2016年05月07日

絵本「ままみてて」

5/8は母の日。
ということで、今回は宮西達也が絵を描いた絵本を紹介します。


「ままみてて」
まどかななみ 作
宮西達也 絵
ポプラ社

「まま ぼく ひとりでできるんだよ」
「へえー なにがひとりでできるの?」
男の子とママの、こんなやりとりからはじまるこの絵本。
しんちゃんは、ズボンをぬぎ、パンツをぬぎ、トイレに行き、とびらをあけ……。
「まま みてて!」という短い言葉から、男の子の気持ちがひしひしと伝わってきます。
子供はいろいろなことができるようになると、ままに見ていてもらいたいものですよね。
街中でもよく、「まま、みてて」って聞きますもんね。
親から見たらほんの少しの成長も、子供にとっては大きな成長なんですよね。
しっかりと見て、成長を一緒に喜んであげてくださいね。
それは、ママだけの仕事じゃなくてパパも同じですよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック