2016年04月15日

池上本門寺の桜・その3 五重塔

池上本門寺の桜の3回めは五重塔と桜をお届けします。

池上本門寺・五重塔

この五重塔は、江戸時代 慶長12年(1607)に秀忠の病気快方を秀忠の乳母・正心院日幸尼(岡部局)が願い、建立したものです。国の重要文化財に指定されていて、関東に4基現存する幕末以前の五重塔のうち、一番古い塔です。
慶長19年(1614)の大地震で傾き、元禄15年(1701)、5代将軍綱吉公の命で現在地へ移築、修復されました。

上の写真は三門から向かい、東を向いての撮影で、空は雲ばかりでしたが、移動して、北に向かって撮影すると青空が見え、桜と五重塔と桜が映えました。
五重塔と桜1 五重塔と桜2

五重塔と桜3

本門寺の惣門近くにある区立池上会館に展望台ができていて、五重塔がよく見えるようになっていたんです。
その展望台からの眺めです。スッキリと青空ならばもっと良かったのに、残念。
展望台から五重塔1
展望台から五重塔2

境内に戻り、思わぬところから五重塔が見えることを発見!

それは手水舎の中からでした。建屋と撮影しても面白く無いので、周りの邪魔にならないようにかがんでこんな写真を撮ってみました。
手水舎から五重塔1 手水舎から五重塔2

三門近くから桜の中に五重塔の最上階と相輪が見えました。
五重塔相輪と桜

これなら桜吹雪と撮れるかもしれないと、風が吹いてくるのを待ちました。
そして!
かなり舞っていたのですが、撮影してみると目立たないんですよね。空が青空ならもうちょっと目立ったのですがなんとも残念。
双輪と桜吹雪1

双輪と桜吹雪2

完全な青空の中ではなかったのですが、こんなに五重塔と桜を撮れて気持ちよかったぁ。
今年は東京タワー、東京スカイツリーと桜を撮影しませんでしたが、それ以上の成果がありました。
ここは春のお花見スポットとして外せなくなりました。

今回はここまで。
次回は池上本門寺編最終回です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436645408

この記事へのトラックバック