2016年11月02日

秋バラ2・旧古河庭園

最近写真を撮ってないので・・・旧古河庭園の秋バラシリーズが続きます。

ヨハネ・パウロ2世(Pope John Paul U)
2008年 アメリカ J&P作出
ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の名前が冠された白いバラ
ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の偉業を称え、バチカン法王庁がバチカン庭園に植樹する為に選ばれました。
バラ・ヨハネ・パウロ二世

ゴールデンメダイヨン(Golden Medallion)
1985年 ドイツ、コルデス作出
明るい黄色のバラ。外側の花弁の開く具合が大きめで、波打つのが特徴。
ゴールデンメダイヨン

緑光
1991年 鈴木省三 作出
ミスターローズこと鈴木省三氏作出のバラです。
開花につれて花色が淡緑色に変わる「緑色のバラ」です。
バラ・緑光

万葉
1988年 形成バラ園芸 作出
アプリコットオレンジの美しい花色で、香りはほとんどありません。
写真は夕日が当たって赤っぽくなりすぎました。
ばら・万葉

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旧古河庭園 バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨハネパウロ2世、写真で見るだけでもその美しさや品のよい香りが感じられるみたいです。
Posted by felizmundo at 2016年11月02日 22:19
felizmundoさん

バラは名前によって見方が変わる花ですよね。
見ていてうっとりしますよ。
Posted by ブドリ at 2016年11月02日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック