり開花が遅れています。
節分草

顔を出していた株も幾つかあったのですが、開花まで後少し。
「そろそろ花を開く?」
「でもまだ寒いよ」
「もうちょっとまとうよ」
なんて会話をしているかもしれません。今週末頃にはもっと咲いていることでしょう。カーソルを乗せてご覧下さい。


ユキワリイチゲ(雪割一華)キンポウゲ科イチリンソウ属
一華とは1本の花茎に1つの花が咲く、という意味で、積もった雪を割るように咲いてくることから雪割一華と名づけられました。
いつもの群生地にようやく目立つほどに咲き始めていました。いつもは1月には咲き始め2月初旬にはこれぐらい、中旬になると見ごたえありぐらいなんですが、やはり開花が遅れています。
ユキワリイチゲ

こちらは群生地とは離れたところですが日差しを受けて大きく花を咲かせていました。
日差しを浴びたくて飛び出してきちゃったみたいです。薄い紫色の花色がわかりますか?
カーソルを乗せてご覧下さい。


もう一息の花も。慌てないでしっかりとエネルギーを蓄えてから咲いておくれ。
蕾のユキワリイチゲ

言わずと知れた福寿草
新宿御苑だけでなく、ここでも太陽のお母さんに向かって、「たくさん日差しをちょうだい」とピーチクパーチクさえずっているようでした。
カーソルを乗せてご覧下さい。


今回紹介した花たちは偶然にもみんなキンポウゲ科の花たちでしたね。
これらの花は、春先に花を咲かせ、その後、夏までに光合成をして、あとは地下で過ごすスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral=「早春の瞬き」「春先のはかない命」「春の妖精」など)と呼ばれます。他に、カタクリ、チューリップ、ニリンソウ等の代表的な春の植物があります。

「ゆっくりと 静かに開く 春の夢」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

「シモバシラ」

1/29(日)の自然教育園。ほぼ9時の開園に合わせて家から40分のウォーキング。
そして一目散に向かったのがシモバシラ。
霜柱シモバシラといってもこの霜柱じゃありませんよ。


シモバシラの霜柱植物のシモバシラ。といっても花の時期は10月なので今は咲いていません。それじゃぁ何を見に行ったの?というとこれです。
シモバシラというシソ科の植物の根元にできる霜柱のような「氷の結晶」です。
ここ数年、見ようと思って自然教育園や皇居東御苑に朝一で何度か足を運び見に行っていたのですが、土が乾きすぎ、気温が下がりきらなかった、すでに茎が割れすぎていたなど、いい条件にならず見られなかったんです。今回は雪の後で水分はそれなりにある、気温も低い、それならば!と期待して見に行ってようやく出会えたんです。


大きいものでも茎のまわり直径1センチほどなので期待したものよりは小さかったのですが、数年越しの念願かなっての初対面ですから嬉しかったですよ。

形は実に様々。決して同じではないんです。
クリックすると大きな写真が見られます。
シモバシラいろいろ

冬の間、茎は立ち枯れてしまいますが、根はしっかり生きていて、根から吸われた水分が毛細管現象で茎まで吸い上げられます。
そして
 気温が氷点下ぐらいにまで下がった早朝
 雨や雪が降っていないとき
 まわりに雪が積もっていないとき
 強い風が吹いていないとき
などの条件が揃ろうと、茎に吸い上げられた水分が茎のちょっとした割れ目からはみ出して外気に触れて「氷」になり、それが横方向に少しずつ押し出されて氷の柱が成長、霜柱の「華」が咲いているように見えるようになる、可能性があるんです。あくまでも可能性です。

茎が裂けすぎると水分が上がらず見られなくなるので冬の早い時期、気温が上がると溶けてしまうので、朝早く見に行く必要があるんです。

「シモバシラ」以外でも、シソ科ではヒキオコシ、セキヤノアキチョウジ、キク科ではカシワバハグマ、シロヨメナ等でも見られるそうですよ。

上から見ると茎を中心に広がっているのがよく分かるんですよ。
カーソルを乗せてご覧ください。


まだ残っていた雪のすぐそばにシモバシラがありました。雪と並んで記念撮影。
カーソルを乗せてご覧ください。


細い筋がわかりますか。触れると壊れそうなシモバシラの氷柱。見ていてたまりません。
繊細なシモバシラPentax OptioW90

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

ツリフネソウ(釣船草)

アサギマダラを撮影した10/2(日)に目黒・自然教育園で撮影したので、もう花の時期は終わってしまいましたがツリフネソウ(釣船草)をお届けします。
アサギマダラについては『旅をする蝶「アサギマダラ」』を御覧ください。

ツリフネソウツリフネソウは北海道から九州に分布していて、半日陰の湿った場所に生育する、それほど珍しい花ではありません。
こういうふうに撮影しても何でツリフネソウかわかりませんよね。


横から見るとツリフネソウの名前の由来がわかるでしょうか。
花の形とつき方が帆掛け舟を吊り下げたように見えることから名付けられました。
名付けた方の想像力の豊かさにはいつも感心します。
カーソルを乗せてご覧下さい。


この花のすぼまってくるりと丸まった所がありますが、ここを距と呼んで蜜が分泌されています。そしてこの花の大きさはマルハナバチが潜りこむのにちょうどいい大きさで、マルハナバチに合わせて進化した結果なのだそうです。
釣船草

実はこのツリフネソウの仲間は前回紹介した雄花期と雌花期があって、花の咲き始めは雄花期で、雄しべが花粉を出し終わる頃に丸ごとポロリとはずれて、雌しべが現れ雌花期に移行します。
この花はまだ雄花期ですね。この記事を書いてて知ったので、残念ながら、雄花と雌花の違いをお見せできません。
その代わりに、マルハナバチになった気分で写真にカーソルを乗せて花の奥を覗いてください。
花の上からぶら下がっている部分がシベで、雄しべ(白い部分)が脱落しかけて雌しべ(真ん中の黒い部分・本当は緑色)が顔を出し始めている状態のようです。


ホウセンカと同じ仲間(正確にはホウセンカがツリフネソウと同じ仲間)で、熟した果実にちょっと触れるだけで種を勢いよくはじきとばします。まだ時期が早くてこの状態のものはありませんでした。
それにしても、花の形が特定の虫に合わせて進化したり、雄花と雌花の時期をずらしたり、子孫を広げるために弾き飛ばすように進化したりと不思議なことばかり。たった1つの花の世界にも人間では測り知ることのできない自然界の謎があるんですよ。

この中の一つでも知っていると、一つ花を見る楽しみも増えますよね。

岩手でも咲いているこのツリフネソウ、宮沢賢治の作品には登場していないのですよね(私が調べた限り)。
でも、面白い事に、宮沢賢治の誕生日の8/27の誕生花はツリフネソウ科のホウセンカでした。思わぬ偶然を発見。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

センニンソウ(仙人草)

自然教育園で見かけた花をお届けします。

センニンソウ(仙人草)キンポウゲ科センニンソウ属
つる性の多年草です。夏から初秋に、多数の十字状の白い花を咲かせます。
センニンソウ

花は白い花ですが、4枚の花弁に見えるのは実は萼片で、本当の花弁はありません。パッと見るとユキノシタのようにも見えますが、花弁に見えるのが萼片というのが同じだけです。
糸状にたくさん見えるのは雄しべです。
センニンソウの花

センニンソウという名前は、実の先端につく白い羽毛状のものを、仙人のヒゲに見立てたことからこの名が付いたいわれます。有毒な植物なので馬も食べないことから「馬食わず(うまくわず)」という別名や、牛が牧草といっしょに食べてしまうと歯が抜けてしまうことから、「牛の歯こぼれ」といった別名があります。それなのにセンニンソウの花言葉は、「安全」、「無事」なんです。
センニンソウのヒゲ1

センニンソウのヒゲ1 センニンソウのヒゲ1


宮沢賢治の作品にセンニンソウ(仙人草)が出てくるのでご紹介します。ただ、200行を越える長い詩なので、最初とセンニンソウが登場する部分だけご紹介します。
1922年9月18日、農学校の生徒を引率して未明の岩手山に登ったときの詩です。

詩「東岩手火山」

月は水銀、後夜の喪主
火山礫は夜の沈殿
河口の巨きなえぐりを見ては
たれもみんな愕くはづだ
(略)
三つの提灯は夢の火口原の
白いとこまで降りてゐる
《雪ですか、雪じゃないでせう》
困ったやうに返事してゐるのは
雪でなく、仙人草のくさむらなのだ
さうでなければ高陵土(カオリンゲル)
(略)
                               

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

国立科学博物館附属自然教育園にて

ようやく5/5の写真になります。
3日に亀戸天神から東京スカイツリー、浅草寺まで歩き、4日は広大な昭和記念公園を散策してまわりと、少々疲れも出ていたし、曇り空だったので、近くの目黒にある自然教育園に行きました。
疲れ気味と書いたのに、実は家から40分かけて歩いて行っちゃいました。さすがに帰りは電車です。

今回お届けするのは皆さんも御存知の野草です。

フタリシズカ(二人静) センリョウ科
フタリシズカ花穂が2本であるから二人静。実際は3本であったり4本だったり
静御前の霊が、吉野山で若菜摘みに出た娘に乗り移り、神職に「自分の跡を、1日経をあげて回向して欲しい」と求めます。憑いているのが静御前とわかると舞を所望します。昔の舞装束を取りだし娘がが踊り始めると同じ装束の静御前が現われ、義経が都を追われたときの様子を娘に寄り添って舞う、という謡曲の「二人静」に見立ててつけられました。


花穂が多くは上の写真のように2本なんですが、3本だったり、4本だったりするとあるので探してみたら、5本まで見つけました。カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


ホウチャクソウ
数が多いホウチャクソウ昭和記念公園でもお届けしましたが、こちらも数に注目。
普通は2個なのですが、いくつまであるかじっくりと見てみたら、4個までありました。
上が4個、下が3個なんですけどわかりますか?


オドリコソウ(踊り子草) シソ科
オドリコソウ緑の葉の付け根に咲く花が、笠をつけて踊る人の姿に見えることから名付けられました。


でも、そうですかね。このオドリコソウは茎を囲むように輪になって咲きますよね。だから輪になって踊り子さんが踊るようだからオドリコソウの方があってる気がしますけどね。
カーソルを乗せて花の様子をご覧ください。


「輪になって 明日を夢見て 踊子草」


五月も終わりですので、今回でゴールデンウィークに撮影した写真を終りにします。
次回はゴールデンウイークの自由研究をお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

春を告げる花々・自然教育園

前回は自然教育園のカワセミの写真をお届けしました。
今回は園内に咲く春を告げる花々をお届けします。

ヒトリシズカ(一人静)
名前の「静」は、源義経が好んだ「静御前(しずかごぜん)」で、花穂が1本であることから、一人で舞っている姿に見立て一人静ということです。
でも、咲くときはみんなで賑やかに咲いています。
時にはタチツボスミレに囲まれて、かぐや姫のように求愛されちゃってるのかも。
カーソルを乗せてご覧ください。


ニリンソウ(二輪草)
一株から二輪の花が策から二輪草。
でも、はじめから一緒に咲くのではなく、一輪咲いてあとを追うようにもう一輪。
同じ方を向いたり、背中を向けたり。
なかなか想いは伝わらないみたいです。
カーソルを乗せてご覧ください。


カタクリ(片栗)
万葉集で「もののふの 八十乙女らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花」(巻18)に詠まれている「堅香子(カタカゴ)」のこと。
自然教育園内には群生地が2箇所あります。
この日はちょっと寒くて花の開きがもう一つ。
でも、揃って春へのベルをならしているようでした。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


シュンラン(春蘭)
「春に咲く蘭」から「春蘭」。
ホクロ、ジジババなどの別名があります。ジジババというのは蕊柱を男性器に、唇弁を女性器になぞらえ、一つの花に両方が備わっていることからついた説と、花を正面から見て、頬かむりしたおじいさんかおばあさんが両手を広げて孫を迎えているという説があります。
一本でも春蘭、たくさんでも春蘭、豪華春蘭です、なんてね。
カーソルを乗せてご覧ください。


ウラシマソウ(浦島草)
花の姿が釣り糸を垂れている浦島太郎に似ていることに由来。でも、その釣り糸が何のためにあるのかは未解明。
きっと他の花と仲良くしたくて誘ってるのかも。
カーソルを乗せてご覧ください。


今年の春の訪れはちょっと遅目でも、春を告げる花達は、力強く、たくましく、そして優しく咲き始めています。
何があろうと、周りの環境がどうであろうと、しっかりと自分の役割を果たそうと咲いています。
今、私達も、何があろうと、慌てず乱れず、まずはしっかりと自分の日々の役割をはたすことが大事なときなのでしょう。

「それぞれの 衣装をまとい 春の花」
「顔上げて 今咲き誇る 春の花」


Spring bloomer
raise a head
in full glory


 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする