2016年08月26日

ツマグロヒョウモンのサナギが3個!

ここ最近、スミレの葉があちこちで食べられていたので、これはツマグロヒョウモンの幼虫がいるに違いないと思っていました。そのうち成長してきて、大きな緑色のフンが目立ってきたらかなり大きくなっていてサナギになる直前だから見つけられるだろうと踏んでいました。
そして昨日の朝、お月見ウォーキングを楽しんで帰ってきたとき、ゆっくり探してみると、思った通り、サナギになリそうなツマグロヒョウモンの幼虫など合計6匹みつけました。

ピンぼけですが、スミレの葉にぶら下がってサナギに変態する直前と、昨日のうちにサナギになり、完全に乾いた状態の今朝の様子です。
ツマグロヒョウモンの幼虫A ツマグロヒョウモンのサナギA

自転車を置いてあるすぐそばのスミレの葉にぶら下がっているツマグロヒョウモンの幼虫Bのサナギになる前と昨日のうちにサナギになり、完全に乾いた状態の今朝の様子です。
ツマグロヒョウモンの幼虫B ツマグロヒョウモンのサナギB

チクチクが嫌だろうと猫よけに立てかけておいた、お正月の門松にぶら下がるツマグロヒョウモンの幼虫Cは今朝にはサナギに変わっていました。
ツマグロヒョウモンの幼虫C ツマグロヒョウモンのサナギC

昨日、通路上にいたのでうっかり踏まないようにスミレの葉に乗せておいた幼虫D。今朝、見つけたのですが、その後行方不明。気づかない所でサナギになっていることを願います。
ツマグロヒョウモンの幼虫D

この他に昨日の朝、2匹の幼虫を見つけたのですが、この2匹はあとで見たらアリに襲われ解体されているところで、さらにアシナガバチもたかって体を切り取られ肉団子にして運んでいました。
無残な幼虫の姿は自然の厳しさを伝えるものですが、見るにしのびなく、撮影できませんでした。

サナギになってから7〜10日ほどで蝶になるので、9月になってすぐに蝶に変わることでしょう。
無事に浮かしてくれることを祈ってます。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック