2018年08月26日

鉄床雲(かなとこぐも)

8/26の夕方、見事な雲が見られました!
その写真がこちら
鉄床雲

この雲は鉄床雲(かなとこぐも)といいます。
簡単に言うと、成長した積乱雲(入道雲)の頂上部分が広がって平らになっている雲をいいます。
今回の写真のように見事に平らになっているものもありますが、多くの場合はこんもりとした感じになっています。

金床というのは金属を加工する際に用いる作業台で、この上で金属をたたいて潰したり整形したりするために使う台のことで、わかりやすい形でいうと、レールのような形をしたものが多く見られます。

昨日見られた反薄明光線もこの雲も今の季節に見られる現象なので空をよく見てみてください。

8/25の反薄明光線と十五夜お月様です。
反薄明光線と十五夜

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:06 | Comment(2) | 空色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がこの「かなとこ雲」を見たのは、夕方6時半過ぎだったのですが、この「かなとこ」の上に街の建物のようなものが見えていて面白かったですよ〜。雷の稲妻もすごくなり、上にあるのは雷の街のように思えました。
Posted by felizmundo at 2018年08月31日 23:22
felizmundoさん

鉄床雲は栃木県あたりの積乱雲だったみたいですね。
非常に激しい雷雨があったようですね。
珍しい雲を見られはしましたが、その下では大変だったと思うとなんとも複雑な気分です。
Posted by ブドリ at 2018年09月02日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。