2014年01月06日

絵本「いつもいつもそうかな」

2014年も毎週、絵本・児童書(童話・児童小説)をお届けしますので、絵本選びの参考にしてください。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は内田麟太郎のお得意な言葉遊びです。


「いつもいつもそうかな」
長谷川 義史 作
下谷 二助 絵
すずき出版

いつもいつも から導かれるナンセンスな言葉の世界と面白い絵のコラボレーション

いつも いつも かえるは すぐかえると いって いるのかな
いつも いつも いかは いかって いるのかな
おなじみのフレーズから独特なものまでいろいろ
オヤジギャグといえるけど、言葉がわかりはじめたお子さんにはきっと受けるでしょうね。
新しい いつもいつも・・・ をお子さんと作ってみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

絵本「いろはのかるた奉行」

もういくつ寝〜る〜と〜お〜しょ〜が〜つ〜
お正月といえば「かるた」(いまはやらないかな?)ですよね。
かるたといえば「いろはかるた」
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、「いろはかるた」で言葉遊びしちゃった絵本を紹介します。


「いろはのかるた奉行」
長谷川 義史 作・絵
講談社

江戸のいろはかるたを研究して今の世の新しいいろはかるたをつくっている いろはのかるた奉行。
いろはかるたは、「い」からはじまる四十八文字の札にことわざや生活のちえがこめられているもの。
かるた奉行が作っているのはそのいろはかるたを現代風にアレンジしたもの。
この2つがセットになって絵と解説付き

いぬも あるけば ぼうに あたる
いぬも あつけりゃ ぼうっと する

へを ひって しり つぼめる
へ をすって きを うしなう

ちりも つもって やまと なる
ちちも ふとって かばと なる

どっちがホントのいろはかるたで、奉行のかるたかわかりますよね。
絵も解説も長谷川義史ワールドたっぷりで面白い!

正しい方を読んでしっかりと理解して、奉行の方を読んで初笑い!
大人も子供も楽しめる絵本ですよ。
ゲームもいいですけどアナログで楽しむのもいいものです。
初笑いはぜひアナログで家族一緒にどうぞ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

絵本「おでんさむらい こぶまきのまき」

今回の絵本・児童書はちょっと変わったさむらいの絵本。

寒い冬の日には熱々のおでんを食べたくなりませんか?
でも、今回登場するおでんは、食べるおでんではなくて、へんてこざむらいひらた・おでんの活躍のお話です。



「おでんさむらい こぶまきのまき」
内田 麟太郎 作
西村 繁男 絵
くもん出版

へんてこざむらいの「ひらた・おでん」
おともはカブトムシのかぶへい
雪が降りそうに寒い夜、
「たすけてー」と子供の悲鳴
悲鳴の主はよいどれざむらいに詰め寄られたかさおばけのぼうや。
さてさて、おでんさむらいは・・・
ところでこの絵本の「こぶまきのまき」のこぶまきって?ですよね。
それは読んでのお楽しみ。
隅々にまで凝った時代劇絵本ですよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

絵本「オレ・ダレ」

中秋の名月が過ぎ、月もかなり細くなりましたね。この後は10月17日の十三夜の後の月見です。
それまでの月夜、電気を消してちょっと楽しんでみませんか?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は月夜の楽しみを教えてくれる絵本です。

オレ・ダレ (講談社の創作絵本)

越野 民雄 講談社 2002-12-18
売り上げランキング : 292832
by ヨメレバ

「オレ・ダレ」
越野 民雄 文
高畑 純 絵
講談社

ジャングルの深い夜の闇のなかに、密かに息づく動物たち。
月に照らされてくっきりと浮かび上がるシルエット。
見開きに1種類の動物がシルエットで登場。
動物が語るヒントをもとに動物の名前を当ててみよう!
最後のページに答えが載っているけど、すぐに見ないでじっくり考えましょうね。
それと、動物を照らす月の変化もよく見てください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

絵本「おばけがぞろぞろ」

もうすぐお子さんたちの夏休みも終わりですね。
どんな夏休みだったのでしょうね。
まさか、おばけに会ったなんて体験をしたお子さんはいませんよね。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、そんなお化けのお話です。

おばけがぞろぞろ (幼児絵本シリーズ)

ささき まき 福音館書店 1994-06-10
売り上げランキング : 14660
by ヨメレバ

「おばけがぞろぞろ」
ささき まき 作・絵
福音館書店

でてくるでてくる。色んなところから、ぞろぞろとおばけが出てくる楽しい絵本ですよ。
どんなところから、どんなおばけが飛び出してくるのでしょう。
びろーんと木のうろから出てきたのは、ぞぞまるちゃん。
ごみかんの中からは、おろむか君。
ぞんびえ君は消火器からにゅーう。
愉快なおばけが次々とび出して、さて最後に誰を誘いにいくのでしょう?
本を開くのもぞくぞくしてきますよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

絵本「おおきなきがほしい」

悠真は幼稚園の帰りにお友達といっしょに植木屋さんの前を通って帰ってきます。
お友達が「あの木が欲しい」と言っていたら、悠真も木が欲しいと言ったりしていたそうです。
というわけで今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、そんな子供たちの思いを描いた絵本を紹介します。

おおきなきがほしい (創作えほん 4)

佐藤 さとる 偕成社 1971-01
売り上げランキング : 17016
by ヨメレバ

「おおきな きが ほしい」
佐藤 さとる 作
村上 勉 絵
偕成社

「おおきな おおきな木があるといいな。ねえ おかあさん。」
せまい ちっぽけなにわには ちっぽけな木が三本だけ。
それも木のぼりもできない小さな木。
「ぼく、大きな木がほしいなぁ」
かおるはとってもおおきな木を考えていました。
うーんとふとくて、ひとりで手を回しても届かないような太い木。
最初の枝まではしごをかけて、さらに二番目の枝まではしごをかけて、その上は木の幹にぽっかり開いたほらあなの中のはしごを登ります。
さらに上には小さな部屋があって、台所やテーブルがあります。
ここではホットケーキを焼いて食べたりするのです。
さらにのぼると小さな穴があって、そこはリスの親子の家。
そしてその上にはみはらしだい。
かけすは2羽だけですが、やまがらはたくさん集まってきます
みはらしだいからは 遠くの山が見えます。

かおるはこんなに素敵な木を考えていました。
夏には、おおきな木の上の小屋は、すずしいでしょう。
秋は・・・、冬は・・・、春は・・・。
こんなふうにかおるの想像はどんどんひろがります。

お母さんが木のぼりしたことがあること
お父さんも大きな木が欲しかったこと
そんな話に花が咲いて・・・

この絵本を読まなくても、子供たちは木を欲しがるのは同じでしょう。
そしてみんな自分なりの大きな木を想像していることでしょうね。
想像することから自然に憧れ、自然を慈しむ心も育んであげたいですね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

絵本「あしたも ね」

お子さんたちは新学年が始まりましたね。
一つ学年が上がって、クラス替えなどでお友達が変わったりしたんじゃないですか?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、お友達とこんなふうになって欲しいなぁという私の願いのようなお話を紹介します。

あしたも ね (えほんのぼうけん38)

武鹿 悦子 岩崎書店 2012-02-29
売り上げランキング : 168633
by ヨメレバ

「あしたも ね」
武鹿 悦子 作
たしろ ちさと 絵
岩崎書店

なかよし4人組のブーくん、バオくん、ナアちゃん、ガーがちゃんは今日も楽しくあそびました。
「じゃぁね、バイバイ」と
日が暮れてさよならするとき、ブタのブーくんが
「あした、なにして あそぶか そうだんしなけりゃ」
と言い出しました。
でもみんなは
「あした きめれば いいよ」
と帰ろうとしました。
でも、もっと遊びたいブーくんは
「あしたもあそぶなら、おうちへかえらないで、ずっとあそぼうよ」
と友だちいっしょに遊んでいたくて、あしたが待ちきれないブタのブーくん。
日が暮れても、なかなか みんなとさよならできません。
でも、みんなは帰ってしまいます。
みんな家に帰って、次の日・・・

登場するのは動物4匹です。名前から動物を想像してみてください。
動物のキャラクターを活かして台詞や行動が描かれています。
ブーくんはどんな動物でしょう?
そう考えると友だちと遊んだ次の日の朝は・・・
ほのぼのとしたお話です。

子供たちにはたくさんのお友達と、明日が待ちきれない、そんな関係になってほしいものですね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

絵本・児童書「ありがとう ともだち」

子供たちは春休みに入りましたね。
3学期はお友達と仲良く遊べたのでしょうか。
新学期になるとクラス替えなどで新しい友だちと同じクラスになりますよね。
そんなお子さんたちに友達との関係を考えるのにピッタリの内田麟太郎の「ともだちシリーズ」からお届けします。

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)

内田 麟太郎 偕成社 2003-06
売り上げランキング : 103515
by ヨメレバ

「ありがとうともだち」
内田 麟太郎 作
降矢 なな 絵
偕成社

オオカミのともだち、キツネが、はじめてのおとまりにやってきました。
めがさえて眠れないキツネにオオカミさんはキツネを喜ばせようと、うれしくってたのしくて、いいとこみせようってはりきって、ついいっちゃいました。
でっかいウソを。
うみのこと、でっかいカジキマグロをつったってこと。
「オオカミさん、すごいね」ってキツネがおれをみると、むくむくちからがわいてきて、なんでもできるきがするから。
キツネ、みてろよー。ウソだってホントにしちゃえばいいよな。がっかりさせたくないからな…。
がんばったオオカミ。でも結果はさんざん。
でも、キツネはオオカミに・・・

これこそともだち!というお話です。
子どもって大きなことができそうな気がして話をふくらませてしまうことってないですか?
悪気はないけど、ちょっと大げさに話をすることってないですか?
そんな時、頭ごなしに怒らないで、この絵本のように別の視点から包み込んであげたら傷つくことなく、気がついてくれるのではないですかね。
春休みにお子さんと読んで、新学期に出会う新しいお友達といい関係が気づいていけるようになるといいですね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

写真絵本「おかしなゆきふしぎなこおり」

冬まっただ中。
気温が低く東京では氷は張りますが、まだ雪が振りません。
(↑なんて書いて投稿したら外は雪になってました。1/14 東京に初雪です。)
雪がふらなくても本の中では見ることができます。
今回は、とても楽しい雪や氷の写真絵本を紹介します。


「おかしなゆき ふしぎなこおり」
片平 孝 写真・文
ポプラ社

まずこの絵本の表紙を見て
「なにこれ〜」
って、子供も大人も興味を惹かれると思います。
この絵本の中はタイトルに偽りなく、おかしな形の雪や、おかしな形の氷の写真だらけ。
自然の中で重なるいろいろな偶然がもたらす自然の形。
おかしな形だけどこれは見事な芸術です。
どうやったらこんな形になるんだろう?
どうしてこんな形になっちゃったんだろう?
こんな形は作れるのかなぁ?
お子さんの不思議がる様子が目に浮かびます。
ぜひ親子でどうしたらできるんだろうとか話しながらゆっくり眺めてください。
どうしてだろう?
なぜだろう?
そう思う気持ちを大切にしてあげてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

絵本「ありがとう サンタさん」

クリスマスですね。みなさんはどんなクリスマスをお過ごしですか。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、寂しいけどあたたまるクリスマスの絵本をお届けします。


「ありがとう サンタさん」
内田 麟太郎 作
かすや 昌宏 絵
女子パウロ会

おとうさんのかおも、おかあさんのかおもしりませんでした。
いつもひとりぽっちなのです。
おなかがすくと パンを盗ったり、おばあさんからリンゴを盗ったりしてたべていました。

まちにジングルベルが流れるクリスマスイブ
(どうせ、ぼくのところへなんか、サンタはこないんだ…)
ひとりまちを歩いていました。

その夜は雪がふってこわれたバスの中で寝ようとしてもねむれません。

おとこのこはゆめを見ていました。
その夢はかおもおぼえていないおかあさんのやさしいゆめでした。

おとこのこは目をさますと・・・

そしておとこのこの口から出たことばは
「サンタさん・・・・・・、ありがとう」

クリスマスはご馳走を食べたりプレゼントを貰ったりあげたりするだけのひではありません。
イエスキリストの誕生を祝う日。
だからといって教会に行ったり、感謝したりしましょうとはいいません。
自分たちのことだけでなく、周りに目を向けて、少しだけ優しくなる日にしてはいかがですか。
サンタクロースを信じているお子さんにも、もう信じていないお子さんにも読んであげて、ご家族で静かなひとときを送り、そっと感じてみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

絵本「落ち葉」

木々の紅葉も進み、落ち葉の量が増えてきましたね。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、そんな落ち葉を楽しむ絵本を紹介します。


「落ち葉」
平山 和子  文・絵
平山 英三  構成・写真
福音館書店

黒姫山に住む画家の平山和子・英三夫妻によるとても綺麗な落ち葉の絵本です。
画家の平山和子さんは、林のなかで出会った一枚の落ち葉の美しさに魅せられて以来、なんとかその美しさを留めておきたいと願い、ひたすら落ち葉を見つめ、水彩絵具を用いて、原寸大でさまざまな落ち葉を描きつづけることに専念していらっしゃいます。
その作品が並べられたのがこの絵本で、ところどころにご主人の平山英三さんが撮られた写真が差し込まれていて、途中でこれも写真なのではと思うぐらいの鮮やかさで落ち葉が描かれています。

ひとつの木でも葉によって微妙に違う色づき具合などがとても綺麗に描かれていて、ちょっと探しに行こうかなと思うほど興味をそそられるものばかりです。

ぜひ手にとって、絵本に書かれた落ち葉と似た葉をお子さんと探しに出てみてはいかがですか?

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

絵本「おつきみどろぼう」ねぎしれいこ

今回の絵本・児童書はお月見にまつわるお話です。


「おつきみどろぼう」
ねぎし れいこ 作
花之内 雅吉 絵
世界文化社

おつきみどろぼう(お月見泥棒)って知ってますか?
これは日本各地で行われていた子供たちのお月見行事のひとつで、中秋の名月(十五夜)に飾られているお月見のお供え物を、この日に限って盗んでいいというものです。これは、子どもたちは月からの使者と考えられていたからです。
現在でもまだいろいろな地域に残っている行事ですのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。我が町には存在しません。
この風習をもとに創作されたお話です。

ほかにカバーの軸に、おつきみの《なぜ?なに?》や簡単なおだんごの作り方など、役立ち情報コーナーがあります。

親子で読んで古き良き日本のお月見の風習を楽しんでください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

絵本「おつきさまのやくそく」いとうひろし

一人で留守番をする夜って不安ですよね。
今回はそんな夜のお話です。


「おつきさまのやくそく」
いとう ひろし 作
講談社

今日はおとうさんの帰りが遅いので、ぼくはひとりでおるすばん。
しっかりしないといけません。
そんな時、ひとりぼっちの「ぼく」のところに、お月様が訪ねてきました。

お月様は、トランプをしたり、お風呂に入ったり、お話しをしてくれたり、いっしょに楽しく遊びます。

お月様とお話してわかったこと、それは
 おつきまさは、くもった満月の晩だけ
 ひとりぼっちのこどものところにいってもいい
 それはひとりのこに一回だけってきまり
ってこと。

「ぼく」は、
「ぼくがおとなになって、おとうさんになって、ぼくの子どもが ひとりぼっちになる よるがあったら、ぜったい あそびにきてね」
とお月様におねがいすると、
お月様は「うん、くるよ」と約束してくれました。

「ぼく」は帰ってきたお父さんに、お月様が来たことを話します。
その夜、ベランダでお月様に語りかけるお父さん。

もしかして・・・
「ぼく」がした約束は守られるのでしょうか。

父から子へとお月様がつなぐ物語。
親子でお月様を眺めてゆっくりとお話してみてはどうですか。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

posted by ブドリ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

絵本「いろいろへんないろのはじまり」アーノルド・ローベル

夏休みも3分の1が過ぎましたね。おこさんたちの夏休みの宿題は進んでますか?
算数の宿題だったり、漢字の書き取りだったり、読書感想文だったり、いろいろありますよね。
なかには絵を描くなんて宿題もあるんじゃないですか?
絵を描くにはいろいろな色が必要ですよね。
今回は悠真も大好きな絵を書くときに使う色のお話です。


「いろいろへんないろのはじまり」
アーノルド・ローベル 作・絵
まきた まつこ 訳
冨山房

ずっとむかし、色というものがない時代がありました。
ほとんどが灰色で、その頃を はいいろのとき といいました。
ある日のこと
魔法使いが、いくつかのものを混ぜあわせて色を作りました。
最初に出来上がった色を青色と呼びました。
たちまち世界中は青色になりました。
でも、そんなによくありませんでした。
それは・・・
次は黄色。
たちまち世界中は黄色になりました。
でも、そんなによくありませんでした。
その次は赤色。
たちまち世界中は青色になりました。
でも、そんなによくありませんでした。
困ってしまった魔法使い。
いろいろ混ぜてみるのですが、新しい色ができませんでした。
そのうち、青・黄・赤のツボがいっぱいになってあふれてしまいました。
あふれた色が互いに混ざり合って・・・
さてさて、色のなかった世界はどうなったでしょうか?

青の世界、黄色の世界、赤の世界が良くなかった理由は色の特徴をよくつかんで説明されてるんですよ。
青と黄、青と赤、黄と赤を混ぜ合わせると何色ができるのか、お子さんに考えさせながら読み進めていくと楽しいかもしれません。
色を混ぜ合わせて出来る色を絵の具などで確認してみるといいですね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

おたんじょうびのひ

7/15は悠真の5回目の誕生日ということで、中川ひろたか&長谷川義史の名コンビが贈る誕生日の絵本を紹介します。


「おたんじょうびのひ」
中川 ひろたか 作
長谷川 義史 絵
朔北社

明日はよしふみくんの6回目の誕生日。
そこで、お友達みんなで自分たちが生まれた時のことや赤ん坊だった時のことを聞いてくることに!
よしふみくんは、予定日よりも早く生まれて遅く退院したそうです。
実は未熟児で生まれたので保育器で保護されていたので隊員がみんなより遅くなっちゃってお母さんは成長してくれるか心配だったんだって。
そしてお友達みんな、いろいろなお話がありました。
もちろん、先生にもしっかりとお話がありました。
なんと、ゆうまくんも登場してるじゃないですか!
どんなエピソードかというと、それは読んでくださいね。
6歳の子供のあかちゃんの頃って遠くないようですけど、目の前の子供の姿を見ていると遠い昔ですよね。
振り返ると懐かしく、よくぞここまで成長してくれた!とあらためて感謝しちゃいますね。

ご家族で今一度生まれた日のことを思い出し、子供の成長の素晴らしさ、成長の喜びを親子で感じてみてください。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

絵本「雨、あめ」ピーター・スピアー

梅雨まっただ中ですね。
雨が降った日は家の中で絵本を呼んで雨の一日を考えてみるのもいいのではないですか。
今回紹介する絵本は字がありませんので絵からじっくりと想像してください。

雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)
ピーター・スピアー

評論社 1984-06
売り上げランキング : 12906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「雨、あめ」
ピーター・スピアー 作・絵
評論社

突然の雨、家に駆け込むおねえちゃんとおとうと。
カッパを着て、長靴をはいて、傘をさしてまた外へ。
雨のふる庭へ飛び出して、雨やどりしている小鳥、クモの巣に光る雨のしずく、水たまりに広がる波紋、、雨水の流れをみたり・・・
家に帰ってびしょびしょの服を脱いで、お風呂に入って、温かい飲み物を飲んで・・・
雨が降るまま日が沈み、お休みの時間をむかえる
夜のうちに雨が上がり、雲が流れて月が顔を表す
そして雨上がりの庭の澄んだ空気。
画面隅々まで雨の日の楽しさ、美しさに溢れていて、いきいきと描かれた新鮮な世界が目に飛び込んできます。
字がない絵本だけに雨の世界にぐっと引きこまれ、自分も雨の中にいるような感覚がいきいきと伝わってきます。

親子でゆっくりと眺めてみるのもいいと思いますよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

絵本「あしたのてんきははれ?くもり?あめ?」

梅雨のこの季節。
明日の天気はどうかな・そう思いますよね。
今回の絵本・児童書は観察することによって天気を知るための絵本です。


「あしたのてんきははれ?くもり?あめ?」
野坂勇作 作・絵
福音館書店

遠足や運動会、ピクニックの前の日など子供達は明日の天気が気になって仕方ありませんよね。
天気予報を見ればすぐに分かりますけど、ちょっと待って!
そんな時はこの絵本を参考にまわりをよく観察してみてください。

「ゆうやけは はれ」
「ほしがまたたくと かぜ」
「うろこぐもがひろがると あめ」
「つばめがひくくとぶと、あめ」
など、雲の形や動き、夕焼けや生き物の様子から分かる天気の変化を、わかりやすい徴候とその理由を解説しています。
みんなで外に出た時ぐらい、天気予報を調べないで周りの様子から天気の変化を感じ取ってみるのもいいと思いますよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング
posted by ブドリ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

絵本「おひさまがいっぱい」よだじゅんいち

太陽の光が眩しくなってきた今の時期におすすめの絵本を紹介します。


「おひさまがいっぱい」
よだ じゅんいち 詩
ほりうち せいいち 絵

「よなかに おきて チュウチュウ さわぐのは だれでしょう。」
「それは ねずみの チーチーです。」
「よなかに さわぐ ねずみの ちーちーを しっているのは・・・」
というように詩が続き、夜を楽しむ場面が続きます。
でもおひさまがのぼって明るくなったら、お昼寝ばかり。
外はこんなにおひさまがいっぱいなのに。

お日様があたたかく、ゆっくりと時間がながれている。
そんなある日の幸せなひとときを感じさせる、とっても詩的な絵本です。
良い子はお寝坊してないで早起きして日差しを浴びましょう。
優しくささやいてくれる絵本です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

タグ:太陽
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

絵本「あのひのこと―Remember March 11,2011」葉祥明

東日本大震災から1年。
みなさんはどのような思いでむかえられましたか。
今回紹介する絵本は、震災による津波を経験した男の子の目線で描かれた絵本です。

あのひのこと――Remember March 11,2011あのひのこと――Remember March 11,2011
葉祥明 絵・文

佼成出版社 2012-03-15
売り上げランキング : 67762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「あのひのこと」
葉祥明 絵・文

東北地方の海辺に住んでいた一人の少年
2011年3月11日に発生した東日本大震災。
突然襲った大きな揺れ、サイレンとともに襲ってきた大津波。
家族と離れ離れでひとりぼっちになってしまった少年。
ひとりぼっちで迎えた不安な夜
家族に会えるか不安な日々
何もなくなってしまった町や村を眺めた日

そして家族との再会
でも、海に漁に出ていたおじいちゃんだけは・・・

それでも海を見つめる少年。
海辺で出会った一匹の犬。
その犬につけた名前は・・・
その名前は悲しい思いもあるけど、やはり見慣れた海への想い、希望への一歩。

一人の少年が体験した「あのひのこと」を軸に、家族の絆に支えられ、希望の光を見出すまでを、葉祥明さんのいつもの明るいカラーとは違う雰囲気で描かれています。
全編英訳付きなので、外国の方にも地震や津波を伝えるメッセージになると思います。

3/15発売なのですが、大きな書店ではすでに店頭に並んでいます。
さっそく読みました。
たくさんの子供たちが同じような体験をしたのかと思うと涙がこみ上げてきました。
この少年が、悠真だったら、なぎ君だったら・・・

多くの方に手にとって読んでいただきたい。
地震の恐怖を、津波の恐ろしさを風化させないために、語り継ぐためにとても大切な1冊だと思います。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

「あいつもともだち」

今回は内田麟太郎の「ともだちシリーズ」からご紹介します。

あいつもともだち (おれたち、ともだち!)あいつもともだち (おれたち、ともだち!)
内田 麟太郎 降矢 なな

偕成社 2004-10
売り上げランキング : 96102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「あいつもともだち」
内田 麟太郎 作
降矢 なな 絵
偕成社

ぼく、キツネ。
オオカミさんとともだちです。
イノシシさんもともだちです。
イタチさんもクマさんも、ヤマネさんもともだちです。
じゃあ、あいつは?
冬眠する友達としばしのお別れ。
あいつに挨拶し損なったキツネはいつも心に引っかかっていました。
「一声かわしておけばよかった……」
気になって気になって、春になってすぐにあいつに会いに行きます。
「やあ、ともだち」

挨拶すればみんな友達。
勇気を出して声をかけてごらん、そう後押しをしてくれる絵本です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする