2019年11月28日

仙波東照宮の黄葉

喜多院の西に仙波東照宮が鎮座しています。

仙波東照宮は、喜多院第27世住職天海僧正が徳川初代将軍家康公を祀ったものです。

元和2年(1616)駿府城で徳川家康が亡くなると一旦久能山に葬りましたが、元和3年(1617)日光山に改葬の途中、3月23日から26日までの4日間、遺骸を喜多院に留めて天海僧正が導師となり大法要を営みました。そのことから境内に東照宮が祀られ、寛永10年(1633)には立派な社殿が造営されました。

築かれた五間の丘陵の上に作られています。
仙波東照宮

普段は門が閉じられていると思ったのですが、この日は開放されて拝殿の前まで行って参拝することが出来ました。
仙波東照宮拝殿

拝殿の左手奥に黄色く色づいた木(たぶんカツラの木)がありました。
仙波東照宮拝殿と黄葉

拝殿脇に並ぶ石灯籠と黄葉です。
石灯籠と黄葉

門につけられている三つ葉葵の御紋と黄葉です。
三葉葵の御紋と黄葉

葉が赤くなる木はなくちょっと地味な感じですが、徳川家の威容を感じられるところでした。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | 埼玉県内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。