2017年04月28日

婚姻色のダイサギ・自然教育園

自然教育園で出会ったシリーズ、今回は野鳥のダイサギなのですが、いつもとはちょっと違います。
その姿がこちら。
ダイサギ

いつもと違うところがわかりますか?
通常のダイサギは眼先が黄色いのですが、このダイサギは眼先が緑色をしています。
これはダイサギの婚姻色の特徴なんです。婚姻色というのは繁殖期にだけ現れる体の色のことなんですよ。
恋の季節というわけです。
オスだけに出るのかと思いきや、ダイサギはオスにもメスにも現れるとのことのので、このダイサギがオスかメスかは判別不能。
正面と左右からの顔をご覧ください
婚姻色のダイサギ

こちらが通常というのも変ですが、婚姻色でないダイサギです。
通常のダイサギ

一生懸命に水の中を覗き込んでザリガニやらエビやらを捕まえて食べていました。
ザリガニを咥えて飲み込むところをカーソルを乗せてクリックしてご覧ください。


これまで何回もダイサギを見てきましたが、婚姻色が現れたダイサギははじめて。
コサギもアオサギも婚姻色が現れるそうなので、どこかで出会えるといいのですが、どうでしょうね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
婚姻色というの、初めて聞きました。夏冬で羽を変えたりするし、鳥の図鑑を作る人は大変ですね。いまだに、ダイサギ、チュウサギの区別がどうも自信ないです。
Posted by felizmundo at 2017年04月30日 00:12
felizmundoさん

婚姻色はなかなか知りませんよね。
私もダイサギ?チュウサギ?他のサギ?
とわからなかったので、その場でスマホで調べてダイサギの婚姻色とわかったんです。
ダイサギとチュウサギは目の下のどの位置でくちばしからの切れ込みが終わっているかでわかるそうです。
奥の方まで来ていたらダイサギ、手前ならチュウサギです。
私の方ではチュウサギは生息圏外のようなので悩む必要はないんです。
Posted by ブドリ at 2017年04月30日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック