2017年02月16日

ユキワリイチゲ・目黒自然教育園

今回も目黒自然教育園に咲いていた春を呼ぶ花・スプリングエフェメラルの一つをご紹介します。
毎年のようにお届けしているユキワリイチゲです。

ユキワリイチゲ(雪割一華)キンポウゲ科イチリンソウ属
一華とは1本の花茎に1つの花が咲く、という意味で、積もった雪を割るように咲いてくることから雪割一華と名づけられました。
いつもは1月には咲き始め2月初旬には数も増えだして、中旬になると見ごたえありぐらいなんですが、今年は開花が遅く、2/11で咲き始めの段階です。残念。
ユキワリイチゲ

ユキワリイチゲは関東には分布しない花で、自然教育園の花は開園当時に広島県から移植したものだそうです。
ちなみに、学名は Anemone keiskeanaといって、keiskeanaは明治初期の植物学者「伊藤圭介」さんから「圭介の」、という意味です。
左上と右下に1輪ずつ咲いているのがわかりますか?
2輪のユキワリイチゲ

咲きかけのユキワリイチゲです。
この周囲にたくさん咲くのに一輪だけなんて寂しいでしょうね。
咲きかけのユキワリイチゲ

なかなか気がついてもらえない園路脇のユキワリイチゲもようやく咲きかけ。
足元にまで目を配っていないと見落としてしまうような所に咲いているんです。
園路脇のユキワリイチゲ

撮影してから1週間近く経ったので、もう少し花の数は増えたのではないでしょうか。
是非足をお運び下さい。
参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スプリングエフェメラルという言い方も初めてしりました。「短命の」とか「はかない」というのをephemeralというのも知りませんでした。
Posted by felizmundo at 2017年02月16日 23:09
felizmundoさん

スプリングエフェメラルは普段使う言葉ではないですから、ほとんどの人は知らないでしょうね。
見渡すと意識せずに見ていたけど、スプリングエフェメラルの花は結構多いんですよ。
Posted by ブドリ at 2017年02月17日 09:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック