2012年01月25日

白銀の世界!

1/24の早朝、どんな白銀の世界が待っているのか楽しみに朝5時に起床(ホントはウォーキングのためなんですけどね)。
窓の外には白く降り積もった雪。これなら街も!の期待を胸にいつもの公園へ。
雪にたくさんの靴の跡いやー、思っていたよりも足跡とかが多いですね。
早起きなのか、夜更かしなのか。


雪はすでに氷となっていてとても滑りやすい状態。気をつけないと転びそうなので、ウォーキングというほどのペースでは歩けず、ゆっくりと林試の森ヘ。

すでに雪だるまが!この天気ならウォーキングに来ている人も少ないだろうから白銀の世界が!と期待して芝生広場へ向かうと、なんとすでに雪だるまが!
まだ6:17ですよ!
ほんとに早起きなんだか夜更かしなんだか!
もしかして雪だるまが歩いてきた?
「雪だるま
 おまえはそんなに
      早起きか」



雪化粧したベンチ雪の中に足を踏み入れたい気持ちを抑えて、広場の周りのコースを歩くと木のベンチが雪化粧をしていました。
まもなく夜明け。日に照らされて化粧が落ちるのをじっと待っているのでしょうか。


雪帽子をかぶった杭通路の仕切りの杭の上にも雪が積もっています。
雪帽子をかぶった杭が行儀よく行進の順番を待っているのでしょうか。
「夜明けが近いよ〜」
「融けないうちに早くしてくれよ〜」
なんて声が聞こえてきますよ


ぐるっと回って雪だるまの反対側から芝生広場を撮影。こちらは東向きになります。空が明るくなって来ました。
6:27と6:45の様子をカーソルを乗せてご覧ください。


雪に埋もれても枯れ草も足元で雪に埋もれても負けずにじっと耐えています。でも、この周りが一番早く雪が溶けるんですよね。


雪の中で遊ぶ犬と飼い主別の広場のヒマラヤシーダーの下では、犬の散歩中。
犬と一緒に飼い主さんも雪の中で走りまわってました。
朝から元気元気!


カワセミやコサギ、アオサギが来る池も凍っていました。
突っついてみたくなりますけど、うっかりすると危険なので良い子のみんさんは絶対にしないでくださいね。
氷った池

「雪景色 心も白く 染め上げて」

雪の様子はまだまだ続きます。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2012年01月24日

雪が積もった!

つい先日、「東京に雪!」とお伝えしたばかりなのですが、今度は「雪が積もった!」です。
1/23(月) 日通降り続いた雨が、日が落ち、気温が下がり始めると、21時前には静かになったと思ったら天気予報どおり雪になっていたんですね。

雪積もるそして21時半に窓の外を見てみたら、なんともう積もってるじゃないですか!
ビックリ!
雨が降って濡れてたからなかなか積もらないのでは?なんて思ってたらあっという間でした。


屋根の雪あっという間にこんなに積もっていました。


今回は空に向かってストロボパシャパシャして、降ってくる雪を撮ってみました。
するとこんな感じです!シャッタースピードが1/15秒だと全体に雪が止まった感じに写るんですね。
降る雪

少し設定を変えて撮影してみると雪が降る様子が先になって写ったりします。
ただ暗いのでちょっと厳しい。
雪が降る

つい先日の雪に耐えていたビワの木にも容赦なく雪は降り、どんどんと積もっていきます。
カーソルを乗せてご覧ください。


パシャパシャ撮っていると中には降ってくる雪の形が撮影できてたりもするんですよ。
雪の形

22時半過ぎ、しっかりと積もったのを確認し、家の横の通路に出て、積もった雪に足跡をつけてみました!
その足型を崩さないように戻って撮影。
子供か!
カーソルを乗せてご覧ください。


「雪積もり 撮影心も 降り積もり」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
タグ:積雪

2012年01月21日

東京に雪!

1/20(金)は夜のうちから東京には観測上の初雪が降りました。
なぜ観測上というかというと、この冬に私は2回ほどみぞれを見たのですが、気象庁では観測出来なかったので、今回の雪が東京の初雪ということになります。

壁に向かって降ってくる雪を狙ってみました。
カーソルを乗せてご覧ください。


おとなりの家の屋根とその向こうのいえの壁がいい具合に背景となって雪が降る様子がよく見えます。
よく降ってるように見えますけど、ほとんど雨で、その中に雪が混じって振り続け、時おり雪の量が増える感じで午前中は降っていました。
カーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


雪の粒を狙ってシャッタースピードを早くして撮影してみました。
これでISO400 1/200秒です。もうちょっと早くしてもよかったかもしれませんね。
カーソルを乗せてご覧ください。


我が家のビワの木に花が咲いているのですが、寒さに凍えながらも耐えています。
東京の初雪

雪は積もることなく、昼過ぎには止み、大きな混乱はありませんでした。が、21日も冷たい雨に混じって時々雪が舞っていました。
東北や北陸などの豪雪地帯に比べればこれぐらいの雪で騒ぐこともないのですが、やはりめったに降らないところですから記事にさせてもらいました。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
タグ:東京

2012年01月20日

氷に夕日が差して:新宿御苑・日本庭園

1/14の記事「新宿御苑・日本庭園の池に氷」で紹介した池の氷に夕日が当たっているところをご紹介し忘れたのでお届けします。

水仙の花やロウバイの花をなどを撮影して帰り際に日本庭園の池にふたたび足を運びました。
氷がどうなったかの確認だけという軽い気持ちだったのですが・・・

氷に夕日が差して池の奥の茂みのすき間から夕日が差していたことで一変!
氷がキラキラと眩しく光る様子にとりつかれてしまいました。
いつもは明治神宮の池で取り憑かれるのですが、今回は新宿御苑です。


どこで見ても、氷に日が差してキラキラと輝く様子はいいものですよね。
カーソルを乗せてご覧ください。


虹色を探したけど角度を変えたり、露出を変えたりして、ちょっと試してみました。
何をかって言うと、氷の表面に虹色が見えるかどうかです。
氷と水の境界付近がちょっと色づいているようにも見えますが、綺麗に虹色が見えるまでにはいたりませんでした。残念!


水面に夕日を映し、反射する光に露出を合わせると、なんとも幻想的。
幻想的な輝き


日々の気温で氷ったり氷らなかったり。
偶然のめぐり合わせで静かに輝きを眺めていられる至福の時。
カーソルを乗せてご覧ください。


「池氷り じっと見つめる 至福かな」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2012年01月14日

新宿御苑・日本庭園の池に氷

1/9(月) 新宿御苑 日本庭園

この日の目的は今が盛りのスイセンの花を撮影すること。
いざ向かうとその途中で思わぬ光景に引き止められてしまいました。
それがこれ。新宿御苑の日本庭園の池に氷が張っていたんです。
日本庭園の池の氷

全面結氷までは行かず池の3分の2ぐらいが凍っていました。カーソルを乗せてご覧ください。


凍っている部分と凍っていない部分がはっきります。
こういう部分はあぶないから良い子のみなさんは決して乗っからないように。
カーソルを乗せてご覧ください。


凍っている部分と凍っていない部分は風景を映しだすとよくわかりますよね。
カーソルを乗せてご覧ください。


日本庭園の池の畔に立つ旧御凉亭の近くも氷が張っています。
どこら辺に氷が張っているかわかりますか。
旧御凉亭のまわりの氷

玉藻池に張る氷は見たことがあったのですが、こちらに張った氷ははじめて。こっちにも張るんだ、だったら玉藻池も!と思ったのですが、そちらには氷は張っていませんでした。なかなかうまくは行かないものですね。

「池に映る 景色を撮らんと 氷張る」


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2012年01月13日

氷と虹色

ここ数日は冷え込みが厳しくなっています。
冷え込みが厳しいとなれば、今年も「氷が張るか実験」のスタートです。
実験といっても窓辺にいろいろな容器に水をはって置いておくだけです。

最低気温が1度になると予想された1/12の早朝に備え、水を張っておいておきました。

トレーに張った氷早朝ウォーキングを終えて戻ってきた午前7時前、並べた容器を見ると食品トレー1つに氷が張っていました。
きれいに全面に氷が張っていたのでなかなかわかりにくいのが難点!


よく見えないので右から左からいろいろな角度から見ていて発見しちゃいました。
きれいに氷が張ってくれたおかげで見えた氷面の虹色です。
氷に見えた虹色

角度を微妙に変えて見るだけで色合いが変化するんです。ただカメラで撮影すると目の位置と違うのでこれがちょっと難しいところなので、カメラを通して虹色を探すのが一番です。
レンズを通すとちょっと虹色の鮮やかさが表現できないのが残念。
腕がまだまだ未熟ということです。
氷の上の虹色

ただ窓の外に水を張っておいておくだけ、ひと時楽しめますので皆さんも是非試してみてください。
氷が張るのによさそうな容器は、口が広く水がそれなりにたまりやすいもの。金属よりもガラスか写真のような薄いプラスチックのトレーがよさそうです。
参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
タグ: 虹色

2011年12月20日

霜・霜柱

天気予報では真冬並みの寒気が流れこんで、というけどもう真冬ですよね。
そんな12/18の日の出前、早朝ウォーキングではなく、この日はまたまた夜明けの富士山を撮影しようと日の出前に多摩川浅間神社に行って来ました。
でも、今回はその写真ではなく、この帰り道に撮影した足元の写真を先にお見せします。

多摩川浅間神社で7時過ぎまで撮影し、田園調布駅に出るために多摩川台公園を通っている時に発見しちゃいました。
じゃーん!霜柱です。12月中に霜柱を見たというのはいつ以来かなぁ。まぁ、最近は朝にこういうところに来る機会がなかったから見かけなかっただけだろうけど、東京で12月中に霜柱を見かけるのはとにかく珍しですね。
霜柱

霜柱ができたといってもまだまだしっかりとしたものではなく、とても頼りない感じの物で、しっかりと伸びてなかったりして傾いたり、曲がったりしてました。霜柱ってこんな形にもなるんですね。
曲がった霜柱

倒れても起き上がろうとしていたり、ぐるっと曲がったりしてました。
カーソルを乗せてご覧ください。


見つけたのは霜柱だけではないんです。
モミジの落ち葉に霜がきれいについてたんです。
私は霜を撮影したのははじめてのこと!霜ははかない命で、すぐに解けてしまうのでなかなか見る機会がなかったんですが、この日はよく冷え込んでくれたお陰で見ることが出来ました
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


桜の落ち葉にも下がきれいにできていました。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


霜柱の上に落ちた葉にこんなふうに霜がきれいについていたんですよ。
広場には私以外誰もいなかったので独り占め状態でした!

ちなみにこの冬の東京の初霜は、12/11(日)で平年に比べ9日早く、 昨年に比べて16日も早かった。ということなので、冷え込んだ朝、しっかりと探せば見られるということがあらためてわかりました。

「ねぇ見てと ささやく霜の 声聞いて」
「音立てず 土持ち上げて 霜柱」

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
タグ: 霜柱