2016年07月09日

絵本「このあと どうしちゃおう」

7/13はお盆の入りですね。
お墓参りに行ったりするのお彼岸だけかもしれませんが、この機会に生きているうちに考えてみたい絵本を紹介します。


「このあと どうしちゃおう」
ヨシタケシンスケ 作・絵
ブロンズ新社

ヨシタケシンスケの発想えほん第3弾!
今回は「死」がテーマ!!
その死も、面白楽しく、でもまじめに考えることに繋がる絵本ですよ。

死んじゃったおじいちゃんのベッドの下から出てきたノート。
「このあと どうしちゃおう」と、表紙に書かれてた。
中を見ると、
「じぶんが しょうらい しんだら どうなりたいか どうしてほしいか」がいっぱい書いてあった。
てんごくに行くときのかっこう
うまれかわったらなりたいもの
こんなかみさまにいてほしい
てんんごくって きっとこんなところ などなど。

おじいちゃんは しぬのがたのしみだったんだろうか?
もしかしたら・・・
ぼくも「このあとどうしちゃおう」ノートを作ろうとしたら・・・
いきているうちに やりたいことがいっぱいあることにきがついて・・・

テーマは重いですけど、死んだ後のことを考えていたら、生きているうちのことを考えることにたどり着いたのはすご具いいと思います
より良く死ぬにはより良く生きることが大事。
今を頑張って行きなくちゃ!
そこに気付かせてくれています。

お子さんにはちょっと難しいと思いますが、おじいちゃんやおばあちゃんの死を経験したお子さんならどこか感じるところがあるかもしれません。
お子さんよりも親のほうが真剣に考えるかもしれませんけどね。
親子で生きることについて話すきっかけとして素晴らしい絵本だと思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しい本ですね♪ 死をテーマにすると、重くなりがちですが、明るいのがいいです! 
うちは、私が持病もちなので子供たちが幼い頃から、死は日常会話の中に登場していました。
その調子で、嫁に話をしたら、ものすごくイヤそうにされて、ビックリ。そうか〜普通はあんまり話さないんだね、と気がつきました。

でも、気軽に話せるほうがステキだと思います。
Posted by 森のどんぐり屋 at 2016年07月10日 18:14
森のどんぐり屋さん

今の若い人たちも死に触れる機会がないから命の尊さを知らずにいるのでしょうね。
だから、力には力、力があるなら使えばいい、やられる前にやってしまえ、と簡単に考えているのだと思います。
こういう絵本に触れることで少しは死についてそして生きることについて考えてみてもらいたいですよ。
Posted by ブドリ at 2016年07月11日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック