2016年11月20日

冬の蝶

11月も3分の2が過ぎようとしていて、だいぶ冷え込むようになって来たこの時期に、なんと、ツマグロヒョウモンが!

11月の初めの頃に、ツマグロヒョウモンの幼虫がサナギに変態しているところを見つけていたんです。
このまま越冬するのだろうかと見守っていたら、なんと、11/18の夕方に蝶になっている姿を見つけました。
暗くなって気温も下がっているので、体が温まらず飛ばないようでじっとしていました。
次の19日は昼前まで冷たい雨。雨がやんでからどうしたかなぁと見ると、雨に打たれながらじっとしていました。
その写真が下です。
撮影後に出かけて夕方に帰ってきたらまだじっとしていたんです。
このまま飛ばずに死んでしまうのかなぁと思いました。
今朝もまだじっとしていたんです。
生きているのか?と触ってみると動いたので無事に生きていることを確認。
そして、夕方に帰ってきたらいなくなっていて、地面を見ても落ちてはいなかったので、今日の暖かさで体も温まり無事に飛んでいったのでしょう。でも、パートナーを無事に見つけて子孫を残すのは難しいでしょうね。
寒空に羽化したツマグロヒョウモン
寒空に羽化したツマグロヒョウモン

そしてなんと、蝶になったツマグロヒョウモンがいるかと思えば、足元には冷たい雨に打たれながら、枯れたスミレの茎に逆さにぶら下がってサナギに変態しようとしているツマグロヒョウモンを見つけました。
この記事を書いている、11/20 22時現在でもまだサナギにはなっていませんでした。
寒くなってくると変態に時間がかかるようなのですが、この先寒くなる一方なので無事に変態できるのでしょうか。変態できたとして、そのまま越冬するのか、蝶になるのか、どっちでしょうね。
蛹になったら保護しようかなぁ。
雨の中蛹になろうとしている幼虫
雨の中蛹になろうとしている幼虫

ツマグロヒョウモンは幼虫のままやサナギになって冬をこします。
今日は朝から出かけていたので探せませんでしたが、我家の庭にいた幼虫たちはどうしたのでしょうね。
無事に生き延びてくれるといいいのですが。
春には新たにツマグロヒョウモンの楽園を準備して、今頃までなんとか食いつなげられるようにと考えているからお楽しみに。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑くなったり寒くなったりの変なこの時期、蝶も大変なんですね。ひたすらに生きて行こうとする姿、思わず応援したくなりますね。頑張れっ!
Posted by felizmundo at 2016年11月22日 00:12
felizmundoさん

今朝確認したら、ぶら下がっていた幼虫は無事に蛹になっていました。
12月に羽化するのか、越冬するのか、微妙ですが、無事に浮かしてくれるよう様子を見守りたいと思います。
Posted by ブドリ at 2016年11月22日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック