2016年09月21日

彼岸花が・・・皇居お濠端

今月は週末の天気が悪く、雨がついて回り、雨が降らなかった10日は父の病院つきそいと、のんびりと写真を撮りに行くことが出来ません。
何というついてない月なんでしょう。
それでも、わずかに晴れ間が広がった9/17の午後、お彼岸の頃に咲く彼岸花はどうかなぁと毎年見に出かける皇居のお濠端に出かけてみました。
でも、見に行くのが若干早いというのか、彼岸花の開花が遅いというのか、まったく楽しめない状況でした。

半蔵濠と桜田濠にはたくさんの赤い彼岸花が咲くのですが・・・

こちらは半蔵濠の彼岸花。
わずかに数輪咲いている程度で、ほとんどが蕾か、まだ伸び切っていない状態でした。
半蔵濠の彼岸花 蕾の彼岸花

そして半蔵濠。最高裁判所前の土手がたくさん咲いて緑の土手が赤く色づいてきれいなのですが、まだまだ真緑で、彼岸花の花茎さえ目立たない状況でした。
桜田濠

でも赤い彼岸花よりも先に咲き始める白い彼岸花のシロバナマンジュシャゲは咲いていました。
白花曼珠沙華

でも、早い花はすでに終わりかけているのに、まだまだこれからという花が多くてきれいといえない悲しい状況でした。
シロバナマンジュシャゲ

あれから数日、果たしてヒガンバナの状況はどうなったんでしょうね。
今週も土曜日まで天気が悪いとのことで、果たしてヒガンバナは無事に撮影できるかなんとも微妙です。
はたして・・・

「ヒガンバナ 雨に祟られ うらめしや」


参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック