2016年11月08日

ダイヤモンド富士 2016/11/5 都内某所

秋から冬にかけてのお楽しみが都内から見られるダイヤモンド富士。
以前から追っかけをしているのですが、行ける日行ける場所も限られているので、チャンスは少ない中でのチャレンジで、見られるかどうかは運次第。
撮影に向かう前にインターネットのライブカメラで富士山の状況を確認します。
頭の上は晴れていても、富士山に雲がかかって見えないということもあれば、頭の上は晴れ、山中湖からのライブカメラでも富士山がきれいに見えているから大丈夫と思っても、富士山と東京の間の丹沢山系付近に雲が発生して富士山が見えないということもあるんです。
秋は気温が上がると水蒸気でもやってしまって富士山が見えないということもあって、なかなか撮れないんですよ。
調べてみると、前回、満足のいくダイヤモンド富士を撮影したのはなんと、2015/2/10 恵比寿ガーデンプレイスなので、2015の秋、2016年冬と2シーズン撮影できておらず、この秋もだめかなぁと思っていたら、見事に撮れました。
撮影した場所は、あまり知られていない場所で、毎シーズンとりあえず行ってみるのですが、多くて二人ぐらいしか来ておらず、しかも近所(自転車で来てる)に住んでいる人しかいない穴場。
場所は開けているのですが、富士山が撮影できる場所はせいぜい3人ぐらいと場所が限られているので知られると厄介な場所なので場所は極秘です。

富士山にかかった直後
富士山にかかった直後

富士山の山頂にフタをした夕日
富士山の山頂にフタをした夕日

まもなく沈む夕日
まもなく沈む夕日

富士山の後ろに沈む
富士山の後ろに沈む

太陽が富士山の後ろに見えなくなると、空には富士山の影が浮かび上がってきました。
富士山が二重に見えているのがわかりますか?
少しモヤモヤーっとしていると富士山の影が富士山から離れて浮かび上がるのですが、天気が良すぎてそこまでは期待できませんでした。
浮かぶ富士山の影
浮かぶ富士山の影

ダイジェストをスライドショーでお楽しみください。


見えるか見えないかも微妙ですし、見え方はいつも違うし、富士山にかかる時の太陽の明るさによってカメラの設定も微妙に変えないといけないし、沈んでいくと暗くなるのでまた微調整しながらとハラハラドキドキなんですよ。
これを見たら、もう一度、もう一度と病みつきになりますよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にきれいに撮れていますねぇ。最後に少しだけ光が残っている瞬間(3番目の写真)が特に素敵ですね。これって、光がダイヤモンドのように広がっているじゃないですかっ! 私の予想では、遠すぎて富士山のそばでなければ「ダイヤモンド」のように光が放射しないと思っていたのですが・・・凄い!
 カメラの設定とか、本当に難しそうですね。
Posted by felizmundo at 2016年11月08日 23:39
felizmundoさん

3枚目の広がりは見た目でも若干広がっているようでしたが、撮影出来たのはやはり設定ですね。
撮れなくても見られるとうれしいですよね。
Posted by ブドリ at 2016年11月09日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック