2016年06月07日

バラと氷川丸・山下公園

港の見える公園からすぐにある横浜港の山下公園に行きました。
バラが咲いているのでのんびり撮ろうと思ったのですが、ここもバラ園ではなく、ローズガーデンと変貌し、バラと式の花が楽しめるようになっていました。
山下公園ローズガーデン

このローズガーデンにきた目的はバラを撮るというよりもバラと氷川丸を撮ることなんです。
バラと氷川丸

氷川丸は、1930年に太平洋横断シアトル航路へ就航した当時を代表する高速貨客船。
太平洋戦争前には、秩父宮ご夫妻、チャーリー・チャップリンをはじめ、約1万人が乗船しました。
太平洋戦争中は政府徴用船、および海軍特設病院船となり、終戦までに3回も触雷しましたが、日本郵船の大型船では唯一沈没を免れました。
1960年、船齢30年に達し、同10月シアトル、バンクーバーから神戸に帰港、係留地横浜への回航を最後に第一線を退きました。
2003年には横浜市指定有形文化財に指定。
2008年から一般公開を開始しました。
2016年度に国の重要文化財(歴史資料)に指定の見込み。

建造されてから90年近くも海に浮かんでいる船はなかなかありません。それだけに貴重ですよね。

その氷川丸とバラがいいんです。

バラに包まれた氷川丸
バラに包まれた氷川丸

バラに見守られる氷川丸
SIMGPC9195.JPG

氷川丸がバラの海に浮かんでいるようです。
薔薇の海に浮かぶ氷川丸

バラに浮かぶ氷川丸

バラと氷川丸ってなかなかいい組み合わせですね。
出来る限り残してもらいたいものです。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名所・旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
氷川丸とバラ…なかなかいいですね。
自分も花探しに毎日を楽しんでいますが
同じ花でも背景によってまた新しい印象に感動することがありますね。
船とバラの花・・・港ならではのロケーション、やりましたね。
まだまだみられるでしょうが暑さに弱いので来年の旬の頃にこれを楽しみに行こうと思います。
Posted by まるめろ at 2016年06月08日 11:26
マルメロさん

たまに違った雰囲気で見てみるのもいいものですよね。
バラと氷川丸を見るのは来年でなくても今年の秋でも大丈夫ですよ。
ぜひ!
Posted by ブドリ at 2016年06月08日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック