2016年10月03日

なんじゃいこりゃ?キノコ・皇居東御苑

雨が多くて鬱陶しい日が多いのですが、こういう時は林内はキノコを楽しむにはもってこいなんです。
彼岸花を見に行った皇居東御苑でなんじゃいこりゃ?というキノコを見つけたのでお届けします。

なんじゃこりゃ!このグロテスクな形のキノコは!
グロテスクなキノコ

この傘ではない凸凹とした頭の不気味なキノコ。これが林内のあちこちに映えていたんです。
ノボリリュウタケの集団

調べてみるとこのキノコはノボリリュウタケと言うそうです。
漢字で書くと昇竜茸、なんともかっこいいキノコなのですが、見た目は・・・
でも、ヨーロッパではヘルブストロルシェルという名前で呼ばれ、煮込まれるなどしてシャキシャキした食感で人気の食用キノコです。ただし、生で食べると中毒を起こすので必ず火を通してから食べるようにしてください。とはいうものの、キノコの素人さんはメッタヤタラにキノコには手を出さないのが安全です。

ノボリリュウタケ(昇竜茸・ヘルブストロルシェル)
ノボリリュウタケ科 ノボリリュウタケ属
夏から秋にかけて、さまざまな種類の林内、庭や公園などに発生します。
ノボリリュウタケ

お次はこちら。
地面からムーミンのニョロニョロが出てる〜!なんじゃいこりゃ!
地面から映えたニョロニョロ

苔の中からたくさん白いニョロニョロが生えていました。
荒廃した山の枯れた白樺の木の周りに下草が生えているようにも見えそうです。
でも、キノコと苔が作る風景ですよ。
山に見えるキノコの風景

このニョロニョロを調べてみると、おそらくシロソウメンタケだと思います。漢字で書くと白素麺茸。
美味しそうな名前で、無味無臭ですが食べられるそうです。

シロソウメンタケ(白素麺茸)
シロソウメンタケ科 シロヒメホウキタケ属
夏から秋にかけて広葉樹林内又は芝生上に群生する。
シロソウメンタケ

他に見つけたキノコもあるのですが、種類が確定できないのでお預け!
キノコは傘を開く前と開いた後で見た目や色が変わっていたりするのでなかなか同定出来ないものなんですよ。
ですので、キノコに詳しくない方は、見つけたキノコに触れず、口にしたりしないようにしましょう。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | .自然教育園 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック