2012年01月08日

「おせちのおしょうがつ」

お正月も終わり、松も取れてしまいましたけど、元旦にお届け出来なかった絵本をお届けします。

おせちのおしょうがつ (ワンダーおはなし絵本)おせちのおしょうがつ (ワンダーおはなし絵本)
ねぎし れいこ 吉田 朋子

世界文化社 2007-11
売り上げランキング : 30177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「おせちのおしょうがつ」
ねぎし れいこ 作
吉田 朋子 絵
世界文化社

タイトルからしておせち料理に関係する絵本だってわかりますよね。
そのとおり、「なぜ、こぶまきがはいっているのか」「どうして、かずのこをたべるのか」などおせち料理の由来がわかる絵本です。
でも、それだけじゃ面白くありませんよね。
これらのおせち料理がかがみもちさんの家に遊びに行くことにしました。
その途中で起きることにからめておせち料理の由来が説明されているんですよ。
この絵本、絵だけではなくておせち料理は布で作られていて、しっかりお話に合わせて表情が変わるんですよ!

おせち料理はもうないでしょうけど、お正月を思い出して読んであげても面白いと思います。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

「おつきさまがみてた」

十三夜・後の月見ですね。
お月見しましたか?
今日の絵本はいつも優しく見守ってくれているおつきさまのお話です。

おつきさまがみてた (心の絵本)おつきさまがみてた (心の絵本)
いわはし あさこ

アスラン書房 2002-09
売り上げランキング : 1760226

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




貧しい人に同情し、花や動物に心を添わせるロマン。
レストランでは、貧しくて食事ができない人にサービスをしてしまいクビに。
花屋さんでは、しおれた花もかわいそうで捨てられず、クビに。
と、こんなふうにどこにいってもその優しさからうまくいきません。
「どうしてなにをやってもうまくいかないんだろう」
と落ち込んでいたロマンに、「てつだってほしい」と声をかける人が。
何をするのかわからないまま手伝ってみると、それはなんと泥棒の手伝い!
ところが、途中で気づかれて逃げるのですが、一人だけ逃げ遅れ、古井戸に落ちてしまいます。
だれも助けにきてくれず嘆くロマン。
空のお月さまだけが見守っていました。
そして、命の火が消えようとした時、奇跡が起こり、ロマンの魂を救ってくれました。
さて、その奇跡とは・・・

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

「あしたもともだち」

今回の絵本・児童書は、内田麟太郎・降矢ななコンビが贈る「ともだちシリーズ」第3弾をお届けします。

あしたもともだちあしたもともだち
内田 麟太郎 降矢 なな

偕成社 2000-10
売り上げランキング : 49188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「あしたもともだち」
内田 麟太郎 作
降矢 なな 絵
偕成社

クマをからかう歌を歌いながら散歩をしているキツネとオオカミ
ところが、オオカミさんが木の影にクマが倒れているのを見つけてます。
キツネと散歩を
「や、やめだ! さんぽは やめだ!」
と突然やめてしまいます。
次の日遊んでても先に帰ってしまうし、
その次の日はトランプをしててもなにやらそわそわ。
また次の日は勉強をする日だといっていたのに、オオカミがどこかへ出かけていきました。
キツネはいけないと思いながらもあとをつけてみると・・・

さて、オオカミはなんで早く帰ったり、勉強すると言ってでかけたりしていたのでしょう。
実はオオカミは内緒でクマを助け、そして看病までしていたのです。
森一番の乱暴者と決まっている狼だからこその恥ずかしさ、そしてそれに気がついてもそっと見守ってるキツネの優しさ。
二人の友情も徐々に成長していっているのですね。

このシリーズをじっくりと読んで友達というものを考えて欲しいです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

「あなたがうまれたひ」

5月に入りましたね。5月に入るとすぐにこどもの日、そして母の日と家族を見つめる日がやってきます。
大震災の後、家族というものを見直されている方も多いのではありませんか?
お子さんを含め家族を見つめ直すためには、誕生から見直すのがいいと思います。
今回は誕生の喜びを表現した絵本をお届けします。

あなたがうまれたひ (福音館のかがくのほん)あなたがうまれたひ (福音館のかがくのほん)
デブラ フレイジャー Debra Frasier

福音館書店 1999-11-20
売り上げランキング : 107161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「あなたが うまれた ひ」
デブラ・フレイジャー 作・絵
井上 荒野 訳
福音館書店

赤ちゃんの誕生は、家族だけでなく太陽や月や地球など自然界すべてから祝福されています。
あなたがうまれるまえのひ
きたのくにのトナカイがアジサシに教え、アジサシはクジラへ、クジラはサケへ、サケはチョウチョに、チョウチョはウミガメへと生き物たちに次々と伝わり、そのニュースは世界中に伝わりました。
お母さんのお腹の中で生まれるのを待っている間、
地球はクルリと回って朝を用意し、
引力は空に飛んでいかないように力いっぱいにひっぱって、
太陽は明るい空を見られるようにというふうに
地球も太陽も月も空気も水も、みんな、その瞬間を待っていました。
そして、この地球で楽しく明るく生きていくことができるように、すっかり準備をしてくれたのです。
あなたがお腹から出てきたとき、
「みどりのほし 地球へ ようこそ。あなたが生まれてとってもうれしい!」
という歌声が、きっと聞こえてきたことでしょう

本の最後にはそれぞれ地球の動きの解説もついているので、お子さんが大きくなっていろいろな興味が湧いてきてからも楽しめるようになっています。

子どもの誕生からあらためて感じる時間をとってみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする