2016年09月23日

後光さす!

最近、土日は天気が悪かったり用事があったりで写真が撮れないので、9/4の文京シビックで撮影した写真にまで遡ります。

文京シビックの展望フロアから沈みゆく太陽を眺めていました。
太陽が雲の中に入り、しばらくすると、雲の下に見事な光の筋が広がりました。
薄明光線です。
この名前を出すといつも書きますけど、別名を天使のはしご(angel's ladder)、天使の階段(angel's stairs, angel's stairway)、ヤコブの梯子(Jacob's ladder)、レンブラント光線といい、宮沢賢治は「光のパイプオルガン」(正確には「光でできたパイプオルガン」)と表現しています。
薄明光線

雲が流れるに従って、上にも下にも!
上にも下にも薄明光線

眺めていると、流れる雲が少しずつ形を変え、何かが浮かび上がってきました!
浮かび上がる雲の形

これは、阿弥陀様かお釈迦様か薬師如来様か、いやいやこれは大日如来様としておきましょう。リスにも見えなくはないけど・・・
素晴らしい後光がさしてます!
浮かび上がる大日如来

太陽はどんどん沈んでいき、細くなってきた雲を抜けようとすると、きれいに光が広がりました。
沈む前の薄明光線

太陽が雲から抜け出すと、なんと雲の上に巨大な影が現れました。
あ、あ、あれは、ゴジラ!ゴジラが雲に乗って現れました!
ゴジラ現る!

太陽光をエネルギーにしてゴジラが現れるとは!
雲にのるゴジラ.JPG

雲と太陽でこんなに楽しめるんですよ。
雲がある晴れた日には空を見上げて見てください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いや〜面白い体験をされましたね。
 ゴジラもさることながら、手前の雲の人工的にちぎり開けられたような雲の小窓から太陽光が飛び出しているのも面白いですね。
Posted by felizmundo at 2016年09月24日 18:27
felizmundoさん

とてもきれいでしたよ。
雲の流れも一様ではないので形が面白くて楽しいです。
自然の美しさですね。
Posted by ブドリ at 2016年09月24日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック