2016年12月11日

ガーデニング記録 2016/12/11 冬の花続々と

寒さも身にしみる日が増えてきましたが、庭の花も本格的に冬になってきました。

それではお届けします。

寒くなり、寒椿の花が次々に咲き始めました。
葉は、毛虫の大発生により食べつくされちゃいましたが、新たな葉が芽吹いています。
寒椿

2輪咲いたスイセンはまだ咲き続け、次の花ももうすぐ咲きそうです。
咲き続けるスイセン

そしてクロッカス、スノードロップに続いて新たな春の使者も顔を出し始めました。
それはチューリップ!
桃太郎の芽が顔をのぞかせました。
芽を出したチューリップ・桃太郎

チューリップ・バレリーナも芽を出し始めました。
今度の春も賑やかになりそうです。
芽を出したチューリップ・バレリーナ

その他の花・植物の様子です。
ミニバラは頑張って咲いています。
キチジョウソウは花が終わりました。
ヤブランは実がなっています。
クリスマスローズの成長は一段落したようです。
シモバシラは花が散りました。
エビネはまだ葉が茂っています。
シランは葉が散り、新しい芽が育っています。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つばきの葉っぱなんて固くてまずそうなのに、誰の幼虫が食べたんですかね。
Posted by felizmundo at 2016年12月14日 09:42
felizmundoさん

ツバキの葉を食べたのはチャドクガの幼虫です。
この幼虫は毒針毛があって、触れるとかゆみを引き起こすので、手で触れられません。
おまけに卵から成虫まで毒針毛がくっついているという厄介なガで、死んだものに触れても危険なんです。
殺虫剤で退治しても触れられないし、下手に払えば毛が舞って洋服についたり顔についたりすると大変とほんとに厄介なので、見つけたら早めに枝ごと取り払うのが1番なのですが、今年はぐずついた天気が多く、見ていない間に大発生してしまったので丸坊主です。
Posted by ブドリ at 2016年12月14日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444793908

この記事へのトラックバック