2016年10月19日

タイアザミに集う・目黒自然教育園

秋のひととき、自然教育園で過ごしました。
この時期、まだ秋の花はいろいろ咲いていたのですが、その中でもたくさん虫が集まっていた花がありました。
それがタイアザミ。

タイアザミ  キク科アザミ属
トネアザミ(利根薊)の別名がタイアザミ(大薊)
草丈50cmから1mほどになる多年草です。

この花の花粉や蜜を求めてたくさんの虫が集まってきていました。

クマバチが花を抱きしめて独り占め!
クマバチ

クマバチが独り占めしていたら、なんとそこにアブがやってきました。
他にもたくさん咲いているのに、一つの花を取り合うこともあるんですね。
クマバチとアブ

ちょっと離れたところではツマグロヒョウモンのオスとメスが蜜を吸っていました。
メスはほとんど動かず、長い時間吸い続けていたので、この秋最後の命を残すためにエネルギーを補給しているのでしょうか。
ツマグロヒョウモンのオスとメス

キタキチョウが蜜をすっていると、小さなアブが近寄ってきて、「僕も混ぜてよう」と飛んでいるようでした。
キタキチョウとアブ

ホシホウジャクが飛びながら長い口吻を伸ばして、せわしなく蜜をすっていました。
ホシホウジャク

他にもハチやイチモンジセセリなども集まってきていましたがうまく撮れなかったのでそちらは割愛。
たくさんの虫が秋というよりも夏のような陽射しの中、懸命に命をつなぐために頑張っていました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック