2016年06月20日

ホタルブクロ・皇居東御苑

今回は皇居東御苑で撮影したホタルブクロをお届けします。

宮沢賢治の作品にはホタルブクロとは出てきませんが、釣鐘草として童話「銀河鉄道の夜」「貝の火」や詩「山の晨明に関する童話風の構想」に登場します。

『つりがねさうか野ぎくの花が、そこらいちめんに、夢の中からでも薫りだしたといふやうに咲き、鳥が一疋、丘の上を鳴き続けながら通って行きました。』  童話「銀河鉄道の夜」

ホタルブクロの 学名は Campanula punctata
『銀河鉄道の夜』に登場するジョバンニの親友の名前はカムパネルラ
意識しなかったはずはないでしょうね。

二の丸雑木林の一隅に咲いているホタルブクロです。
ホタルブクロ

うつむき加減のホタルブクロに風情を感じます。
蛍袋

「蛍を捕まえてこの花の中に入れたので蛍袋」と名付けられたというのが有名ですね。
でも、蛍が飛び交うのは水辺、この花は基本的に開けたやや乾燥した草原や山の斜面などに育つのでこの由来はちょっと?です。イメージ的にはとてもあっているんですけどね。今なら、池の近くなどでも栽培されていますから蛍がいれば花の中に入れられるのでしょうけど。
それより、昔、提灯のことを「火垂(ほたる)袋」と呼び、花がこの形に似ていたことからの方が真実味がありますよね。

ホタルブクロを見るとつい花の中を覗いてみたくなっちゃいますね。
ホタルブクロ

ホタルブクロは開花した時には雄しべは雌しべにくっついて花の奥のほうにあって、伸びていく雄しべの周りに花粉をくっつけています。
花の奥の方にある蜜を求めて虫がやってきたときに、虫の体に花粉をつけて運んで貰って、別の花の開いている雌しべの柱頭に花粉を渡してもらう戦術です。
雌しべが成熟すると雌しべの先端が3つにわかれ、虫が花粉を運んできてくれるのをじっと待っているんですよ。
雌しべが開いたホタルブクロ

どくだみの花と咲くホタルブクロです。
どくだみとホタルブクロ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .新宿御苑 夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はなぜか我が家の小さな庭にホタルブクロの花が4か所で咲いてくれました。いつも、雑草と思って抜いてしまうのが、今年は忙しくて草取りをしていなかったおかげかもしれません。
 よ〜く葉っぱを覚えておいて、来年も咲かせてあげようと思いましたぁ〜。
Posted by felizmundo at 2016年06月24日 11:12
felizmundoさん

庭にホタルブクロですか!
柵で囲ってわかるようにしといて方が良さそうですね。大切にしてください。
我が家では去年1株だけヤブミョウガが咲いたと思ったら今年は4株に増えて咲き始めています。
虫だか鳥だかわかりませんが、いい仕事してますよね。
Posted by ブドリ at 2016年06月24日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック