2017年04月25日

川を埋め尽くす花筏・目黒川

目黒川の桜をお届けします。

さて、この写真はどんな写真でしょうか?
川を埋め尽くす桜の花弁

上の写真は目黒川の川岸から撮影したものです。
中目黒公園の前にかかるなかめ公園橋から下流方向を眺めるとびっくり!
50m以上に渡って川が桜の花びらで埋め尽くされていたんです。
花筏というのでしょうが、想像以上の規模で見られました。
この時も満ち潮前で、下流から押し戻された桜と上流から来た桜が合わさって膨大な量の桜の花弁が川を埋め尽くしました。
渦を作っているところが流れがぶつかっているところです。
保育園児たちが何枚ある?なんて言ってましたけど、数えられないぐらいたくさんと答えたくなっちゃいました。
桜で埋め尽くされた目黒川

なかめ公園橋の反対側も埋め尽くされていて橋の両方合わせると100mぐらいは桜の花びらで埋め尽くされていて、その中を3羽のカルガモが軌跡を描いて泳いでいました。
桜の中を泳ぐカルガモ

カルガモは桜の中に止っってのんびりしていました。
特等席でお花見中ですよ。
花筏に乗ってお花見をするカルガモ

このカルガモさん達、桜の中で止まっていたら泳いできたときよりも周りはもっとすごいことになっていました。
3羽のカルガモがいる場所がわかりますか?
花筏の中のカルガモ

隣の田楽橋の辺りは少し桜が切れて、その先の中目黒方向からの川幅が急に広がるところ付近でも桜が川を埋め尽くしていました。
桜で埋め尽くされた目黒川

この花筏に私の影を映してみました。
花筏に映した影

ここでも上流からの流れと下流から押し上げてくる桜がぶつかりあって渦を作っていました。
潮目の渦

さらに下流から押し上げてきて、たまった桜の中を押し進んでいるのがよくわかりました。
押し上げる満ち潮

毎年大きな塊の花筏は見るのですが、ここまで川を埋め尽くしたものははじめてみました。
壮観でしたよ!

次回は最後の写真あたりで撮影した写真をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | .花歩記 桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こっちは、昨日江戸川にいったら鳥がカモもオオバンもみんないなくなっていました。
 今年はなんだか、ツグミとかにもあまり逢えていないし、江戸川は寂しいですねぇ。カワウも目黒川には3羽もいたのですね。いいなぁ〜
Posted by felizmundo at 2017年04月27日 00:23
felizmundoさん

もう冬鳥の姿は見られなくなりましたね。
木々も葉が茂って、野鳥の姿を見つけにくくなって、ちょっと寂しいですね。
カワウは都会のほうが住みやすいんでしょうかね。
Posted by ブドリ at 2017年04月27日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック