2016年10月06日

くちばしの曲がったスズメ

都内某所で見つけたスズメです。
公園のベンチに座って休憩しながら、ちょこっと小腹を満たしていると、たくさんのスズメが集まってきました。
人からおこぼれを貰うことに完全に慣れてしまったスズメがたくさん。
ちょっと足元に集まりすぎて食べにくいので、少しちぎってスズメを遠ざけたのですが、一羽のスズメは食べ物争奪戦に勝てなかったようで、すぐに戻ってきました。
追っ払ってもすぐに戻ってくるので、なんだチミは?とよく見てみると、このスズメのおかしなところに気がつきました。
その写真がこれ。
くちばしの曲がったスズメ

どこが変化わかりますか?
下のくちばしが下側に反り返っちゃって、きちんと閉じないんですよ。
これじゃ草の種などの小さな餌をくちばしで挟む事が出来ないですよね。
だから、ある程度大きな塊の食べ物を貰うために人の傍に近寄ってなかなか離れようとしないのでしょうね。
生きるための知恵なのでしょうが、なんとも可愛そうです。
無事に寿命を全うしてくれるといいですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブドリさんの観察眼ってホントに感心します。
確かに、この嘴では食べたものがこぼれてしまいそう。ブドリさんのおいしいご飯のおすそ分けを、ことのスズメさんは、特別にもらえたかな? 
 
Posted by felizmundo at 2016年10月07日 16:32
felizmundoさん

観察眼ですかね。
一緒に座っているように止まられたら目が行っちゃいますよ。
それにしても生まれたときからなのかわかりませんが、自然の厳しさに立ち向かって頑張ってるんですよね。
Posted by ブドリ at 2016年10月07日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック