2016年07月15日

浅草寺 ほおずき市2016 その2

浅草寺のほおずき市の2回目は、ほおずきなどをお届けします。

屋台では四万六千日ほおずき市の札が、少なくなってきたほおずきに混じって賑わせています。
ほおずき市

吊るされたほおずきの鉢は誰が買ってくれるのかなぁと風に揺られながら待っています。
風に揺れるほおずき

ほおずき買われていくほおずき
残るほおずき
どこが違うんだよ〜


風鈴
ほおずきとともに風に揺れる風鈴。
私はほおずきのおまけ。
私をもっと見て。
静かに音を響かせるから
私の声に耳を傾けて


影ほおずきと風鈴の影
影じゃ何もわからない
でも
影もいいもんさ


というわけで浅草寺のほおずき市でした。

入谷の朝顔市は終わってしまいましたし、浅草寺のほおずき市も終わってしまいました。
朝顔市やほおずき市に行ってみたかったという方は、7/23(土)・24(日)に、徳川家ゆかりの伝通院で「朝顔市」、“こんにゃくえんま”で知られる源覚寺で「ほおずき市」が開催され行われる、第31回文京朝顔・ほおずき市に行かれてみてはいかがですか?

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 浅草寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなふうに恒例のイチがたつと、季節を強く意識させられて、なかなかいいものですね。

大阪には少ないから、よけいにそう思うのかも・・・
大阪は来週には、天神祭りです。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2016年07月16日 08:50
森のどんぐり屋さん

季節の行事って、失われつつある季節感を大事にするという意味でも大切ですよね。
Posted by ブドリ at 2016年07月16日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック