2016年10月01日

絵本「お月さまのこよみ絵本」

十五夜のお月見に後の月見とお月見シーズンです。
そこで今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月の暦についての絵本を紹介します。


「お月さまのこよみ絵本」
千葉望 文
阿部伸二 絵
理論社

日本は月の満ち欠けで日付を知る旧暦で長い間行事を行ってきました。
たとえば七夕の7月7日は上弦の月がのぼり、天の川がくっきりと見える秋の行事ということがわかります。
他にもいろいろ。
お月さまのこよみ=旧暦を知れば、行事の意味をより深く知ることができます。
旧暦で行事をたのしむカレンダー付ですので、家族で眺めて話題にして楽しんで、知識を広めてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック