2017年03月21日

カワセミとダイサギ・自然教育園

目黒自然教育園で撮影したカワセミの写真に戻ります。
今回は3/12に撮影したカワセミとダイサギなのですが、実は3/20にも足を運び、またまたカワセミとダイサギを撮影できたので合わせてお届けします。

水生植物園のお気に入りのよく止まる木に止まっているカワセミと餌を探しながら近づいたダイサギです。
カワセミは左上の方にいます。写真をクリックして見て下さい。
カワセミとダイサギ1

ダイサギが横を向いてくれたところで一枚。
ダイサギの頭の上の方をよく見てくださいね。
カワセミとダイサギ2

そして3/20です。
この日もカワセミがお気に入りの木に止まっているところへ、魚を探して近づいてきました。
カワセミは右上、水面に映るダイサギの姿もどうぞ。
カワセミとダイサギ3

こちらを向いてくれたダイサギとダイサギを見下ろすようなカワセミです。
カワセミとダイサギ4

カワセミは小さいので中な他の鳥と撮ろうと思うとわかりにくいのですが、今回はかなりはっきりとわかるぐらいの位置にダイサギが近づいてくれたのでついてました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

夕日に佇むユリカモメ・洗足池公園

洗足池の野鳥シリーズ、今回は夕日に佇むユリカモメです。

池の中の杭に止まって夕日を眺めるユリカモメ。
都の景色も変わったなぁ、と嘆いているのか。
ユリカモメ1

夕日に染まるのも悪くない。
ユリカモメ2

ちゃんと二本あるけど一本足で止まっているユリカモメ。
ギィーと鳴いて、一本足で去りゆくユリカモメ。
ユリカモメ・飛ぶ

夕日が俺を呼んでいる。
ユリカモメ3

夕日が目に染みて見てられないぜ。
ユリカモメ4

夕日を胸に、明日を待つのさ。
ユリカモメ5

あばよ、またな。
ユリカモメ6

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

カワセミ・ゴイサギ・ツグミ

身近な洗足池に行ってみました。
が、今回はその前に昔から洗足池の近くに溜池のようなものがあるのは知っていたのですが、行ったことがない未開の地、かつては洗足池の大池に対して、小池と呼ばれていた溜池の雰囲気を復元し、2009年に現在の形となったという小池公園に寄ってみました。
池の雰囲気は、池を中心にした広々とした公園。
池にはキンクロハジロやオナガガモ、カルガモが少ないながらも泳いでいました。オオバンも1羽だけいました。
公園の雰囲気もこれらの野鳥も写真があればよかったのですが撮り忘れちゃいました。
池をグルっと回っていたら、池の中程からピューッと弾丸のように飛んでいる鳥が視界に入りました。
あれはカワセミじゃないの?と飛んでいった先を見ると、青い宝石・カワセミが枝に止まっていました。
まさかここでカワセミに会えるとは、なんという幸運!
ちょっと距離があったのでトリミングしています。
カワセミ見っけ!

撮影してたらパッと飛んだので焦りましたが、偶然カメラの端に捉えていたので、飛んでる姿をトリミング!
カワセミ・飛翔

近くの枝に止まって腰を落ち着けていました。
腰を落ち着けたカワセミ

しばらく見ていたのですが、水面を見て魚を探す仕草もしないので、これはしばらく飛ばないなと諦めて洗足池に移動しましたました。
小池から自転車で5分もかからない所に洗足池公園はあります。
ここでも目的も野鳥。
池を回って弁財天脇へ。ここはほぼ毎日ゴイサギが日向ぼっこをしている場所なので、今日はどうかなと見に行くと、やはり日が当たるところでのんびりしているゴイサギがいました。
ゴイサギ

止まっている近くにベンチがあるのでのんびり休憩しながら眺めていると、空に向かって口を開けていました。
ゴイサギのあくび?そんな訳はないですよね。トリミングしています。
ゴイサギのあくび?

池を回って、ユリカモメやオナガガモなどを撮影し、ぼちぼち帰ろうかと自転車をおいたところへ向かう途中、池月橋という太鼓橋の近くに来ると、超望遠レンズを備えたカメラマンが数人狙っていました。狙っていたのは、カワセミちゃんです。
洗足池を縦横無尽に飛び回るカワセミは、この付近でよく小魚を捕まえているんです。
その中に混じって撮影。キジバトが近くにいましたよ。トリミングしています。
カワセミとキジバト

カワセミを眺めていたら、目の端にちょこちょこ動いて落ち葉をガサガサと漁る鳥を捉えました。
ツグミ?とよく見ると、間違いなくツグミでした。
今年に入ってからすでに見つけていたのですが、うまく撮れていなかったのですが、ようやくこの冬、しっかりとツグミを捉えました。
ツグミ

実は1/29(日)にも洗足池に行ってきたのですが、またしてもカワセミが・・・
それはまた別の日にお届けします。

冬は寒いですけど野鳥を追いかけるのは楽しいですよ。
みなさんも寒さに負けずに野鳥を追いかけてみて下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

これだーれだ!パート1 井の頭公園

今日から今週いっぱいは井の頭公園で撮影した写真シリーズです。
さて、問題です。この鳥はなんという鳥でしょうか!
なーんだ

実はこの鳥、ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥なんです。
鷲や鷹などの猛禽類を思わせる茶色の羽毛に覆われ、白く見えるけど、実際は淡い黄褐色の斑点が散在している様子が星のように見えるゴイサギなのでホシゴイと呼ばれます。
ホシゴイ

成鳥になるとどうなるかというと、こちらの写真。
昼間は水面に張出した樹上などでひっそりと休み、夜間に活動するのでこんな姿が多いんです。
ゴイサギの成鳥

これではあんまりなので、過去にお届けした写真をお見せします。
ゴイサギの成鳥

成鳥になると青い綺麗な羽に生え変わるんですよ。
幼い頃は木々の間で目立たないようにして、鷲や鷹などの猛禽類に似せることで襲われないようにしているのかもしれませんよね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

ジョウビタキと月

12/19の日の出頃、緑道公園に行って、久しぶリの早朝お月見散歩をしていました。
緑道公園にいつもいるのはスズメとハト。
時々いいるのがシジュウカラ。
そして冬になると、顔を見せるのが今日お届けするジョウビタキです。しかもオスだけ。

木を支える杭の上に止まっているジョウビタキを発見しました。
ジョウビタキのオス

ジョウビタキ(尉鶲)スズメ目・ツグミ科(ヒタキ科) 冬に日本にやってくる渡り鳥で、スズメよりもちょっと小さいぐらい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴で、メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられます。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしています。オスもメスも翼の中ほどに白くて細長い斑点があります。

ハナミズキの枝に止まっているところです。
翅の白い斑点がわかると思います。
ジョウビタキ

このジョウビタキが移動する先を追いかけていたら、私の気持ちを見透かしたかのように月と撮れる位置に移動してくれたんですよ。
しかも月を眺めているようにも見えるように止まってくれました。
この日の月は更待月。月の出が遅くなって午前中も見られるようになっているお月様です。
ジョウビタキと更待月

先日、ツグミも見かけたので、いろいろな渡り鳥が日本にやってきているんですね。
木々の葉も散り、枝に止まった姿を見つけやすくなっていますので、ちょっと気にかけてみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

カモの季節来る!

11月に入り急に寒くなってきましたが、寒くなってきたといえば渡り鳥の季節ですね。
11/3の新宿御苑の池にはしっかりとカモが来始めていましたよ。

ちょっとわかりにくいですが、くちばしが先に行くほど広がっているハシビロガモです。
ハシビロガモ

群れでやってきたマガモです。
マガモ

体の色が黒いキンクロハジロのオスです。
メスも遠くにいましたよ。
キンクロハジロ

ちょっと遠くて撮れなかったオナガガモもいて、徐々に賑やかになってきました。
カモーン!とカモが呼んでます。
暖かい格好をして出かけましょう!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

カイツブリの親子・北の丸公園

今回も野鳥写真です。

北の丸公園内の池に、見慣れないグレーの水鳥がいました。
カイツブリの幼鳥

見ていると泳いでいく先に別の鳥がいました。
それはカイツブリ。
つまり、この鳥はカイツブリの幼鳥なんですね。
頭部に黒や白の斑紋があるのが幼鳥だそうなので、間違いなく幼鳥です。
カイツブリの親子

近くにはもう1羽幼鳥がいました。
2羽の幼鳥と親鳥

池の中の方にやってきて、親鳥が潜水!
「いいか、見てろ!潜水ってのはなこうやるんだよ。」
カイツブリの潜水

「よし、やってみる。えい!」
潜水する幼鳥

「どう?見てくれた?合格点もらえる?」
潜水後のカイツブリ

「まだまだ。ほら、こうやるんだ。」
「スパルタだなぁ」
カイツブリのスパルタ教育

カイツブリは日本では留鳥で、ほぼ一年中見られます。
カモの中ではとても小さいので、カモの子供?と思いそうですが立派な親鳥で、潜ったと思ったら、あっちでプカリ、こっちでプカリと潜水が非常に得意です。
よく見かける鳥なので探してみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

くちばしの曲がったスズメ

都内某所で見つけたスズメです。
公園のベンチに座って休憩しながら、ちょこっと小腹を満たしていると、たくさんのスズメが集まってきました。
人からおこぼれを貰うことに完全に慣れてしまったスズメがたくさん。
ちょっと足元に集まりすぎて食べにくいので、少しちぎってスズメを遠ざけたのですが、一羽のスズメは食べ物争奪戦に勝てなかったようで、すぐに戻ってきました。
追っ払ってもすぐに戻ってくるので、なんだチミは?とよく見てみると、このスズメのおかしなところに気がつきました。
その写真がこれ。
くちばしの曲がったスズメ

どこが変化わかりますか?
下のくちばしが下側に反り返っちゃって、きちんと閉じないんですよ。
これじゃ草の種などの小さな餌をくちばしで挟む事が出来ないですよね。
だから、ある程度大きな塊の食べ物を貰うために人の傍に近寄ってなかなか離れようとしないのでしょうね。
生きるための知恵なのでしょうが、なんとも可愛そうです。
無事に寿命を全うしてくれるといいですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

アオサギのコンシェルジュ?・小石川後楽園

明治神宮でアオサギの飛翔をお届けしましたが、今回は小石川後楽園からアオサギをお届けします。

小石川後楽園の大きな池・大泉水にある蓬莱島のすぐ近く地大きな岩があります。
この付近がアオサギやコサギ、ダイサギのたまり場になっていて、たいてい、どれかが1羽か2羽います。
この日にいたのは青ザギが2羽。
1羽は撮りにくいところにいたのですが、もう1羽は岩の上で暑いと叫んでいるわけではありませんが、天を仰いでいました。
天を仰ぐアオサギ

今日もいるなぁと思いつつ、小石川後楽園内を散策して、回遊式庭園をぐるっとひと回りして、アオサギはどうしたかなぁと思ったら、岩の上から降りて、水の近くで、おかえりなさいませとお出迎え?してくれました。
お迎えしてくれたアオサギ

また、別の方を一周りして戻ってくると、またまたおかえりなさいませとお迎えしてくれました。
お迎えしてくれたアオサギ2

もう1羽も池の畔で同じような格好をしていました。
羽を広げたアオサギ

鳥は羽毛で覆われていて体温を下げにくいので、羽を広げて体に風を当て、体温を下げているのでしょうね。

面白いところに出くわせました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

鳥・飛ぶ!

今回は、新宿御苑で撮影した野鳥が飛んだところをお届けします。

まずはコサギ。
母と子の森の池でエサを探しているところを眺めながら、飛ぶ瞬間をじっと待って狙いました。
写真をクリックするとスライドショーが見られます。
コサギ飛ぶ

芝生広場にいたツグミを追いかけていたら、パッと飛び立ったので飛んでいるところを追いかけて撮影しました。追いかけてと言っても、捕まえようと追いかけていたわけではなくて、カメラで追いかけていただけですよ。
写真をクリックするとスライドショーが見られます。
ツグミ飛ぶ

旧御涼亭の前の池にカワウが佇んでいました。
昼過ぎだからきっと池に飛び込むか飛んで行くかするだろうと狙っていました。
見ていると一瞬姿勢を低くしたので、これは飛ぶかも!と連写を開始したら、飛んだ!と思ったら池に飛び込みました。でも、いい瞬間をとらえられました。
カワウ飛び込む

おまけ

目黒の自然教育園で撮影したダイサギが飛び立つ瞬間をお届けします。
ダイサギ飛ぶ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

ツグミの縄張り争い

新宿御苑で開花したハクモクレンを撮影していたら、すぐ近くでツグミが地面をつついているのを発見!
地面を突くツグミ

しばらく見ていると、広い芝生の方へ移動したので、追いかけてみると、近くに別のツグミが飛んできました。そして闘いが始まったんです。あとで調べてわかったのですが、ツグミの縄張り争いでした。
その様子をどうぞ。

「お主、何者?」
「名乗るほどのものじゃぁござんせん」
と、緊張感が高まる。
対峙するツグミ

「わしの縄張りで無法は許さん!」
「何をこしゃくな!」
「と〜」「とりゃー」「こんちくしょう」「こなくそー」
と、空中戦が始まり、決着?
ツグミの空中戦

闘いが終わったのか、それでも2羽はにらみ合いをしていました。
邪魔にならないようにそーっと接近しちゃいました。
睨み合うツグミ

また争うのかと思ったら、2羽ともこっちを向いて、右を向いて何してるんでしょうね。
観客に礼してたんでしょうか。
こちらを向いたツグミ

右を向いたツグミ

結局、もとからいた左側のずんぐりむっくりとしたツグミが居残り、縄張りを守ったということなんでしょうかね。

渡ってきて散り散りになっていたツグミは、これから徐々に集まってきて、集団で北帰行します。
ツグミを見られるのもあと1ヶ月程度。
ツグミをよく観察してみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ジョウビタキ

今日もまた野鳥写真です。

今回の野鳥はジョウビタキ(尉鶲)
スズメぐらいの大きさで、オスは頭が銀白色、顔は黒色、腹は赤茶色。メスは体が灰色味のある茶色。翼に白斑があるのが特徴です。
日本では冬鳥で、積雪のない地方で越冬し、平地から低山の農耕地、住宅地、公園、河原などに生息し、ほとんど1羽で行動します。
名前のジョウは「尉」で銀髪のこと。ヒタキは「火焚(鶲)」で、火打石をたたく音に似た音を出すことからジョウビタキとなづけられたそうな。

オスとメスを別の場所で撮影出来たのでお届けします。

オスは早朝ウォーキング中の緑道公園で発見!
ジョウビタキ・オス1 ジョウビタキ・オス2

メスは小石川後楽園で発見。園内を歩いていたら私の左側で鳥の鳴き声がするなと思って見てみたら、ジョウビタキのメスだったんです。
しばらくちょこまか動きまわって、飛んでいってしまいました。
ジョウビタキ・メス1 ジョウビタキ・メス2

ジョウビタキも渡り鳥なので暖かくなってくるとお別れです。
3月中にまた出会えるでしょうか。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

いろいろな野鳥・洗足池

洗足池で撮影した野鳥写真をお届けします。
野鳥といっても今は賑やかないろいろな水鳥をお届けします。

渡り鳥のユリカモメ。
一昔前はこんなにたくさんいなかったように思うのですが、餌をあげるから味をしめ、増えてきているように思います。
そんなユリカモメ。杭に止まってポーズ!と思ったら、飛んでったー!
ユリカモメ

木の上のゴイサギ(五位鷺)です。
昼間はじっとしていて、夕方から餌を探し始める夜行性のサギです。
ゴイサギ1 ゴイサギ2

コサギです。コサギの周りにはオナガガモがじっとしていました。
コサギ

このコサギだと思うのですが、カワセミを追いかけているうちにちょっと移動し、散策路から近い水辺を餌を探して歩いていました。わずか2mぐらいの距離。
コサギに接近

これが次第に狭まって、最短で1mぐらいまで迫ったと思います。
杭に立ってじっと見つめるコサギです。シュッとしてかっこいい顔してますよね。
たたずむコサギ

杭に立った全体像を撮ろうと引いて撮り始めたら、足をそろりと出した次の瞬間、飛んでいってしまいました。
コサギ、飛ぶ

洗足池ではいそうでなかなかいないオオバンを発見!
いろいろなカモに混じっていても、額が白いのですぐに分かります。
オオバン

冬はカモメやカモ類がたくさんいるので水辺は賑やかですね。
それもあと1ヶ月ぐらい。桜と入れ替わりに去っていってしまいます。
お早めにご覧ください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

カワセミ(翡翠)

週末に洗足池に立ち寄って野鳥写真を撮影してきました。

池の周りでユリカモメの写真を撮影していた時、一瞬、自転車のブレーキの音のようなピピピピピピーという鳴き声を耳にしました。
こ、こ、この鳴き声はカワセミ!
カワセミが近くにいるぞ!と、鳴き声がした方を探してみました。
そして、意外とあっけなくカワセミが発見できました!
元の写真だとこんな感じなのですが、小さすぎてわからないのでトリミングしました。
カーソルを乗せてご覧ください。


この後はトリミングしてお届けします。

このカワセミをカメラの望遠で覗きながらタイミングを見計らってシャッターを切っていたのですが、偶然撮れたこの格好、なにしてると思いますか?飛ばずに羽を広げておしりを上げているこの格好は、糞をした瞬間だと思います。
糞をするカワセミ

止まっている場所は弁財天の裏手だから、そっちに行けばもっと近くで見られるかも!
お願いだからそれまで動かないでーと願いながら移動して、弁財天裏の茂みの先にカワセミを発見!
気づかれないようにそっと撮影のつもりが、カワセミがこっちを向いちゃった!
こっちを向いてるんですけど分かりますか?
カワセミ

まずいなぁと思ったら案の定、飛びましたが、すぐ近くに止まってくれました。
ピントを合わせ、後ろ向きだし、ちょっと暗いしなんて思いながらカメラの設定を変えて数枚撮影してたら、カワセミがいきなりこちらに向きを変えてまたしても気付かれた!
こちらを向くカワセミ

気付かれたと思ったら案の定、ピピピーと飛ばれました。
でも、鳴き声が途切れたのは撮影していたところから弁財天を挟んで反対側ぐらいの付近。
移動して、どこにいるんだと、探そうと思ったら、目の前の桜の木の幹にカワセミが止まっていました。
今度は気付かれまいと、木の影から狙いました。
わずか1.5mぐらいの距離でした。この写真はトリミングしてませんよ。
カワセミに大接近

しばらく見ていたら、ピピーと鳴き声を上げて近くの木の中に隠れてしまいました。
鳴き声は聞こえるけど姿が見えなくなったので、これまでだなと諦めて池の畔を、コサギにゴイサギ、ユリカモメの撮影もして歩き回っていました。
時々、カワセミの鳴き声がして、右へ左へと飛んでいるようでしたが、ふと鳴き声が近づいて止まりました。鳴き声が途切れたあたりへ移動すると、桜の枝にカワセミが止まっていました。
池の中の杭にはユリカモメが止まっていたので、一緒に撮るからそれまでじっとしていてねとお願いし、びっくりさせないように静かに撮影。
この写真もトリミング無し!どれだけカワセミが近いかを感じ取ってください。
SIMGPB4126.JPG

この後、カワセミはピピピピーと、対岸の方に飛んでいってしまいました。
これはもう戻ってきそうにないなと諦めて池の周りを散策して帰ったとさ。

ちなみにカワセミの羽の翡翠色は羽の色ではないって知ってましたか?
色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見え、これを構造色というそうです。シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理ということなんです。
それじゃぁ一体、カワセミのホントの色は何色?

次回は、洗足池で撮影した他の野鳥写真をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

シロハラ・ツグミ 林試の森

風邪から立ち直った2/11の建国記念日に林試の森へ日光浴をしに行きました。
風邪に対抗するには日にあたってビタミンDを作るのも大事なことですからね。

林試の森に行って、特に何を撮るという目的もないまま歩きまわっていると、落葉の上でがさがさやっている野鳥を発見!
ツグミかな?と思ってよく見ると、ちょっとずんぐりむっくりの鳥でした。
ツグミに似た行動をしているけど、お腹が白く斑が入っていないシロハラでした!
目立たないように木の影から撮影しました。
この冬はじめて撮影出来ました!
シロハラ

ちょこちょこと近づいてきて体側をしっかりと見せてくれました!
ツグミとは明らかに違いますよね。
シロハラの側面

ツグミとは違うと書きましたけど、ツグミも見せてよ、といったところでしょうか。
私もツグミが撮りたいなと思ったら、シロハラを撮影したところでツグミも発見!
ちょっと遠目だったのでZR1600の超解像ズームも使って撮影。
拡大するとちょっと荒いのがわかるのですが、この写真ぐらいなら目立たないので十分ブログには使える昨日と判明。鳥の撮影にはお役立ちです!
ツグミ

林試の森を歩いていると、この日はツグミがあちこちに現れてくれました。
なかなかじっとしてくれないので、簡単には撮れなかったのですが、日の当たる枝に止まった時は意外とじっとしていてくれたのでのんびり撮れました。ひなたぼっこしてたんでしょうかね。
ツグミもひなたぼっこ

春の前の今の時期は、野鳥の姿がたくさん見られる時期です。
まだ、葉も少ないので頑張って探せば、数種類の野鳥(ツグミ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ、コゲラなど)が見られると思いますよ。
探してみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

ハジロカイツブリ・新宿御苑

また野鳥写真です。

1/16(土) 新宿御苑に行って咲き始めた寒桜などを見て、そして見かけぬ鳥も見てしまいました。

場所は日本庭園の旧御涼亭のある池。
御苑の関係者が池を泳いでいる野鳥にカメラを向けていました。
いつもいる野鳥なら撮らないだろうから、なにか特別な野鳥?と思って、池を覗きに行ってみました。

なんの鳥だろう?と見てみると、ちょっと見かけぬ鳥を発見。
見かけぬ鳥発見!

上の写真じゃわからないので、左を向いた鳥をトリミングしてお届けします。
ちょっとトリミング

ちょっとわからないので、少し近くに行けそうな向かい側の池の畔に移動すると、さっきよりもだいぶ近くに見えました。
大きさも格好もカイツブリのようだけど、体色が茶色ではなく白と黒。
そして、目が赤い?
充血してる?って、そんなことないやろ!
眼が赤いのが分かる写真をお届けします。クリックしてご覧ください。
カイツブリに似ている鳥だけど、何だ?と疑問のまま。
ハジロカイツブリ

この野鳥が何かわからなかったので、調べてみると、ハジロカイツブリというカイツブリの仲間でした。

ハジロカイツブリ(羽白鳰)、カイツブリ目カイツブリ科

全長は30cmほど(28-34 cm) で、カイツブリより少し大きくハトくらいの大きさ。
翼開長は約57cm(56-60 cm) 、体重265-450 g。目が赤く、くちばしがわずかに上に反っている。
冬羽はのどから腹にかけて白く、他が黒い。夏羽では頭部と背中が黒、わき腹が褐色、腹が白となり、後頭部にイワトビペンギンのようなにぶい金色の飾り羽があらわれる。雌雄同色。

それほど珍しいというほどのものではありませんが。こんなところで出会えるなんて!
正面を向いた時の写真です。
正面向いたハジロカイツブリ

確かに見かけぬハジロカイツブリでした。
今月はお初の野鳥を見かける機会がなぜか多いんですよ。
単に今まで気が付かなかっただけかもしれませんけどね。
でも、もう見つけていてもおかしくないツグミを今でも発見していないので、その代わり?

みなさんも身の回りをよく探してみてくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

カワセミ、見つけ!

1/11に目黒の自然教育園に行ってきました。
でも、イメージしていたようなものが見られず、残念ながら思ったような写真が撮れませんでした。
その中から一枚だけ。
またまた野鳥写真ですけど、一枚だけ。
それは、カワセミです!
大抵みつける時は鳴き声がした方に検討をつけ、何回かの鳴き声でみつけるのですが、この日は特別。
たまたま通りかかったらカワセミが飛んできた!
慌てて撮影したので最初はブレブレ。何枚か撮って、これでどうかなと確認していたら飛んでいってしまったのでこのポーズしか写してないのでこれ一枚。
カワセミ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

初撮影の野鳥

放鷹術の実演を見た1/2の浜離宮庭園では、紅梅がチラホラと咲き始めていました。
ほころぶ紅梅

そんな浜離宮庭園を散策していて、今まで撮影したことのない野鳥に出会いました。
潮入の池のほとりを歩いていると、セキレイに似た雰囲気で、スズメより大きくハトよりも小さい鳥がおしりを上下に振りながら歩いていました。
あの鳥は?ととにかく撮影。
撮影した写真を鳥ミングではなくトリミングしました。
イソシギ

撮影後、インターネットで調べてみると、イソシギではないかと思います。
これは違うよ!というご指摘がありましたらお願い致します。

イソシギ(チドリ目シギ科)
全国的にほぼ一年中、干潟や水田、湖沼、河川などあらゆる水辺で見られるシギ科はこの鳥だけで、1〜2羽でいることが多い(北海道では夏鳥、沖縄では冬鳥)。
スズメとムクドリの中間の大きさ。
腹の白が肩先に切れ込んで見える。(日本野鳥の会HPより)

イソシギを左から、右から、そして後ろから撮影した写真をご覧ください。
イソシギ 左側 イソシギ 右から イソシギ 後ろから

海側のベンチでちょっと休憩しようと移動すると、水面にこれまた見かけない鳥を発見。
カワウに似てるけど、カワウではなさそうだし、ウミウともちょっと色合いが違うし、ミコアイサのような色合いだけど首が長過ぎるし、はて?わからなければとにかく撮影してあとで調べればいいのでこれまた撮影。
ちょっと遠めにいたので、これまた鳥ミング、ではなくトリミングしました。
カンムリカイツブリ

似た写真をインターネットで探してたどり着いたのはカンムリカイツブリ。

カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
目の上、首から腹にかけて白く、背・羽は黒っぽい。
カイツブリ類の中で最も大きく、首が長い。
冬になって、湖・沼・河口・海岸などにわたってくる。

右からと左からをご覧ください。
カンムリカイツブリ 左から カンムリカイツブリ 右から

最後に見慣れた野鳥のアオサギです。
水面をじっと見つめて何を狙っているのでしょうね。
と思ったらその前をカモたちが足早に通り過ぎて行きました。
「サギにカモにされたらたまらない」と言ってたかどうかは定かではありませんが。
アオサギとカモ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 19:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

今日は朝から野鳥の日

今日は早朝ウォーキングでなんとかお月見をした後は野鳥に縁がある日でした。

ウォーキングで立ち寄った円融寺の境内では雑木林をねぐらとするムクドリの大群がいます。
夜が明けてくる頃、ギャーギャーと一斉に鳴いてものすごくうるさいのですが、その鳴き声が一瞬止んだかと思ったら次の瞬間、バタバタバタっと一斉に飛び立つ羽音がまたすごいのなんの!
飛び出てきた数がこれまたすごい!
びっくりして一瞬固まってしまいましたが、これは写真いとらなきゃ!とカメラを構えたのですが、時すでに遅し。大きく分けて4つの大群が飛び立ち、その最後の群れをなんとか撮れました。
ゴミのように見えますが、全てムクドリです。
左下の方に飛んで行ったのですが、その左下に前の群れがちょっとだけ写っていました。
ムクドリの大群

円融寺の後、清水池公園に立ち寄るとアオサギが仁王立ちしていました。
堂々と正面から撮影しちゃいました。
アオサギの仁王立ち

さらに、林試の森に回ると、なんとここの池にもアオサギがいました!
1回のウォーキングで2度アオサギを見るのは初めてのこと。
さっきのアオサギが飛んできたのかと思ったのですが、写真でよく見ると首筋の模様が違うので別のアオサギのようです。
林試の森のアオサギ

そして夕方の多摩川。
二子玉川駅からほど近い二子玉川公園から川を眺めて(本当はダイヤモンド富士を撮るつもりでしたが雲で富士山も太陽も見えず)いたら、上流から下流にむかって次々とカワウの群れが綺麗な∨字を作って飛んでいきました。
そのうちの一つの群れです。
このV字編隊は長年の経験からDNAに刻み込まれたものなのでしょうね。
カワウの∨字飛行

そして、ダイヤモンド富士にがっかりしていたら、今度は目の前を白い編隊が通過していきました。
おそらくコサギの群れではないかと思いますが、定かではありません。
こちらも上流から下流へと飛んでいきました。
日も落ちて暗くてシャッタースピードが遅くなってブレてます。
母さん助けて〜とは鳴いてませんでしたよ。
サギの群れ

こんな風に野鳥と縁がある日というのがあるものなのですよね。
おもしろいもんです。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

野鳥も冬から春の鳥へ

今日は2本立て!
私のガーデニングでは春の花が次々と咲いて来ました。
野鳥の世界も、カモ類の冬鳥の数がぐっと減って来ました。
そして・・・

今日撮影した野鳥をお見せします。

いきなり問題です。
さて、なんという鳥でしょうか。
ユリカモメ・夏羽

実はこれ、ユリカモメの夏羽の状態なんです。
冬羽の白い頭から早くも夏羽の黒い頭に衣替えしてたんです。
そしてこの頭部がごま塩をふったようでちょっと汚く見えるのは、冬羽から夏羽に移行中のユリカモメです。
夏羽に移行中のユリカモメ

そして、春の鳥といえば、ツバメですよね。
春になると、南の国からやってきて、巣を作り子育てをしていくツバメを今年はじめて見かけました。
頭の上をびゅ〜、くるん、くるんと飛び回っていたので、飛んでいるツバメを流し撮りしました。
撮影した写真をトリミング!ちょっとピンぼけですが、いかにもツバメという姿を撮影出来ました。
ツバメ1 ツバメ2

植物も野鳥もしっかり季節を把握して、それぞれにあった季節にそれぞれの場所で生きてるんですね。
自然はたくましい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする