2013年03月31日

絵本・児童書「じいじのさくら山」

関東以南では4月になる前に桜が満開を過ぎ散り始めていますね。
桜にはいろいろな思いを重ねる人が多いと思います。私もその一人。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)はじっくりと桜を眺めて感じて貰いたいお話です。

じいじのさくら山

松成 真理子 白泉社 2005-03
売り上げランキング : 152937
by ヨメレバ

「じいじのさくら山」
松成 真理子 作・絵
白泉社

じいじとおれ(ちびすけ)のお話です。
ちびすけは、じいじと一緒にさくら山へ行くのが大好き。
さくら山はじいじがうれしいことがあるたびにこっそりうえたものでした。
いつの間にか大きくなって春になると見事な花を咲かせるようになりました。
ところが雪が振った日、じいじが病気になってしまいました。

 いいにおいの かぜが ふいて ぽかぽかした じめんに つくしを みつけた
 「はるが きたよ じいじ」
 やっと ふとんから でた じいじは さくら山を ながめている
 「ちびすけ さくら みにいこう」
 おれは 「うん」という

二人で桜を見に行ったのですが・・・

サクラの華やかな表紙ですが、読み終えると桜からの尊いメッセージを送られたかのような気持ちになります。
子どもには難しいかなと考えずに、まずは読んで聞かせてあげてください。
成長するに連れてこの絵本から学ぶことが増えていくのではないかと思いますよ。

誰でも楽しかったり悲しかったりといった桜にまつわる思い出があると思います。
私にも桜の思い出があります。
姉の生前最後に行った花見、桜舞い散る中を無言で帰宅したことと悲しい思い出のほうが強く印象に残っています。
きっと生について、優しさについて、いろいろなことを考えさせられると思います。
ぜひ、読んでみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

絵本「七ふくじんとおしょうがつ」

お正月気分はすっかり抜けたかと思いますが、今回の絵本・児童書はお正月のお話です。


「七ふくじんとおしょうがつ」
山末 やすえ 作
伊東 美貴 絵
教育画劇

お正月の朝。
おせちりょうりに おぞうに。
お雑煮を食べ終わったらお年玉に、年賀状。
そして初詣。
ぼくは お年玉で、宝船の絵が書いてあるたこを買った。
裏山でたこを上げていると
たこの絵から飛び出したみたいな宝船がついてきた。
糸を巻くと何やらにぎやかな声。
なんと宝船からは七人のふくの神があらわれた!
そう、七ふくじんです。
それから七福神と楽しいお正月をすごすお話です。

おせち料理はどうして食べるんだろう?
としがみさまって何?
なんてこともわかっちゃう絵本です。
表と裏の見開きには七福神の説明が書いてあるので七福神のこともわかりますよ。

この絵本を読んで七ふくじん通になっちゃいましょう!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

絵本・児童書「しっぱいにかんぱい!」

幼稚園や小学校では運動会は春に行われるようになってきてみたいですが、まだまだ秋の運動会の所も多いですよね。
今回は運動会を舞台にした絵本・児童書と言うよりもちょっと長めの童話・児童小説をお届けします。


「しっぱいにかんぱい!」
宮川 ひろ 作
小泉るみ子 絵
童心社

人に言えない失敗は、だれにでもあります。
達也のお姉ちゃん・加奈は6年生。
運動会のリレーのアンカーで1位にゴールしたけれど、失格に。
朝ごはんも食べられないくらいおちこむおねえちゃん。
そんなとき、おじいちゃんから呼ばれて二人は親戚の集まりに行くと…。

誰でも何かしら失敗はするものですよね。
そんな時、慰めるのって難しいですね。
この絵本はただ慰めるだけのお話ではありません。
みんなが話すそれぞれの失敗談。あんなことやこんなこと。
みんな誰でも失敗してるんだ。
そんなみんなの失敗にカンパ〜イ!
お子さんたちも失敗をいつか笑って話せる日が来ますよ。
それまで失敗に挫けず前に進みましょう!

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

絵本「じっちょりんとおつきさま」かとう あじゅ

9/30は満月、そして中秋の名月ですね。
あいにく西日本から東日本にかけて台風が通過していくためにお月見は残念ですね。
せめて絵本の中でだけでもお月見をお楽しみください。
今回紹介する絵本・児童書はちょっと不思議な生き物のお月見のお話です。


「じっちょりんとおつきさま」
かとう あじゅ 作・絵
文溪堂

主人公達は見つけることのできない位の小さな「じっちょりん」の一家。
そんなじっチョリン一家のお月見の様子を描いた絵本です。

おつきみの日
じっちょりん一家は「おたのしみの実」を作るための材料を集めるために出発します。秋の草花で彩られた公園には宝物がたくさん落ちています。じっちょりん達はここで器用に「お楽しみの実」を作り上げていきます。
暗くなって虫の声が聞こえ始めたら、楽しいおつきみのはじまりです。
おつきみの行われる池の近くに向かうと・・・
じっちょりんって?お楽しみの実とは?お月見の様子は?
絵の中に登場する秋の七草をはじめ、秋の草花の名前や虫の名前も記されているので近くで見かけた時の参考になりますよ。

身近な自然て、目に見えるだけではなく見えないたくさんの生き物たちに支えられてる、それを感じながら月を見上げるのもいいものですよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

絵本「セミ観察記 (写真絵本 ぼくの庭にきた虫たち) 」佐藤信治

今回の絵本・児童書は、今を盛りに鳴いているセミについての写真絵本です。
夏休みの自由研究の参考にしてみてはどうですか?


「セミ観察記 (写真絵本 ぼくの庭にきた虫たち) 」
佐藤 信治 作
農山漁村文化協会(農文協)

巣穴作りのふしぎ、知られざる幼虫の行動などの観察・探究から羽化・産卵・孵化のドラマまで、図鑑にはない驚き・発見がいっぱい。
庭で見られるセミの種類・鳴声は?
巣穴を出た幼虫の羽化までの行動は?
セミの好みの木とオーケストラの時間は?
どうやって枝の中に卵を産むの?
などなど、お父さん・お母さんは答えられますか?
自分の子どもや孫たちと一緒に庭のセミの穴を上手に掘って、どのような形で根っこの近くにいるのか観察したりと、とても勉強になります。
お父さん、お母さんだって知らないことがいっぱい!
お子さんと一緒にセミについて勉強してみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

「新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜」

今回お届けする絵本は新青森から鹿児島までが新幹線でつながったのを記念して出版されたものです。

新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜 (講談社の創作絵本)新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜 (講談社の創作絵本)
コマヤス カン

講談社 2011-03-19
売り上げランキング : 6828

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜」
コマヤス カン 作・絵

朝、6時15分。まだ明けきらない新青森駅のホームから新幹線『はやぶさ』にのって、はるかちゃんとお父さんの旅は始まります。
これから3つの新幹線を乗りついで、鹿児島のおじいちゃんの家まで行きます!
日本地図をそのまま広げたような絵本で、新幹線の走る姿を順に追っていきます。
海沿いを走ったり、山のトンネルを抜けたりしながら、各地の名所や風景などが丁寧に描かれていて、日本列島のさまざまな風景がたのしめ、はるかちゃんたちと一緒に旅をしているような嬉しい気持ちとなりました。

というのがこの絵本の特徴なのです
この絵本は2011年の3月に出版を控えていた時、東日本大震災が発生しました。

ですから、絵本に描かれている宮城・岩手・福島の太平洋沿岸は震災前の景色です。

絵本の中心である東北新幹線はご存知のように東日本大震災で被害を受けました。
宮城・岩手・福島の太平洋沿岸は津波で甚大な被害を受け、多数の方々が亡くなり、景色も一変しました。
あまりの被害の大きさから、、一時、販売が見合わされていたようなのですが、販売が再開され、作者のコマヤスカンさんの著者印税および講談社のこの絵本による収益の一部(売り上げの5%)を、日本赤十字社を通じて東日本大震災の義捐金に寄付することとなったのです。

この絵本に描かれた東北沿岸の景色を忘れないためにも貴重な絵本だと思います。
震災を語り継ぐ1冊としてお手元に置かれるのもいいかと思います。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン

「新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜」の続きはこちら
posted by ブドリ at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

「しずかなおはなし」

今回は眠れないお子さんにそっと読んであげる絵本をご紹介します。

しずかなおはなし (世界傑作絵本シリーズ―ソビエトの絵本)しずかなおはなし (世界傑作絵本シリーズ―ソビエトの絵本)
サムイル・マルシャーク ウラジミル・レーベデフ

福音館書店 1963-12-20
売り上げランキング : 46675

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「しずかなおはなし」
サムイル・マルシャーク  作
ウラジミル・レーベデフ  絵
うちだ りさこ 訳
福音館書店

この絵本は1963年初版で、約50年も売られ続けているロシアの代表的絵本です。

「ちいさなこえでよむおはなし。そっと そっと そっと…… 」

静まりかえった深い森の中
ハリネズミの一家がいました。
はりねずみの一家は真夜中に散歩におでかけ
二匹のおおかみに襲われそうになり、おとうさん、おかあさんがまるくなって針を逆立てました。
ぼうやもまるくなって針を逆立ててみをまもります。
おおかみとはりねずみの緊張感が夜の森に張り詰めます。
はりねずみの一家は無事に切り抜け、森はまた静寂に包まれます。

「ちいさなこえでよむおはなし。そっと そっと そっと…… 」

寒い夜、あたたかい布団の中で親子で寄り添いながら読んであげてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

「しもばしら」

立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続きます。
寒い朝には楽しみなのが土にできる霜柱。よく踏みしめましたよね。
そんな「しもばしら」について描かれた絵本を紹介します。

しもばしら (かがくのとも傑作集―どきどき・しぜん)しもばしら (かがくのとも傑作集―どきどき・しぜん)
野坂 勇作

福音館書店 2004-11-20
売り上げランキング : 176240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「しもばしら」
野坂勇作 作・絵
福音館書店

寒い朝、おばあちゃんといっしょに大根畑に行った、はーちゃんは、踏みつけた地面の足跡にきれいな氷の柱を見つけます。
「しもばしらだよ」と教えてくれたおばあちゃんと、どんな所にあるか「しもばしら探検」を開始。
畑だけでなく、池のそば、うらやまのがけ、いろんな所にいろんな形のしもばしらを見つけていきます。

いろいろなかたちのしもばしらがあることを見つけて、
「面白い!どうしてしもばしらができるの?」
不思議顔のはーちゃんに、おばあちゃんが説明してくれました。
ますます興味をもった、はーちゃんは、わくわくするような実験をします。
家の冷蔵庫の冷凍室でしもばしらを作るのです。
さあ、うまくできるでしょうか?

霜柱ってよく見かけますけどどうやってできるか説明出来なかった疑問を解き明かしてくれます。子どもだけでなく大人もあらためて自然の不思議を学ぶのに役立ちますよ。
冷凍庫で霜柱を作る実験は土を入れることに抵抗があると思いますが、ぜひ試してみてください。
私はお許しが出ないので外にできる霜柱で楽しみます。
科学する楽しさを伝えるおすすめ絵本です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

「しろくまくん なにが きこえる?」

久しぶりにエリック・カールの絵本からお届けします。

しろくまくん なにが きこえる?しろくまくん なにが きこえる?
ビル,Jr. マーチン エリック カール

偕成社 1992-08
売り上げランキング : 316437

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エリック・カール 絵
ビル・マーチン 文
おおつき みずえ 訳
偕成社

動物園を舞台に動物たちの鳴き声に注目した絵本です。
最初に登場するのはしろくまくん。
「しろくまくん しろくまくん なにが きこえる?」
「ライオンが ほえているのが きこえるよ。」

次に登場するのはライオンくん
「ライオンくん ライオンくん なにが きこえる?」

こんな風にして次々に動物に聞いて回っていきます。
もちろん、ライオンのページにはライオンの鳴き声が書かれているので、どんな鳴き声かもわかります。文字ですから実際の鳴き方などは想像してみてくださいね
いろいろな動物が登場するのでその動物についての音を考えてからページをめくると楽しいですよ。
さらに、動物の鳴き声などがわかったら鳴きまねをしてみたらもっと楽しくなると思いますよ。
ご家族で挑戦してみてください。

寝る前に読んだら興奮して寝られなくなるかもしれないので要注意です。


今までに紹介した絵本を「ブドリのお薦め絵本・児童書(amazon)」で見られます。
私の他のブログ「銀河鉄道の月」内で紹介した月の絵本などもまとめてみましたのでこちらも参考にどうぞ
おつきさまの絵本(amazon)

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする