2017年03月28日

シュンラン・自然教育園

3/14の記事「春近し・自然教育園」で、ほとんど咲いていたシュンラン。
開花状態になっていたのでお届けします。

シュンラン(春蘭)ラン科シュンラン属の蘭で、土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なもの
春の蘭で春蘭(シュンラン)です。
シュンラン

地方ごとに様々な呼び名があります。主なものに、ホクロ、ホックリ、ジジババ、ジイババ、ジィトバァ、オジオバア、ジィサンバァサンなどの呼び名があります。
ジジババというのは蕊(シベ)柱を男性器に、唇弁を女性器になぞらえ、一つの花に両方が備わっていることからついた説と、花を正面から見て、頬かむりしたおじいさんかおばあさんが両手を広げて孫を迎えているという説、花びらの一部に濃い紅紫色の斑点があり、その斑点をホクロや老人の顔のシミに見立てて名付けられたという説があります。
春蘭

花を塩漬けにしたものを 「蘭湯(らんゆ)」として 祝いの席に使うことがあるそうですよ。
春蘭の群生.JPG

背丈の低い花なので、かがんでみないといけないので大変ですけど、毎年見たくなる花の一つです。
たくさん咲いたシュンラン

まだ見頃ですし、あちこちで咲いていると思いますので探してみて下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック