2011年05月28日

チューリップの精

今日は国営昭和記念公園に咲いていたチューリップをお届けします。
もうとっくに散ってしまっているので、間違えてこれから見に行かないでくださいね。

昭和記念公園では毎年、渓流広場下流の周辺にチューリップが植えられます。その数130品種18万球。どれだけの数でしょう。
見頃に行くとほんとにきれいなんでしょうけど、いつも行くのがゴールデンウイークの終盤になってしまって、一部は見頃過ぎで花も傷み、散り始めている状態なんです。
それでも、見頃の花も多くとても綺麗です。

一つひとつの品種名はお伝えせず、ドーンと見ていただこうと思います。

まずは色とりどりに咲くチューリップをカーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


昭和記念公園・渓流広場下流このような花壇がこの渓流の広場の周りを囲んで右にも左にもあるんですよ。


それでは続けて、チューリップの精かおやゆび姫がひょっこり顔を出しそうな色とりどりのチューリップをカーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


色とりどりのチューリップを眺めるのもいいですけど、一種類のチューリップを眺めるのもいいものですよ。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。

見える順番にバレリーナ、ダンシングショー、ドンキホーテです。


こちらもカーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。
こちらは品種名をチェックし忘れました。


さらにさらに、カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。

順番に、メントン、シャーリー、クラウディアです。


カラフルなチューリップを今年ものんびりと眺められる幸せをしっかりとかみしめました。
たくさんの人の力を借りて家からここまでたどり着き、この公園もたくさんの人の力によって運営・維持され、当たり前のように咲いて見えるチューリップは、多くの方の世話によって見事に花をつけているんです。
そういったひとつひとつのことを感じて花を大事に見て欲しいですよね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

ネモフィラの海・ポピーの絨毯

ゴールデンウィークに撮影した昭和記念公園の写真の続きです。

ゴールデンウイーク中の昭和記念公園は花があちこちに咲き誇り、どこに行っても花に包まれます。
今回はその中からネモフィラとポピーをお届けします。

ネモフィラの海ネモフィラの丘です。
ひざ下の高さで青いネモフィラの海が広がっていました。


青の花の中には波頭のように白いネモフィラの花も咲いていました。
青に交じる白い花


その青い花と白い花を交互に渡り歩いて一生懸命に花粉を集めるミツバチかアブがいました。
カーソルを乗せてご覧ください。


ネモフィラにナナホシテントウよくみると、ナナホシテントウもネモフィラの花にとまっていました。
一足早く海水浴気分なのでしょうか?


ネモフィラの海から顔を出す花たちもいましたよ。
黄色の菜の花に、紫色のホトケノザ。
息継ぎに顔を出したんでしょうね。
カーソルを乗せてご覧ください。


お次はアイスランドポピーの絨毯。こちらは腰の高さぐらいまであってふっかふっかです(なんてね)。
カーソルを乗せてご覧ください


「今年もたくさんの人に喜んでもらえてよかったね。」
「ほんと、きれいに咲けて、喜んでもらえてよかったわ。」
「じゃ、乾杯しよう」 「かんぱーい!」
と、あちこちで風に揺れながらたくさんのポピーが乾杯しあってました。
カーソルを乗せてご覧ください。


太陽目指すアイスランドポピー大震災で被害にあわれた方々や
福島の原子力発電所で不安な日々を送る方々が
太陽の光を全身にあびて咲くポピーのように
太陽の光を全身に浴びてゆったりと出来る日が一日でも早くおとずれますように。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

スズランの調べ

またゴールデンウィークに撮影した写真に戻ります。
今回から数回にわたって5/4に国営昭和記念公園で撮影した花の写真をお届けします。

ドイツスズラン一隅の木陰で静かに鈴の音を響かせている花、それがドイツスズランでした。
ここ数年、昭和記念公園にはこの時期に訪れているのにはじめて気がつきました。
ヨーロッパ原産で、スズラン(鈴蘭)より大型で,花と葉の高さがほぼ同じです。香水に使われるなど香りが強いのが特徴。


スズランの別名は 日本では大きな葉に隠れるように咲く姿を、愛する人をひっそりと影から見つめる姿になぞらえて「君影草」(きみかげそう)、「谷間の姫百合」(たにまのひめゆり)、ドイツではその花の形から「五月の小さい鐘」「天国への階段」といいます。
別名も表すように、慎ましやかで清楚な花です。でも、毒があるとは・・・

スズランの花たちがこぞってダンスパーティを行っているようです。
スズランのダンスパーティ


55DSC40562.JPG「お嬢さん、私と踊りませんか?」

55DSC40563.JPG「え、私でよろしいんですか?」
「あなたがいいんです」
「それじゃ、喜んで」

55DSC40564.JPG「さ、お手をどうぞ」
「よろしくお願いします」


「私はひとりで踊るのが好きなんだ。私のスッテップを披露しよう。とくとご覧あれ」
軽やかなステップ


Y字バランスステップは上手くないけど、私はY字バランス。
どうかしら?


フランスでは5月1日を『JOUR des MUGUETS〜スズランの日』とも呼んで、愛する人やお世話になっている人へスズランの花を贈る習慣があり、贈られた人には幸運がおとずれるといわれているようです。


「鈴の音を そっと響かせ 君影草」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

鯉のぼり

5月5日はこどもの日。
みなさんはどのように過ごされましたか。
東京はどんより曇り空だったのでおとなしく?過ごしてました。

そして、こどもの日といえば、鯉のぼりですよね。
5月4日に訪れた昭和記念公園で元気に泳ぐ鯉のぼりを撮影できたので、こどもの日記念にお届けします。

昭和記念公園に訪れたのはチューリップ(見頃過ぎ)やオリエンタルポピー(見頃)の撮影のためでした。公園内は非常に広いので、この二つ以外にも見所満載。園内を撮影しながら散策していて、花の丘(ポピーの丘)にたどり着きました。
ここのポピーはシャーレーポピーで、まだ咲き始めでまばらでしたので、撮影はしなかったんですけど、この丘からこもれびの里の鯉のぼりが良く見えたんです。
カーソルを乗せてご覧ください。


これはこれはと、この花の丘を下りてこもれびの里へ。
この日は風が強かったので、鯉のぼりは風に乗って雄大な泳ぎを見せてくれていました。
泳ぐ鯉のぼり


池も泳ぐ鯉のぼりこもれびの里の蛙合戦中のカエルの鳴き声が響く池の前に来ると、いや〜、カエルの鳴き声が真昼間だというのに賑やかなこと。ビックリしますよ。
そんな鳴き声などどこ吹く風と、空をおよぐ鯉のぼりが池の中でも泳いでいましたよ。


ぐるっと回って眺めてみると、鯉のぼり達が太陽に向かって力強く泳いでいました。
太陽に向って泳ぐ鯉のぼり


鯉のぼりが強い風をものともせず
大空を元気に泳ぐように
子どもたちよ
これから立ち向かう広い世界で待っているだろう荒波や困難に出会っても
それでも負けずにたくましく乗り越えて欲しい
乗り越えることがとても難しい時もあるだろう
そんな時は一息入れたり
方法を変えたりしながら
諦めずに立ち向かっていって欲しい
きっとその先には
新しい世界が待っているに違いないから
さらに広い世界が待っているに違いないから
子どもたちよ
がんばれ

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする