2017年01月26日

上野東照宮ぼたん苑 その1

梅の花も咲き始めましたが、寒い時期に見頃となるのが牡丹。
牡丹には二期咲き(早春と初冬)の性質を持つ品種があって、このうち冬咲きのものが寒牡丹とか冬牡丹と呼ばれています。
見頃の寒牡丹を見に今年も上野東照宮に行ってきました。

ぼたん苑の入り口を入るとまずお出迎え。
上野東照宮ぼたん苑

ゆきんこのように藁苞をかぶった寒牡丹が並んでいます。
寒牡丹

牡丹にはいつものように俳句が添えられていて、風情を増してくれます。
牡丹と俳句

右にも左にも並んでいる牡丹。
寒牡丹は春ボタンに比べてやや小ぶりですけど綺麗さは劣っていません。
牡丹の列

「深夜の星」という名前だけど、昼間に輝いている牡丹です。
牡丹・深夜の星

御国の曙(みくにのあけぼの)という、花弁がギザギザに縁取られた珍しい牡丹。
牡丹・御国の曙

光を浴びて柔らかな雰囲気の牡丹。名前は忘れました。
寒牡丹

白・黄・ピンクなど、色も香りも楽しめます。
ロウバイやツバキ、梅といろいろ咲いていきます。
2月26日(日)まで見られるので、これからまた違った雰囲気が楽しめると思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 冬の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック