2016年08月22日

絵本「夜空をみあげよう」

今年の中秋の名月のお月見は9/15です。
もう1ヶ月を切りました。
それまでの間、夜空を見上げて見て欲しいので、この絵本・児童書(童話・児童小説)をお届けします。


「夜空をみあげよう」
松村由利子 文
ジョン・シェリー 絵
福音館書店

夕暮れ時、西の空にいちばん星をみつけたはるか。
「いちばんぼーし、みーつけた」
それから、弟のじゅんと二人でベランダに出て夜空をみあげると、星がいくつもでていることに気がつきます。
次の日も夜空を見るためにベランダに出て、見ましたが曇っていて星は見えなかったけど、ほんのわずかな隙間に月が見えました。
そしていろいろなことに気がついていきます。
月が明るい日には、星はあまり見えなくて、月のみえない夜は星がよく見えること。
月が位置を変えていること。高さや季節によって月の色がちがうこと。
オレンジだったり、白かったり、赤っぽかったり、星にも色があること。
双眼鏡で細い三日月をのぞいてみたら、まあるい月の形がぼうっと浮かびあがって見える時があること。
夕方に見つけた「夕空を横切るいちばん星よりも、もっと明るい光」
晩ごはんの時に、光について話をすると、おとうさんが「国際宇宙ステーション」だと教えてくれました。

夏休み、はるかたちは、ペルセウス座流星群を見に、山へキャンプにいきました。
都会とはちがう山の夜空。
天の川も見えました。
そして・・・
天体望遠鏡も専門知識もいらず、身近なところから始められる夜空観察入門です。

お月見の前に夜空を学んでおくとさらにたのしくなりますよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 や・ら・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック