2016年06月03日

港の見える丘公園

港の見える丘公園に行ってきました。
港が見える丘公園と言ってしまいそうですが「港の見える丘公園」が正しいので注意してくださいね。

港の見える丘公園は以前はほとんどの場所がバラ園だったのですが、平成28年4月1日より緑化工事が終わり、今までバラ園であったエリアは、「イングリッシュローズガーデン」としてリニューアルオープンしました。
イングリッシュローズをテーマに一年草と宿根草との混植のガーデンとなり、四季を通していろいろなバラや草花が楽しめるようになり、沈床花壇は<香りのローズガーデン>として沈床花壇としての地形を活かしながら四季を通してバラや草花、花木の香りと彩りをお楽しめるようになりました、とさ。
確かに綺麗になっていましたけど、私はバラとベイブリッジなどが撮りたかったので、なんともがっかりな緑化です。
かつては品種ごとに植えられていた場所がこうなりました。気分が減退してしまったので全体の写真が適当です。
港の見える丘公園

カンパニュラとベイブリッジです。
カンパニュラとベイブリッジ

なんとか撮れたバラとベイブリッジです。
バラとベイブリッジ

こちらが沈床花壇。奥は大佛次郎記念館です。「だいぶつじろう」ではなく「おさらぎじろう」ですよ。
沈床花壇

両脇にアーチがあり、ローズガーデンになっています。
沈床花壇のローズガーデン

港の見える丘公園の展望台からのベイブリッジです。横浜港が一望できます。
ベイブリッジ

次回は山下公園からお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名所・旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりの港の見える丘公園です。懐かしいというよりずいぶん明るく開けてきたんですね。
バラ園が様変わりといいますがその分山下公園に新しくバラ園が拡充されているようです。
又横浜イングリッシュローズガーデン(平沼)も豪華絢爛芳醇なエリアとなっているようで。
バラのこだわりと考えれば喜ばしいことですが光景がどんどん代わっていくように感じるのはみな同じなんでしょうね。
Posted by マルメロ at 2016年06月04日 15:46
マルメロさん

ガーデンはかなり変わりましたよ。
ここの後は山下公園でバラを撮影しました。
バラ園は港が見えてきれいですね。それは近いうちにお届けします。

いろいろ変えていかないと、何度も足を運んでもらえないということなんでしょうね。管理側も大変だと思います。
Posted by ブドリ at 2016年06月04日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック