2016年06月10日

シロフクロウ・井の頭自然文化園

前回予告したとおり、ブサカワな生物を紹介します。
それはシロフクロウ。

まず、豆知識。
シロフクロウはすべての鳥のなかで最も北方に分布する種です。
フクロウの中では大型で、成長した雄は全身が殆ど白色。若い雄や雌では暗褐色のしま模様があって、幼鳥では灰色がかっています。
足まで羽毛に覆われているので、北極圏の厳しい寒さの中でも体温を下げることなく生きていくことができます。
巣はツンドラや草原のくぼみを利用してつくります。木の枝に止まることはめったになく、単独で平原の氷塊、岩、切り株などに止まって、えものをねらいます。

真っ白なオスのシロフクロウです。なかなかこちらを向いてくれません。
シロフクロウ・オス

縞模様のあるメスは水の近くで毛づくろい。
ふわふわのモコモコで暖かそうですよね。
シロフクロウ・メス

「あんたもこっちきて水飲めば?」
シロフクロウ・メス 2

「ゴクゴク、ゴクゴク」
水を飲むシロフクロウ・メス

「あー、水はうみゃーよ」
顔を上げたシロフクロウのメス

「ほれ、あんたはのみゃーせんのか?」
シロフクロウのメス・正面

「その顔、どうにかならんのか?正面から見るときついよ。」
シロフクロウのオス・顔

正面から見るとちょっとブサイクですけど、愛嬌のある顔をしてますよね。
今回で井の頭自然文化園は終わりです。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック