2016年10月28日

秋バラ・旧古河庭園

今回はしっかりと旧古河庭園のバラをお届けします。

ローラ(Laura)
1974年 フランス、メイアン作出
花びらの表は橙朱色・裏は黄白色で微香性のバラ。
元在仏コロンビア大使夫人の名前から名付けられました。
私にローラといえば「傷だらけのローラ」が真っ先に浮かびます。ふる〜
バラ・ローラ

桃香
2003年 京成バラ園作出
外側の花弁がローズピンクに染まり、美しいコントラストを見せます。
株に近づくだけで桃のようなフルーティーな香りがします。
バラ・桃香

プリンセス・オブ・ウェールズ(Princess of Wales)
1997年 イギリス、ハークネス作出
ダイアナ妃生前の1997年にこのバラを世に送り出した時、ハークネス兄弟は、彼女が長年支援してきた慈善団体「英国肺病基金」にこのバラの売上げの25%を寄付する、という提案をして快諾され、最新の純白のバラにその名前を付けることを許可されたもの。
売り上げの一部がハークネス社を通じ、英国肺病基金の活動資金に寄付されています。
バラ「プリンセス・オブ・ウェールズ」

恋心
1992年 京成バラ園作出
華やかな濃いローズピンク色の大輪のバラ。
よく香ります。
バラ・恋心

ムーンシャドウ(Moon Shadow)
1995年 アメリカ J&P 発表
ラベンダー色で、濃厚な香りがします。
1993年 JRC「香りの大賞」受賞 (JRC-日本バラ会)
バラ・ムーンシャドウ

今回はここまで

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧古河庭園 バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443190293

この記事へのトラックバック