2020年02月28日

早春の花 牧野記念庭園(2/23)

2/23の午前中に多聞院も腕をした後、午後から西武池袋線大泉学園駅にある牧野記念庭園に行ってきました。

牧野記念庭園は、植物学者牧野富太郎博士(1862-1957)ゆかりの地として、1958(昭和33)年より「牧野記念庭園」として一般公開されてきました。牧野博士は1926(大正15)年、当時は野趣豊かであった大泉の地に居を構え、1957(昭和32)年に満94歳の生涯を終えるまで、自邸の庭を「我が植物園」としてこよなく大切にしました。(牧野記念庭園HPより)

見たかったユキワリイチゲがあるとわかったので足を運んでみたんです。

そのユキワリイチゲがこちら。
目黒にある自然教育園で毎年のように見ていて、春近しと感じていた花を見られる場所があってよかったです。
ユキワリイチゲ1

ユキワリイチゲ2

ユキワリイチゲ3

そして、スプリングエフェメラルのひとつで、3月〜4月に咲くヒロハアマナがすでにたくさん咲いていました。
たくさん咲いているところを撮影したつもりが写真がありませんでした。
ヒロハアマナ

常緑多年草のタマノカンアオイです。
和名は東京都の多摩丘陵で発見されたことに由来します。花期は3〜4月なので、やはりちょっと早めです。
タマノカンアオイ1

このタマノカンアオイ、きのこのふりをして、きのこに卵を産むハエを誘い込むそうですよ。
タマノカンアオイ2

次回は、牧野記念庭園から梅と桜をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .花歩記 冬の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。