2019年03月04日

北野天神社 その2

北野天神社の2回目です。

拝殿の回りに配置されている北野天神社に合祀された神社等を紹介します。

拝殿に向かって右手にある諸神宮です。
北野天神社 諸神宮 北野天神社 諸神宮名札

諸神宮の左手には文子天神社(はた神様)があります。
北野天神社 文子天神社 北野天神社 文子天神社名札

拝殿の左手に、小手指神社・稲荷神社・八雲社があります。

小手指神社
日清日露の両戦役から終戦に至るまでの間に参戦した英霊を祀った社です。
社殿の右前に航空神社跡の案内標が立っています。
昭和13年6月以来、航空軍士官学校(現・入間基地)に、空の守り神として「航空神社」がありました。終戦で米軍が進駐してくるので、当時宮司を務めていた栗原亮介氏は、北野天神の宮司も務めていたので、戦没者4950柱と共にここに遷宮したのだそうです。
北野天神社 小手指神社 北野天神社 小手指神社名札 北野天神社 小手指神社・航空神社の碑

小手指神社の右手に鳥居があって、その奥に稲荷社と八雲社が並んでいます。
北野天神社 稲荷社・八雲社鳥居 北野天神社 稲荷社・八雲社

石宮神社・水天宮
小手指神社の右奥、西の鳥居から続く参道脇に石宮神社があり、水天宮も合祀されています。
北野天神社 石宮神社・水天宮  北野天神社 石宮神社・水天宮2

宗良親王遺跡です。
案内板には小手指ヶ原合戦とありますが、元弘3年(1333年)5月11日に行われた新田義貞と鎌倉幕府との小手指ヶ原合戦ではなく、正平7年/文和元年(1352年)閏2月28日に行われた足利尊氏と新田義宗との武蔵野合戦の一部の争いの小手指ヶ原合戦のことだと思います。
その合戦の際に、ここが宗良親王の御陣所だったそうです。
北野天神社 宗良親王遺跡 北野天神社 宗良親王遺跡案内 北野天神社 宗良親王歌碑

北野天神社 (埼玉県所沢市小手指元町3-28-29)
西武池袋線小手指駅発西武バス小手01・06系統「北野天神前」下車すぐ

posted by ブドリ at 23:22 | Comment(0) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。