2016年12月19日

羽子板市2016・浅草寺

毎年12/17・18・19に開催されるのが浅草寺の羽子板市。
羽子板市

元々は、12月18日は「納めの観音ご縁日」として参拝者も多く、この日を中心として江戸時代には正月用品や縁起物を売る「歳の市」が立つようになったのが始まりです。
江戸後期、女子の誕生した家へ正月に羽子板を贈る習慣があったことから羽子板屋が境内に立つようになり、次第に縁起物としての「羽子板」を扱う店が増え、今では「羽子板市」として定着しています。
年中人は多いのですが、市があるとさらに人が増えます。

屋根瓦葺き替え中の五重塔の周りに羽子板市の屋台が立ち並びます。
羽子板市の屋台

毎年お見せしていますが、東京スカイツリーと屋台です。
東京スカイツリーと羽子板市

古式ゆかしい羽子板の他に、今年を代表する羽子板がいろいろ並びますが、真田丸の羽子板も並んでいました。
真田丸羽子板 羽子板

この羽子板市といえば名物おじさん。
もう30年以上、ここ来ているとか?
春日部の方で、春日部つながりでクレヨンしんちゃんにも登場したそうで、TVの取材も受けて来年に放送されるとか。話術も巧みで、お客さんとの掛け合いを聞いてるだけでも楽しいんですよ。
名物おじさん

羽子板を買うと、手締めです。
「二本締めるよ!」
名物おじさん2

「よーぉ!」
カーソルを乗せてご覧ください。


「良いお年を」
名物おじさん3

あちらこちらの屋台でも手締めの音が賑やかに響いていました。
手締め1 手締め2

こうして江戸に本格的な冬とともに年の瀬が押し寄せてくるのでした。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック