2017年03月27日

カマキリの卵鞘(らんしょう)・自然教育園

最近は新宿御苑と自然教育園の繰り返しのようになっていますが、またまた自然教育園からお届けします。
お世話になっているfelizmundoさんのブログでカマキリの卵を見つけたという記事がありました。
今の時期は草花も少なく見つけやすい時期で、自然教育園のホームページ上にカマキリの卵が見られるともあったので私も探してきました。

場所は水生植物園。
カワセミを見て、ダイサギを見て、ツクシを見て、と今の時期はいろいろ楽しめます。

さてさて、カマキリの卵探し。
見られるとあった場所を探して、見つけました。2つもありました。
まずはオオカマキリの卵。正確には卵の塊で、カマキリの卵全体を卵鞘(らんしょう)と言います。
固まった泡状物質の中に、オオカマキリでは5mm前後の縦長の卵が、200〜300個入っているそうなので、間違いなくこの中にもそれだけの卵が入っていることでしょう。
オオカマキリの卵鞘1 オオカマキリの卵鞘2

この卵を撮影していたら、小学生の男の子が、「オオカマキリの卵が2個あるでしょ。あっちにハラビロカマキリのもあるよ」と教えてくれたので、「どこにあるの?教えて」と連れて行ってもらい、私の身長よりも高い木の幹につくられている卵鞘を教えてもらいました。
向きを変えて2枚お届けします。
ハラビロカマキリの卵鞘1 ハラビロカマキリの卵鞘2

カマキリの卵もソメイヨシノが咲き出すとそろそろ孵化の頃。
たくさん生まれても成虫になるまでにほとんどが捕食されてしまう厳しい生き残り競争が待っています。
温かく見守りましょう。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .自然教育園 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たのもしい小学生のカマキリ博士君がいたんですね。ハラビロカマキリがよく洗濯干し場に登場する我が家。てっきり、私のみた卵はハラビロカマキリのと思っていましたが、ちょっと自身がなくなりました。木にひっかかっているような、こんな卵の産み方もあるんですね〜。
Posted by felizmundo at 2017年03月28日 23:34
felizmundoさん

子供は無邪気に教えてくれて可愛いですね。
人に親切にする心をもち続けてもらいたいものです。

カマキリの卵は特色があるらしいです。
インターネットで調べると見分け方などもわかりますのでチェックしてみるといいですよ。
Posted by ブドリ at 2017年03月29日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448394907

この記事へのトラックバック