2016年10月12日

ツマグロヒョウモンのオスとメス

今日もまたツマグロヒョウモンの登場!
ツマグロヒョウモンは遠目絡みてもオスとメスの違いがわかりやすい蝶です。

前回、翅が傷ついたツマグロヒョウモンで紹介した、全体がオレンジ色のものがオスです。
後翅のへりが黒くなっていることで他のヒョウモン類と区別できます。
ツマグロヒョウモンのオス

前翅の端に黒と白の模様の入ったものがメス。体内に毒を持つマダラチョウの仲間、カバマダラに擬態しているといわれています。
ツマグロヒョウモンのメス

生物界ではオスが派手目な色の場合が多いのですが、ツマグロヒョウモンのオスは地味ですね。

ナミアゲハなどは頻繁にランデブーを見かけるのですが、ツマグロヒョウモンのランデブーはなかなか見られないんですよね。私が気が付かないだけでしょうか。
今回もあちこちでオスやメスは飛んでいるのですが一緒に飛んでいる姿はなし。
かろうじて近くに止まったところを撮影できました。
ツマグロヒョウモンのオスとメス

オスがすぐに飛び去って離れていっちゃいました。
オスは右端の方ですよ。
離れたオス

ツマグロヒョウモンを見られるのもあと少し。
気をつけてみてみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック