2016年04月02日

絵本「はるじゃのばけつ」

各地でソメイヨシノが開花し、お花見の季節ですね。
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は桜にまつわる絵本をお届けします。


「はるじゃのばけつ」
白戸あつこ 作・絵
ひさかたチャイルド

たっくんがさくらのはなびらをばけつにあつめていると、たぬきがやってきていいました。
「ねえ、そのばけつにめだかいれようよ。」
たっくんはいいなあとおもいました。でも、
「めだかなんかいらないよ。だって これは はるじゃのばけつなんだから。」といいました。
しばらくすると、たぬきが手にカエルをもってやってきて
「ばけつにいれようよ」といいました。
たっくんはいいなぁとおもいました 。
でも・・・。

たっくんははなびらをためたばけつをもってかえると
じいじがえんがわでひなたぼっこをしていました。
このばけつは・・・

その先は読んでからのお楽しみ。
「はるじゃ」と誰がいうのかわかりmしたよね。
たっくんの優しい気持ちをたっぷりためたはるじゃのバケツのはなびら
どうするのでしょうか
とても心温まるお話ですよ。

そろそろ桜も散り始める頃ですので、お子さんとバケツを持ってでかけてみてはいかがですか。
バケツいっぱいに桜の花びらを貯めるって意外と大変だと思いますよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック