2017年09月09日

鷺いろいろ

多摩川の野鳥写真シリーズです。今回はサギです。
オレオレ詐欺、母さん助けて詐欺(警察庁が公募して決定したにも関わらず、警察の広報ですら使われていない、まさに役人の無駄な仕事)、特殊詐欺など、いろいろな呼び方がある詐欺ではなくて、鷺のサギですよ。

川の中を見つめて小魚やエビなどを探して歩いているコサギです。
コサギ

多摩川上空を上流から下流へと下っていくダイサギです。
なんでダイサギってわかるの?と思う方もいると思います。
逆光になっているので、姿が黒くなっていますけど、肉眼ではくちばしが黄色で全身が白でやや大きめとわかったのでダイサギと思われるわけです。
ダイサギ

こちらはアオザギとカラスです。
アオサギは体に青というか黒い線が入っているので見分けがつきます。
カラスと仲良く飛んでいるように思えますが、周りに数羽のカラスが鳴きながら飛んでいたので、おそらく、テリトリーに止まったアオサギを追い払っているところだと思います。
アオサギとカラス

サギも木に止まるので、うっかりカラスのテリトリーに入ってしまうと、カラスが群れをなして追い払いにかかるんです。
子育て期は、群れでギャーギャー鳴き喚いて、今にも飛びかからん勢いで威嚇して、追い立てます。
今は子育て期ではないので、追い払い方もそれほど激しくはなく、追い出すという感じでした。
ダイサギを追い立てるカラス

サギ類は都内で普通に見られる鳥の中では最大級の鳥です。
街中でも空を見上げると、飛んでいるのが見られることもあります。餌場とネグラを行ったり来たりしているのでしょう。
比較的身近な野鳥をよく見てみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

トビが舞う!

多摩川シリーズが続きます。
今回も野鳥写真です。
多摩川の岸辺の散策路を歩いていると、空高くに舞うトビを見つけました。
トビ

トビは羽をバタバタさせて飛ぶというよりも、風に乗って舞うという感じで気持ちよさそうですよね。
風に乗るトビ

風に乗ってあっという間に空高くに上がって舞うトビ。
高くに上がるトビ

頭の上を気持ちよさそうに舞っています!
頭上を舞うトビ

雲には届きませんが、気持ちよさそうです。
気持ちよさそうなトビ

私の頭の上を通り過ぎ、川の上空に出て、風に乗って下流へとあっという間に飛び去っていきました。
通り過ぎるトビ

トビが風に乗って飛んでるのは生きるためであって、気持ちよさそうなんて思っているのは人間の勝手なのですが、気持ちよく見えるものは見えるんですよ。
眺めていられることも大事なことですよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

鵜が飛ぶ!

多摩川シリーズです。
今回はカワウです!

多摩川ではネグラにしていたり餌場にしているカワウが多数生息していて、一羽でだったり、群れでだったりと飛び回っているんです。

トンボを眺めているところを通り過ぎたカワウです。
上流から下流へと魚を探しに飛んできたんでしょう。
カワウ

夕方になってくると、上流から下流へとネグラに向かって群れで飛んでいくカワウがよく見られます。
群れで飛ぶカワウ

群れで飛ぶカワウをタイミングよく見つけると、きれいにV字編隊で飛行しているところが見られます。
カワウのV字編隊

カワウは長距離飛ぶわけではないのですぐに形が崩れてしまうので、見られるかどうかはほんとにタイミング次第ですよ。
崩れ始めたV字編隊

飛んでくるカワウの群れを追い続けていたら、太陽の前を通過しました。
太陽の前の時は太陽が眩しくて飛んでしまってカワウが見えなかったので、通過する直前をお届けします。
太陽とカワウ

カワウは増えすぎて害鳥となっていますけど、飛んでいる姿を見ると楽しいですよ。
見る機会があったらぜひのんびり眺めて下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

婚姻色のダイサギ・自然教育園

自然教育園で出会ったシリーズ、今回は野鳥のダイサギなのですが、いつもとはちょっと違います。
その姿がこちら。
ダイサギ

いつもと違うところがわかりますか?
通常のダイサギは眼先が黄色いのですが、このダイサギは眼先が緑色をしています。
これはダイサギの婚姻色の特徴なんです。婚姻色というのは繁殖期にだけ現れる体の色のことなんですよ。
恋の季節というわけです。
オスだけに出るのかと思いきや、ダイサギはオスにもメスにも現れるとのことのので、このダイサギがオスかメスかは判別不能。
正面と左右からの顔をご覧ください
婚姻色のダイサギ

こちらが通常というのも変ですが、婚姻色でないダイサギです。
通常のダイサギ

一生懸命に水の中を覗き込んでザリガニやらエビやらを捕まえて食べていました。
ザリガニを咥えて飲み込むところをカーソルを乗せてクリックしてご覧ください。


これまで何回もダイサギを見てきましたが、婚姻色が現れたダイサギははじめて。
コサギもアオサギも婚姻色が現れるそうなので、どこかで出会えるといいのですが、どうでしょうね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

アトリ・砧公園

今回も砧公園で見つけた野鳥シリーズで、アトリです。
この鳥も今年、井の頭公園で見かけてから、あちこちで見分けられるようになった鳥です。
アトリは渡り鳥で、今年は東京近郊にたくさん飛来しているという話もあるので、それでよく見かけるのかもしれませんね。

この鳥も普段は木の上にいますけど、花の種などを食べることもあって、地面に降り、落ち葉の中を探し回っていました。
さて、どこにいるでしょうか。
アトリはどこだ?

トリミングしてみましたが、わかるでしょうか?
アトリ

ちょっと向きを変えると、落ち葉に紛れて姿がわかりにくくなるんですよ。
落ち葉に紛れるアトリ

野鳥はどのようにして落ち葉に紛れる術を学んだのでしょうね。
落ち葉の中のアトリ

木の上だと動き回っていてなかなかゆっくり見られないのですが、今回はゆっくりと姿を見せてくれたアトリさん。感謝感謝。
たっぷり栄養つけて帰ってね。
アトリ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

シメ・砧公園

砧公園に桜を見に行ったはずが、3月下旬ではあまり咲いていなかったので、桜よりも鳥見になっていますが、今回も野鳥写真です。
今回の野鳥はシメ。

シメ(鴲)スズメ目アトリ科。全長約18cmで、スズメより大きい。
日本では北海道で繁殖し、秋になると本州に渡ってきます。

ガサガサと落ち葉をかき分ける音がしたので、何かいるなと探して発見!
そのシメはこの写真の中にいます。見つけられますか?
シメはどこだ?

わからないと思うのでトリミングします。これ以降の写真も全てトリミングしています。
これでわかりますか?こういうのを見ると、茶色い鳥が多い理由がわかりますよね。
シメ

シメを驚かさないようにソロリソロリと近づきました。
こっちを向いた!やばい!気づかれた?
シメに気づかれた?

でも、その心配はなく、シメはまた落ち葉をかき分け始めました。フーッ!
落ち葉をかき分けるシメ

シメが落ち葉をかき分けながら動いているので、私ももう少し近寄ろうと、脇にあった木の陰に回り込んで撮影。
木の陰からシメ

さらに、この木のすぐ近くまで行って、シメから1mぐらいの距離まで大接近!
シメに大接近

後ろの方でカラスが鳴いたのが気になったのか、後ろを向いちゃいました。
シメの後ろ姿

そして、パッと飛んで、木の上に移動しちゃいましたけど、見やすい所に止まってくれる大サービス!
木に止まるシメ

このあと、シメは茂みの中に入ってしまいました。
この鳥も、スズメじゃないのがいる!と気がついてから、目に止まるようになった鳥です。
亀田龍吉さんが、花を中心に撮っているけど、そこから、集まってくる虫や鳥へと世界が広がっていくとおっしゃっていましたが、ほんとにその通りで、私も庭で育てた花から目にする虫、鳥へと興味が広がりましたからね。
みなさんも、周りをよく見て少しずついろいろなことに興味を持って下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

集まり始めたツグミ・砧公園

毎年、桜の季節になると、普段は一羽でいるツグミが北へ帰るための群れを作り始め、たくさん集まっている姿を見かけるようになります。

桜が満開になる前の砧公園の芝生でも・・・
ホントは20羽ぐら
「今年は桜が遅いけど、帰り支度を始めなくちゃなぁ。」
「もうちょっとのんびりしようよ。」
なんて会話をしてるかも。
集まり始めたツグミ

「しっかり食べるもの食べて、体力つけなくちゃ!」
「お花見になって、うるさい人間たちが集まるとおちおち食事もできないからね」
「あー忙し忙し」
忙しいツグミ

忙しそうに右へ左へと駆け回るツグミです。
ツグミ

ちょっと、じっと見てないでよ!
ツグミとにらめっこ

次々に集まって群れを作り、4月中には北へ帰ってしまい、ツグミの姿は見られなくなります。
ちょっと残念ですけど、冬にまた会えるのを楽しみにしているよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

アオゲラ・砧公園

砧公園に、桜はどうか、カタクリの花はどうかと見に行った砧公園で、聞きなれない鳴き声がしたと思ったら、コンコンコンと木を突くような音が聞こえたので、これはキツツキの仲間がいるに違いない!と、鳴き声や木を突く音を頼りに木の上の方を探すと、赤いモヒカン頭の鳥が木を突いているのを見つけました!
それがこの鳥です。天気が悪く少し暗めです。
赤いモヒカン頭の鳥

木を少し上に上り、向きを変えて横向きになってくれたところをさらに撮影。間違いなくキツツキの仲間らしい姿!
見慣れぬモヒカンの鳥

見ていたら、パッと飛んだので焦りましたけど、飛んでいった先が近くの桜の木だったので、おどかさないように追いかけて狙うと、明るめの所に来てくれて体色がわかるように撮れました。
大体検討はついたのですが、この姿をもとにスマホで検索。
そして、アオゲラと確定。
アオゲラがあちこちで見られるのは知っていましたが、アオゲラとのはじめての出会いです!
アオゲラ

翼は緑っぽくて、赤いモヒカン頭
翼は緑で赤いモヒカン

お腹側は縞々模様。
これがアオゲラかぁ。
アオゲラ・横

初めて見る鳥は新鮮ですね。
不思議なことに、一度見つけた鳥は、次からは見つけやすくなるからほんとに不思議。
しっかり目に焼き付けましたよ。
次からは見つけやすくなることでしょう。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

カワセミとダイサギ・自然教育園

目黒自然教育園で撮影したカワセミの写真に戻ります。
今回は3/12に撮影したカワセミとダイサギなのですが、実は3/20にも足を運び、またまたカワセミとダイサギを撮影できたので合わせてお届けします。

水生植物園のお気に入りのよく止まる木に止まっているカワセミと餌を探しながら近づいたダイサギです。
カワセミは左上の方にいます。写真をクリックして見て下さい。
カワセミとダイサギ1

ダイサギが横を向いてくれたところで一枚。
ダイサギの頭の上の方をよく見てくださいね。
カワセミとダイサギ2

そして3/20です。
この日もカワセミがお気に入りの木に止まっているところへ、魚を探して近づいてきました。
カワセミは右上、水面に映るダイサギの姿もどうぞ。
カワセミとダイサギ3

こちらを向いてくれたダイサギとダイサギを見下ろすようなカワセミです。
カワセミとダイサギ4

カワセミは小さいので中な他の鳥と撮ろうと思うとわかりにくいのですが、今回はかなりはっきりとわかるぐらいの位置にダイサギが近づいてくれたのでついてました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

夕日に佇むユリカモメ・洗足池公園

洗足池の野鳥シリーズ、今回は夕日に佇むユリカモメです。

池の中の杭に止まって夕日を眺めるユリカモメ。
都の景色も変わったなぁ、と嘆いているのか。
ユリカモメ1

夕日に染まるのも悪くない。
ユリカモメ2

ちゃんと二本あるけど一本足で止まっているユリカモメ。
ギィーと鳴いて、一本足で去りゆくユリカモメ。
ユリカモメ・飛ぶ

夕日が俺を呼んでいる。
ユリカモメ3

夕日が目に染みて見てられないぜ。
ユリカモメ4

夕日を胸に、明日を待つのさ。
ユリカモメ5

あばよ、またな。
ユリカモメ6

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

カワセミ・ゴイサギ・ツグミ

身近な洗足池に行ってみました。
が、今回はその前に昔から洗足池の近くに溜池のようなものがあるのは知っていたのですが、行ったことがない未開の地、かつては洗足池の大池に対して、小池と呼ばれていた溜池の雰囲気を復元し、2009年に現在の形となったという小池公園に寄ってみました。
池の雰囲気は、池を中心にした広々とした公園。
池にはキンクロハジロやオナガガモ、カルガモが少ないながらも泳いでいました。オオバンも1羽だけいました。
公園の雰囲気もこれらの野鳥も写真があればよかったのですが撮り忘れちゃいました。
池をグルっと回っていたら、池の中程からピューッと弾丸のように飛んでいる鳥が視界に入りました。
あれはカワセミじゃないの?と飛んでいった先を見ると、青い宝石・カワセミが枝に止まっていました。
まさかここでカワセミに会えるとは、なんという幸運!
ちょっと距離があったのでトリミングしています。
カワセミ見っけ!

撮影してたらパッと飛んだので焦りましたが、偶然カメラの端に捉えていたので、飛んでる姿をトリミング!
カワセミ・飛翔

近くの枝に止まって腰を落ち着けていました。
腰を落ち着けたカワセミ

しばらく見ていたのですが、水面を見て魚を探す仕草もしないので、これはしばらく飛ばないなと諦めて洗足池に移動しましたました。
小池から自転車で5分もかからない所に洗足池公園はあります。
ここでも目的も野鳥。
池を回って弁財天脇へ。ここはほぼ毎日ゴイサギが日向ぼっこをしている場所なので、今日はどうかなと見に行くと、やはり日が当たるところでのんびりしているゴイサギがいました。
ゴイサギ

止まっている近くにベンチがあるのでのんびり休憩しながら眺めていると、空に向かって口を開けていました。
ゴイサギのあくび?そんな訳はないですよね。トリミングしています。
ゴイサギのあくび?

池を回って、ユリカモメやオナガガモなどを撮影し、ぼちぼち帰ろうかと自転車をおいたところへ向かう途中、池月橋という太鼓橋の近くに来ると、超望遠レンズを備えたカメラマンが数人狙っていました。狙っていたのは、カワセミちゃんです。
洗足池を縦横無尽に飛び回るカワセミは、この付近でよく小魚を捕まえているんです。
その中に混じって撮影。キジバトが近くにいましたよ。トリミングしています。
カワセミとキジバト

カワセミを眺めていたら、目の端にちょこちょこ動いて落ち葉をガサガサと漁る鳥を捉えました。
ツグミ?とよく見ると、間違いなくツグミでした。
今年に入ってからすでに見つけていたのですが、うまく撮れていなかったのですが、ようやくこの冬、しっかりとツグミを捉えました。
ツグミ

実は1/29(日)にも洗足池に行ってきたのですが、またしてもカワセミが・・・
それはまた別の日にお届けします。

冬は寒いですけど野鳥を追いかけるのは楽しいですよ。
みなさんも寒さに負けずに野鳥を追いかけてみて下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

これだーれだ!パート1 井の頭公園

今日から今週いっぱいは井の頭公園で撮影した写真シリーズです。
さて、問題です。この鳥はなんという鳥でしょうか!
なーんだ

実はこの鳥、ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥なんです。
鷲や鷹などの猛禽類を思わせる茶色の羽毛に覆われ、白く見えるけど、実際は淡い黄褐色の斑点が散在している様子が星のように見えるゴイサギなのでホシゴイと呼ばれます。
ホシゴイ

成鳥になるとどうなるかというと、こちらの写真。
昼間は水面に張出した樹上などでひっそりと休み、夜間に活動するのでこんな姿が多いんです。
ゴイサギの成鳥

これではあんまりなので、過去にお届けした写真をお見せします。
ゴイサギの成鳥

成鳥になると青い綺麗な羽に生え変わるんですよ。
幼い頃は木々の間で目立たないようにして、鷲や鷹などの猛禽類に似せることで襲われないようにしているのかもしれませんよね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

ジョウビタキと月

12/19の日の出頃、緑道公園に行って、久しぶリの早朝お月見散歩をしていました。
緑道公園にいつもいるのはスズメとハト。
時々いいるのがシジュウカラ。
そして冬になると、顔を見せるのが今日お届けするジョウビタキです。しかもオスだけ。

木を支える杭の上に止まっているジョウビタキを発見しました。
ジョウビタキのオス

ジョウビタキ(尉鶲)スズメ目・ツグミ科(ヒタキ科) 冬に日本にやってくる渡り鳥で、スズメよりもちょっと小さいぐらい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴で、メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられます。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしています。オスもメスも翼の中ほどに白くて細長い斑点があります。

ハナミズキの枝に止まっているところです。
翅の白い斑点がわかると思います。
ジョウビタキ

このジョウビタキが移動する先を追いかけていたら、私の気持ちを見透かしたかのように月と撮れる位置に移動してくれたんですよ。
しかも月を眺めているようにも見えるように止まってくれました。
この日の月は更待月。月の出が遅くなって午前中も見られるようになっているお月様です。
ジョウビタキと更待月

先日、ツグミも見かけたので、いろいろな渡り鳥が日本にやってきているんですね。
木々の葉も散り、枝に止まった姿を見つけやすくなっていますので、ちょっと気にかけてみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

カモの季節来る!

11月に入り急に寒くなってきましたが、寒くなってきたといえば渡り鳥の季節ですね。
11/3の新宿御苑の池にはしっかりとカモが来始めていましたよ。

ちょっとわかりにくいですが、くちばしが先に行くほど広がっているハシビロガモです。
ハシビロガモ

群れでやってきたマガモです。
マガモ

体の色が黒いキンクロハジロのオスです。
メスも遠くにいましたよ。
キンクロハジロ

ちょっと遠くて撮れなかったオナガガモもいて、徐々に賑やかになってきました。
カモーン!とカモが呼んでます。
暖かい格好をして出かけましょう!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

カイツブリの親子・北の丸公園

今回も野鳥写真です。

北の丸公園内の池に、見慣れないグレーの水鳥がいました。
カイツブリの幼鳥

見ていると泳いでいく先に別の鳥がいました。
それはカイツブリ。
つまり、この鳥はカイツブリの幼鳥なんですね。
頭部に黒や白の斑紋があるのが幼鳥だそうなので、間違いなく幼鳥です。
カイツブリの親子

近くにはもう1羽幼鳥がいました。
2羽の幼鳥と親鳥

池の中の方にやってきて、親鳥が潜水!
「いいか、見てろ!潜水ってのはなこうやるんだよ。」
カイツブリの潜水

「よし、やってみる。えい!」
潜水する幼鳥

「どう?見てくれた?合格点もらえる?」
潜水後のカイツブリ

「まだまだ。ほら、こうやるんだ。」
「スパルタだなぁ」
カイツブリのスパルタ教育

カイツブリは日本では留鳥で、ほぼ一年中見られます。
カモの中ではとても小さいので、カモの子供?と思いそうですが立派な親鳥で、潜ったと思ったら、あっちでプカリ、こっちでプカリと潜水が非常に得意です。
よく見かける鳥なので探してみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

くちばしの曲がったスズメ

都内某所で見つけたスズメです。
公園のベンチに座って休憩しながら、ちょこっと小腹を満たしていると、たくさんのスズメが集まってきました。
人からおこぼれを貰うことに完全に慣れてしまったスズメがたくさん。
ちょっと足元に集まりすぎて食べにくいので、少しちぎってスズメを遠ざけたのですが、一羽のスズメは食べ物争奪戦に勝てなかったようで、すぐに戻ってきました。
追っ払ってもすぐに戻ってくるので、なんだチミは?とよく見てみると、このスズメのおかしなところに気がつきました。
その写真がこれ。
くちばしの曲がったスズメ

どこが変化わかりますか?
下のくちばしが下側に反り返っちゃって、きちんと閉じないんですよ。
これじゃ草の種などの小さな餌をくちばしで挟む事が出来ないですよね。
だから、ある程度大きな塊の食べ物を貰うために人の傍に近寄ってなかなか離れようとしないのでしょうね。
生きるための知恵なのでしょうが、なんとも可愛そうです。
無事に寿命を全うしてくれるといいですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

アオサギのコンシェルジュ?・小石川後楽園

明治神宮でアオサギの飛翔をお届けしましたが、今回は小石川後楽園からアオサギをお届けします。

小石川後楽園の大きな池・大泉水にある蓬莱島のすぐ近く地大きな岩があります。
この付近がアオサギやコサギ、ダイサギのたまり場になっていて、たいてい、どれかが1羽か2羽います。
この日にいたのは青ザギが2羽。
1羽は撮りにくいところにいたのですが、もう1羽は岩の上で暑いと叫んでいるわけではありませんが、天を仰いでいました。
天を仰ぐアオサギ

今日もいるなぁと思いつつ、小石川後楽園内を散策して、回遊式庭園をぐるっとひと回りして、アオサギはどうしたかなぁと思ったら、岩の上から降りて、水の近くで、おかえりなさいませとお出迎え?してくれました。
お迎えしてくれたアオサギ

また、別の方を一周りして戻ってくると、またまたおかえりなさいませとお迎えしてくれました。
お迎えしてくれたアオサギ2

もう1羽も池の畔で同じような格好をしていました。
羽を広げたアオサギ

鳥は羽毛で覆われていて体温を下げにくいので、羽を広げて体に風を当て、体温を下げているのでしょうね。

面白いところに出くわせました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

鳥・飛ぶ!

今回は、新宿御苑で撮影した野鳥が飛んだところをお届けします。

まずはコサギ。
母と子の森の池でエサを探しているところを眺めながら、飛ぶ瞬間をじっと待って狙いました。
写真をクリックするとスライドショーが見られます。
コサギ飛ぶ

芝生広場にいたツグミを追いかけていたら、パッと飛び立ったので飛んでいるところを追いかけて撮影しました。追いかけてと言っても、捕まえようと追いかけていたわけではなくて、カメラで追いかけていただけですよ。
写真をクリックするとスライドショーが見られます。
ツグミ飛ぶ

旧御涼亭の前の池にカワウが佇んでいました。
昼過ぎだからきっと池に飛び込むか飛んで行くかするだろうと狙っていました。
見ていると一瞬姿勢を低くしたので、これは飛ぶかも!と連写を開始したら、飛んだ!と思ったら池に飛び込みました。でも、いい瞬間をとらえられました。
カワウ飛び込む

おまけ

目黒の自然教育園で撮影したダイサギが飛び立つ瞬間をお届けします。
ダイサギ飛ぶ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

ツグミの縄張り争い

新宿御苑で開花したハクモクレンを撮影していたら、すぐ近くでツグミが地面をつついているのを発見!
地面を突くツグミ

しばらく見ていると、広い芝生の方へ移動したので、追いかけてみると、近くに別のツグミが飛んできました。そして闘いが始まったんです。あとで調べてわかったのですが、ツグミの縄張り争いでした。
その様子をどうぞ。

「お主、何者?」
「名乗るほどのものじゃぁござんせん」
と、緊張感が高まる。
対峙するツグミ

「わしの縄張りで無法は許さん!」
「何をこしゃくな!」
「と〜」「とりゃー」「こんちくしょう」「こなくそー」
と、空中戦が始まり、決着?
ツグミの空中戦

闘いが終わったのか、それでも2羽はにらみ合いをしていました。
邪魔にならないようにそーっと接近しちゃいました。
睨み合うツグミ

また争うのかと思ったら、2羽ともこっちを向いて、右を向いて何してるんでしょうね。
観客に礼してたんでしょうか。
こちらを向いたツグミ

右を向いたツグミ

結局、もとからいた左側のずんぐりむっくりとしたツグミが居残り、縄張りを守ったということなんでしょうかね。

渡ってきて散り散りになっていたツグミは、これから徐々に集まってきて、集団で北帰行します。
ツグミを見られるのもあと1ヶ月程度。
ツグミをよく観察してみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ジョウビタキ

今日もまた野鳥写真です。

今回の野鳥はジョウビタキ(尉鶲)
スズメぐらいの大きさで、オスは頭が銀白色、顔は黒色、腹は赤茶色。メスは体が灰色味のある茶色。翼に白斑があるのが特徴です。
日本では冬鳥で、積雪のない地方で越冬し、平地から低山の農耕地、住宅地、公園、河原などに生息し、ほとんど1羽で行動します。
名前のジョウは「尉」で銀髪のこと。ヒタキは「火焚(鶲)」で、火打石をたたく音に似た音を出すことからジョウビタキとなづけられたそうな。

オスとメスを別の場所で撮影出来たのでお届けします。

オスは早朝ウォーキング中の緑道公園で発見!
ジョウビタキ・オス1 ジョウビタキ・オス2

メスは小石川後楽園で発見。園内を歩いていたら私の左側で鳥の鳴き声がするなと思って見てみたら、ジョウビタキのメスだったんです。
しばらくちょこまか動きまわって、飛んでいってしまいました。
ジョウビタキ・メス1 ジョウビタキ・メス2

ジョウビタキも渡り鳥なので暖かくなってくるとお別れです。
3月中にまた出会えるでしょうか。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする