2019年08月26日

多聞院 モヒカン頭の栗のイガ

この夏は猛暑でした。
自転車で行ける多聞院。
7月後半からのあまりの暑さに断念していましたが、ようやく酷暑も落ち着いた8/24に久しぶりに行ってきました。
でも、見頃の花がなく、お届けするものはないかなと思ったのですが、一つだけ見つけました。
それが栗の実。
以前にもお届けしましたが、茶色く色づき始めた栗を見るのは初めてだったので面白くて撮ってきました。

私が栗が茶色くなってるイメージは全体が均等に茶色くなっていくというもので、こういうものが普通なんだと思っていました。
色づいた栗のイガ

でも、よく見てみると、思いもかけない栗のイガを発見!
日当たりの良い部分から色づくんですね。
まるでモヒカン頭のように!
モヒカン頭の栗のイガ

一個だけなら、なかにはそういうものもあるだろうぐらいですが、2個3個と見つけると、良く日が当たるところから熟していくのは当たり前だから、これが普通だったのか!という感じですね。
モヒカン頭の栗のイガ2

実際に目で見て確かめることが、初めて知るということなんですね。
これっていろんなことに当てはまりますよね。
調べて知るだけでなく、自分の目で確かめる。
皆さん、大事にしていきましょう!
posted by ブドリ at 22:02 | Comment(2) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モヒカン栗ですかぁ〜。気づきませんでした。栗の観察は花からしたことが結構あるのですが…今度、ちょっと注意してみてみます。
 自分の目で確かめる。大事ですよね、ほんとに。
Posted by felizmundo at 2019年08月31日 10:06
felizmundoさん

見たことなかったんですね!
こんなふうに見えるのってほんの僅かな期間なので見逃してしまうんでしょうね。
注意してみてみてくださいね。
Posted by ブドリ at 2019年08月31日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。