2016年04月07日

皇居・半蔵濠の桜

乾通りの桜を見学した後、北桔橋門から皇居東御苑には入らず、代官町通りを半蔵濠方向に向かいました。
代官町通りと内堀通りがぶつかるあたりが半蔵濠。
明治中頃までは代官町通りは千鳥ヶ淵に突き当たって内堀通りにはつながっていませんでしたが、千鳥ヶ淵の一部を埋め立てて濠を二分することで代官町通りと内堀通りをつなげたとのこと。つまり半蔵濠と名づけられたのはその後ということなんです。半蔵濠沿いの公園は千鳥ヶ淵公園と呼ばれているのはこのためなんですね。

代官町通りから内堀通りに出る手前から半蔵濠が眺められるのですが、代官山町通り側の斜面は菜の花の名所(最近ちょっとしょぼくなってきたような)で、今の時期は桜と一緒に眺められます。
半蔵濠の菜の花と桜

半蔵濠沿いの千鳥ヶ淵公園の桜です。
約170本のソメイヨシノ・ヤマザクラ・サトザクラ・シダレザクラが咲き、お花見客で賑わうのはご存知だと思います。
半蔵濠の桜

半蔵濠を眺めるとその奥に国会議事堂、その左の建物の上にアンテナのように突き出ている東京タワーが見えまするんです。
菜の花と桜の向こうに眺めてみました。そして少しズームで。
カーソルを乗せてご覧ください。


千鳥ヶ淵公園を桜を眺めながら進み(通路の半分は場所取りなので、鬱陶しくて写真を撮らずに眺めただけで素通り)、半蔵門近くの公園トイレ付近にくると銅像があります。
この銅像にはいつもハトが止まっていて、ちょっと汚れ気味。
桜が満開のこの日ももちろん止まっていました。
まさかお花見の特等席ということはないでしょうが。
銅像とハト

半蔵門を過ぎると桜田濠になるのですが、桜田濠沿いには目立った桜はありません。
内堀通りを挟んで向こう側には・・・
次回はその向こう側の桜をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック