2017年08月09日

カカオノキ・新宿御苑

新宿御苑で撮影したものを今回もお届けします。
今日のタイトルにある通り、カカオノキです。
カカオがなるのだからカカオの木と書くのが普通かと思ったら、調べるとカカオノキと書くのが一般的。
ここにとらわれる必要は無いので進みます。

カカオノキにカカオが実ります。
実る前には花が咲きます。
さてその花ですが、こんな風に幹からいきなり花が咲くんですよ!知ってました?
カカオの花

あっちにもこっちにも幹から咲くんですよ。
この花は原産地では一年中、栽培地では気温によって代わり、日本では5月頃から咲き始めるそうです。
幹から咲くカカオの花

幹から花が咲く、ということは、花の後に実がなるので当然、実も幹から出来ます。
カカオの実

原産地では一年中花が咲くということは、ほぼ一年中実が成り続けるということですよね。
幹から成るカカオの実

それにしてもなんでこんなふうに実るようにしようと決めたんでしょうね。
不思議です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:14 | Comment(3) | .新宿御苑 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブドリさん、新宿御苑にカカオノキがあるんですかっ?びっくりです。カカオが東京で育つなんて〜〜〜驚きでした。しかも、こんな風に花から実になるなんて。でも、これ特殊ではないです。ブラジルのジョブチカーバという果物も枝にこんな風に実がなります。暑いところの果物の特色でしょうか?????
Posted by felizmundo at 2017年08月10日 02:35
初めて見ました! 面白いですね。
誰が考えたんだか、といってもカミサマに違いないのですが・・・
ブログも長く続けているといろんな出来事があります。
あまり無理をされず、ぼちぼち歩かれたらいいと思いますよ♪
Posted by 森のどんぐり屋 at 2017年08月15日 19:39
felizmundoさん

説明が足りなくてごめんなさい。
カカオノキは温室にあるので、一年中常夏の中で育てられています。
ブラジルにいらしたので見たことあるかなと思ったら、同じように実る別の木を見ていらしたんですね。
暑いから余計なエネルギーを使わなくていいのかもしれませんね。


森のどんぐり屋さん

カカオは知っていて、ココアもチョコもたくさん食べているのですが、まさかこんなふうに実るとは驚きですよね。
神さまのなせる技ですが、不思議ですよね。
ブログはのんびり続けていこうと思います。
Posted by ブドリ at 2017年08月15日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。