2019年04月20日

多聞院 春の花(4/20) 牡丹咲き始める

ライフワークになっている多聞院詣。
今週も花を見に行ってきました。

今週のトピックスは、牡丹が咲き始めたことです。

境内には300本を超える牡丹がありますが、数本の牡丹が咲きました。
多聞院の牡丹1

多聞院の牡丹2

竹林の直ぐ側に山芍薬(ヤマシャクヤク)が咲いていました。
ボタン科ボタン属の多年草。
花は開くとすぐに散ってしまうので、毎日様子を見ていないと花を見損なってしまうので、咲くまでを楽しむ花だと管理されている方が話してくれました。花が見たいので、管理しているところに花の具合を聞いて見に行ったりもするそうです。
山芍薬

山芍薬2

ナルコユリ鬼の悟りの周囲にナルコユリがたくさん咲いていました。


鬼の悟りとナルコユリ


マムシグサマムシ草も咲いていました。

マムシグサ(蝮草) サトイモ科テンナンショウ属の多年草
直立した茎から葉の鞘に抱かれた花柄を伸ばし仏炎苞に包まれた肉穂花序を付けます。
茎につく斑点を蝮(マムシ)の銭形模様に見立てたのが和名の由来です。



マムシ草、ウラシマソウ、クマガイソウと形の面白い花の揃い踏み
クマガイソウは花の数も増えて壮観です!
マムシ草とウラシマソウとクマガイソウ

クマガイソウの中にエビネも咲いていました!
木陰なのでちょっと見にくくてごめんなさい。
エビネ

クマガイソウの近くに碇草(イカリソウ)も咲いていました。
メギ科イカリソウ属 の落葉多年草
花の形が船の錨のような形をしているので名付けられました。
イカリソウ

シロバナエンレイソウ(白花円齢草)も咲いていました。
ユリ科エンレイソウ属の多年草
食あたりの薬草として用いたことから、エンレイソウ(延齢草) と呼ばれたそうです。
シロバナエンレイソウ

都忘れの花も咲いていました。
都忘れ キク科シオン属の多年草ミヤマヨメナの園芸種
都忘れ

前回紹介した花もまだまだ見られますので是非足をお運びください。
5/1には毘沙門天の化身とされる虎に因んで「寅まつり」が催されます。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 23:53 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。