2019年06月03日

多聞院 テングチョウ(6/1)

今回も多聞院です。

先日は多聞院の隣の神明社にある鎮守の杜「月の原 花の小径」で見かけた蝶 アカシジミ・ウラナミアカシジミを紹介しましたが、今回は多聞院で見つけた蝶をお届けします。

オオヤマレンゲを撮影していると、付近をひろひらと飛ぶ見たことのない羽の模様をした蝶を見つけました。
撮影できるかなぁと飛ぶ先を見守っていると、いい具合に近くに止まってくれました。

驚かさないように少し近寄って遠くから撮影。
横からなので蝶の種類が見分けにくいですね。
テングチョウ1

羽を広げてくれないかなぁと見ていると、ゆっくり羽を広げはじめました。
少し羽の模様がわかるようになりました。
テングチョウ2

広げた羽をうまく撮れる位置にそうっと移動して撮影しました。
テングチョウ3

この模様から検索すると、おそらくテングチョウのメスではないかと思います。

テングチョウ
チョウ目 タテハチョウ科 テングチョウ亜科の蝶
天狗のように顔の先が尖っているので名付けられました。
羽根の表面にはオレンジ色の紋がある。鼻のように見えるのは、下唇ひげ(パルピ)という部分。
通常、早春から見られ、盛夏には休眠し、秋に少し活動した後に成虫で越冬します

写真をトリミングして見ました。
顔の先が天狗みたいになっているのがわかりますか?
テングチョウ4

こちらの方がいろいろな蝶が見られます。
もっと周りをよく見て、いろいろな蝶や虫を見つけたいと思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | .所沢 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テングチョウってどこが天狗なのかと思ったら口の先が天狗の鼻のようなのですね。知らない蝶がまだまだいっぱいいますね。翅も何だか中途で切れているようで変わっていますね。
Posted by felizmundo at 2019年06月07日 23:19
felizmundoさん

いろいろな蝶がいるんですね。
まさかそんな特徴のある蝶だとは思っておらず、撮影中にこの特徴を知っていれば、もっとわかりやすく撮影することも出来たんですけどね。
次に見かけた時はもっとよく観察してみます。
Posted by ブドリ at 2019年06月08日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。